米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 カートリッジ式ディスク装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−37348
公開日 平成7年(1995)2月7日
出願番号 特願平5−182526
出願日 平成5年(1993)7月23日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 今井 誠
要約 目的
磁気ヘッドを破壊することなしに磁気ヘッドとカートリッジの距離をできるだけ小さくして、装置の薄型化を図る。

構成
ベース1にイジェクトレバー4とともに保持されて、磁気ディスク19を収容したカートリッジ17を着脱可能に保持するホルダー7と、ホルダー7の一側面側に配置されて基端部をベース1側に回転可能に保持されたヘッドアーム9と、ホルダー7の一側面に設けられて、ヘッドアーム9の回転軸心14と平行な軸21の回りに回転してヘッドアーム9を支持するとともに、挿入されたカートリッジ17によって回動可能なヘッドアーム支持板20と、ヘッドアーム支持板20をホルダー7側に向けて押圧付勢する捩りばね22とを備えている。挿入されたカートリッジ17によってヘッドアーム支持板20が持ち上がるので、ヘッドアーム9も持ち上がり、磁気ヘッド10との干渉を防ぐ。
特許請求の範囲
【請求項1】 ディスクを収容したカートリッジを着脱可能に保持するとともに、ベースにイジェクトレバーとともに保持されたホルダーと、前記ホルダーの一側面側に配置されて、基端部をベース側に回転可能に保持されたヘッドアームと、前記ホルダーの一側面に設けられて、前記ヘッドアームの回転軸心と平行な回転軸心を有して挿入されたカートリッジにより回動するとともに、前記ヘッドアームに当接してその回転を規制するヘッドアーム支持板と、前記ヘッドアーム支持板を前記ホルダー側に向けて押圧付勢するばねとを備えたカートリッジ式ディスク装置。
【請求項2】 ヘッドアーム支持板が、ディスク装置内に挿入されたカートリッジのシャッター部分を押圧する突起部を備えた請求項1記載のカートリッジ式ディスク装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、パソコンやワープロ等の外部記憶装置として使用されるカートリッジ式ディスク装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】図6および図7は従来のカートリッジ式ディスク装置の構成を示すものである。図6および図7において、1はベースであり、その両側板にL字形の4つのガイド溝2と4つの縦方向のガイド溝3を有する。4はイジェクトレバーであり、その両側板に4つの突起部5と水平部および垂直部を有する4つのガイド溝6を有し、突起部5はベース1のガイド溝2に係合している。7はホルダーであり、その両側板に4つの突起部8を有し、それぞれイジェクトレバー4のガイド溝6およびベース1のガイド溝3に係合している。9はヘッドアームであり、その先端部に磁気ヘッド10が固定されており、基端部には薄板状の部材であるロールピボット11が固定されている。ロールピボット11は、ねじ13によりキャリッジ12に固定されている。これによりヘッドアーム9が、回転軸心14の回りに上下方向に回転自在に動作する。ヘッドアーム9はまた、捩りばね15により下方向に付勢されており、ホルダー7の一部であるヘッドアーム支持部7aにより回転を規制されている。16はホルダー7に設けられた開口窓である。17はホルダー7に着脱可能に保持されるカートリッジ、18はシャッター、19はカートリッジ17内に収容された磁気ディスクである。
【0003】次に上記従来例の動作について説明する。図6はカートリッジ17をホルダー7へ装着する前の状態を示しており、図8は装着中の状態を示している。図6および図7において、カートリッジ17をホルダー7内に挿入する際は、ホルダー7の突起部8は、イジェクトレバー4のガイド溝6の水平部に位置しており、ホルダー7のヘッドアーム支持部7aがヘッドアーム9の回転を規制している。カートリッジ17が奧まで挿入された時は、イジェクレバー4は、ベース1のガイド溝2の水平部に沿ってカートリッジ排出方向へ移動し、ホルダー7は、イジェクトレバー4のガイド溝6の傾斜部とベース1のガイド溝3に沿って下方向へ移動する。それと同時に、図8に示すように、ヘッドアーム支持部7aも下方向へ移動し、ヘッドアーム支持部7aによって回転を規制されていたヘッドアーム9も捩りばね15の付勢により回転軸心14の回りに下方向に回転し、ホルダー7の開口窓16を通じて、磁気ヘッド10が、カートリッジ17のシャッター18により開放された磁気ディスク19にアクセスできる位置まで下方向へ移動して、磁気ディスク10に対する読み出し、書き込みを行なう。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来例においては、図9に示すように、厚さがある程度厚いカートリッジ170を使用する場合、その装着に際し、磁気ヘッド10とカートリッジ170との距離が小さくなるので、磁気ヘッド10を破壊する恐れがあった。また、薄いカートリッジ17の場合でも、磁気ヘッド10の高さは、主としてヘッドアーム9を支持するホルダー7の高さによって決定されるため、ホルダー7の高さが低い場合には、磁気ヘッド10とカートリッジ17との距離が小さくなるので、カートリッジ17の装着に際し、磁気ヘッド10を破壊する恐れがあった。さらに、カートリッジ17のシャッター18が、カートリッジ17の厚みを増す方向に反っている場合には、シャッター18と磁気ヘッド10との距離が小さくなるため、カートリッジ17の装着に際し磁気ヘッド10を破壊する恐れがあった。したがって、磁気ヘッド10の破壊を防止するためには、磁気ヘッド10とカートリッジ17との距離を大きく取る必要があり、装置の薄型化が困難であった。
【0005】本発明は、このような従来の問題を解決するものであり、磁気ヘッドを破壊することなしに磁気ヘッドとカートリッジの距離をできるだけ小さくして、装置の薄型化を図ることのできるカートリッジ式ディスク装置を提供することを目的とする。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は、上記目的を達成するために、ディスクを収容したカートリッジを着脱可能に保持するとともに、ベースにイジェクトレバーとともに保持されたホルダーと、ホルダーの一側面側に配置されて、基端部をベース側に回転可能に保持されたヘッドアームと、ホルダーの一側面に設けられて、ヘッドアームの回転軸心と平行な回転軸心を有して挿入されたカートリッジにより回動するとともに、ヘッドアームに当接してその回転を規制するヘッドアーム支持板と、ヘッドアーム支持板をホルダー側に向けて押圧付勢するばねとを備えたものである。
【0007】
【作用】本発明は、上記構成により、ヘッドアーム支持板が、挿入されたカートリッジの移動に追随して回動し、ヘッドアーム支持板によって回転を規制されたヘッドアームも同時に回動するので、ヘッドアームに固定された磁気ヘッドに、挿入されたカートリッジが接触することがなく、両者間の距離を確実に保持できるので、装置の薄型化を図ることができる。
【0008】
【実施例】以下、本発明の一実施例について図面を参照して説明する。図1は本発明の一実施例におけるカートリッジ式ディスク装置の構成を示す斜視図である。本実施例は、図6および図7に示す従来のカートリッジ式ディスク装置にヘッドアーム支持構造を追加したものであり、したがってヘッドアーム支持構造以外は従来例と同じなので、同じ要素には同じ符号を付して説明する。図1において、1はベース、4はイジェクトレバー、7はホルダーである。9はヘッドアームであり、その先端部に磁気ヘッド10が固定されており、基端部には薄板状の部材であるロールピボット11が固定されている。ロールピボット11は、ねじ13によりキャリッジ12に固定されている。これによりヘッドアーム9が回転軸心14の回りに上下方向に回転自在に動作する。ヘッドアーム9はまた、捩りばね15により下方向に付勢されている。16はホルダー7に設けられた開口窓である。17はホルダー7に着脱可能に保持されるカートリッジ、18はシャッター、19はカートリッジ17内に収容された磁気ディスクである。20はヘッドアーム支持板であり、ホルダー7の上面に軸21により回転自在に取り付けられている。軸21はヘッドアーム9の回転軸心14と平行である。22はヘッドアーム支持板20を下方向に付勢するための捩りばねである。23はヘッドアーム支持板20の先端部下部のホルダー7の開口窓16に対応する部分に形成された突起部である。
【0009】次に上記実施例の動作について図2から図4を用いて説明する。これらの図は図1のY−Y線の位置においてカートリッジ挿入口方向から見た図である。まず図2に示すように、厚いカートリッジ170の場合、カートリッジ170をホルダー7に挿入すると、カートリッジ170の先端部がヘッドアーム支持板20の突起23部を押し上げるので、ヘッドアーム支持板20が軸21の回りに持ち上がり、これによりヘッドアーム9も回転軸心14の回りに持ち上がるので、カートリッジ170がヘッドアーム9先端部に固定された磁気ヘッド10に衝突するのを回避することができる。
【0010】また図3に示すように、薄いカートリッジ17の場合、ヘッドアーム支持板20は、ホルダー7のヘッドアーム支持面7aに当たって支持されているので、それよりも下方向に回動することがない。したがって、ヘッドアーム支持板20により支持されたヘッドアーム9も、それより下方向に回動することがないので、カートリッジ17がヘッドアーム9先端部の磁気ヘッド10に衝突するのを回避することができる。
【0011】そして、カートリッジ17がホルダー7の奧まで挿入された時は、図4に示すように、イジェクトレバー4によってホルダー7が下方向に押し下げられるので、ホルダー7に設けられたヘッドアーム支持板20も下がり、ヘッドアーム9の磁気ヘッド10がカートリッジ17内部の磁気ディスク19にアクセスするのを邪魔することがない。
【0012】さらに本実施例では、図5(a)に示すように、カートリッジ17のシャッター18がカートリッジ17の厚みを増す方向に反っていても、図5(b)に示すように、カートリッジ17の挿入時に、ヘッドアーム支持板20の先端突起部23が、捩りばね22によりシャッター18を押すので、シャッター18と磁気ヘッド10との衝突を回避することができる。
【0013】したがって、本実施例によれば、従来は磁気ヘッド10とカートリッジ17との間の距離を1mm程度必要としていたものが、カートリッジ17と磁気ヘッド10との間の距離を確実に保持することができるので、0.4mm程度に縮小することができ、装置を薄型化することができる。
【0014】なお、上記実施例においては、ヘッドアーム支持板20を軸21により回転自在に保持しているが、ヘッドアーム9と同様に、ロールピボットを用いて回転自在に保持するようにしてもよい。
【0015】
【発明の効果】本発明は、上記実施例から明らかなように、ヘッドアーム支持板が、挿入されたカートリッジの移動に追随して回動し、ヘッドアーム支持板によって回転を規制されたヘッドアームも同時に回動するので、ヘッドアームに固定された磁気ヘッドに、挿入されたカートリッジが接触することがなく、両者間の距離を確実に保持できるので、装置の薄型化を図ることができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013