Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
無線電話装置 - 松下電器産業株式会社
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 無線電話装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−30968
公開日 平成7年(1995)1月31日
出願番号 特願平5−170108
出願日 平成5年(1993)7月9日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 立山 雅一
要約 目的
親機が接続可能な公衆回線が全て使用中で新たに別の子機から発呼できないときでも、公衆回線が空き次第、発呼要求のあった子機に対して自動的に公衆回線に対して発呼処理を行うと同時に、使用者に公衆回線が空いたことを子機に設けた表示部を介して通知する無線電話装置を提供する。

構成
無線電話装置の親機16に、全ての公衆回線が使用中の時に発呼要求のあった子機11cの認識番号と入力された電話番号をメモリしておく待ち受けテーブル12と、公衆回線が空き次第、自動的に公衆回線に対して発呼処理を行う自動発呼部13とを設け、発呼要求のあった子機11cには公衆回線の空き状態及び、発呼処理(呼び出し)中を通知するために用いる表示部26を設けた。
特許請求の範囲
【請求項1】複数の公衆回線に接続される親機と、前記親機との間で無線でリンクする複数の子機から構成される無線電話装置において、子機には、親機からの公衆回線情報と発呼処理中とを通知するための表示部を設け、親機には、子機認証番号と前記子機から入力された電話番号とをメモリし登録する待ち受けテーブルと、公衆回線が空き次第、自動的に公衆回線に対して発呼処理を行なう自動発呼部とを設け、親機に接続された公衆回線がすべて使用中のため、新たに別の子機からの発呼が不可能な場合、発呼した子機の認識番号と前記子機から入力された電話番号とを前記待ち受けテーブルにメモリし登録するとともに、前記子機に回線使用中信号を送信し、前記子機の表示部に公衆回線ビジー情報を表示し、その後公衆回線が空き次第、自動的に公衆回線に対し発呼処理を行なうとともに、前記親機は前記子機に回線空き信号を送信し、前記子機の表示部に公衆回線アイドル情報及び発呼処理(呼び出し)中を表示することにより使用者に通知することを特徴とする無線電話装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、複数の子機と無線通信が可能な無線電話装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年、電話機本体とハンドセット間のコードの代わりに無線を用いた無線電話装置が使用されるようになってきた。以下、図面を参照しながら従来の無線電話装置について説明を行う。図6は従来例の無線電話装置の親機の構成を示すブロック図、図7は従来例の無線電話装置の子機の構成を示すブロック図である。図6において、1は無線電話装置の親機である。親機1内の2a,2bは固定公衆回線網に接続され回線を閉結する回線I/F部、3は子機11a,11b,11cへ制御信号・音声信号を変調し高周波信号として送信する送信部、4は子機11a,11b,11cから送られてくる高周波信号から制御信号・音声信号を再生する受信部、5は複数子機への送信信号をデジタル化し同一の信号に時分割多重化する多重化部、6は複数子機からの時分割多重化された信号を複数の個別の信号に分離する多重分離部であり、これら送信部3、受信部4、多重化部5及び多重分離部6は無線制御部7により管理されている。8は多重分離部6からの入力と多重化部5への出力を1組又は2組選択し、回線I/F部2a,2bと接続する回線切替部、9は親機1全体の制御を行う中央制御部、10はアンテナ、11a,11b,11cは無線電話装置の子機である。
【0003】また図7において、11は無線電話装置の子機である。子機11内の20はスピーカ、21はマイク、22はキー入力部(キーパッド)、23はキー入力部22からのデータ及び親機1から送られてくる制御信号を受けて各部の制御を行う制御部、24は制御部23から送られてくる制御信号・音声信号を変調し、高周波信号を発生し、又親機1から送られてくる高周波信号から制御信号・音声信号を再生する無線送受信部、25はアンテナである。
【0004】以上のように構成された従来の無線電話装置について、図9及び図10のフローチャートを基に、以下その動作を説明する。図9は従来例の無線電話装置の発呼処理フローチャート、図10は従来例の無線電話装置の着呼処理フローチャートである。従来の無線電話装置を用いて発呼を行う場合、まず子機11aの電源を投入し、通話ボタンを押す(ステップA)。すると、制御部23が無線送受信部24を制御して親機1に発呼信号を送出し(ステップB)、親機1は受信部4によりこの信号を受信し、再生した後多重分離部6へ送出する。
【0005】次に、親機1内の無線制御部7はこの制御信号を解読し、子機11aから発呼要求があることを検知すると(ステップC)、中央制御部9にこの検知信号を送出すると同時に、子機11aが送信した上りタイムスロットに対応した下りスロットを介し、送信部3を用いて確認(ACK)信号を子機11aに送出し(ステップD)、子機11aへの無線リンクを接続する(ステップE)。
【0006】ここで、中央制御部9が既に回線切替部8を制御し、多重分離部6からの入力と多重化部5への出力を2組選択し、回線I/F部2a,2bを介して公衆回線と閉結していると、親機1が接続可能な公衆回線は全て使用中である。そこで、中央制御部9は無線制御部7に送信部3を介して子機11aに公衆回線が全て使用中であることを示す信号(ビジー信号)を送出するよう制御し(ステップF)、使用者に発呼不可能であることを通知する。使用者はこれにより終了ボタンを押し(ステップG)無線リンクを切ることになる。一方、親機1が接続可能な公衆回線の空きが1つでもあれば、前記検知信号を受けた中央制御部9が回線切替部8を制御することにより、回線切替部8が多重分離部6からの複数の回線のうち前記タイムスロットに対応したスロットを選択し、空き公衆回線に対応した回線I/F部2a又は2bと接続する(ステップH)。
【0007】この後は通常の有線電話と同じように、子機11aにおいてキー入力部22を用いて電話番号を入力すると(ステップI)、制御部23は入力された電話番号に対応する多周波信号(DTMF)を送出する(ステップJ)。この信号は子機11aの無線送受信部24、アンテナ25を経由して送られ、親機1側ではこの信号をアンテナ10を経由して受信部4により受信し、回線I/F部2a又は2bを介して公衆回線に送出され、通常の会話が可能となる(ステップK)。以上により無線電話装置の子機11aの発呼が行われる。
【0008】次に着呼を受ける場合について説明する。まず、公衆電話回線からの着呼を親機1の中央制御部9が検知する(ステップL)。そして中央制御部9は子機11aに対して着呼を知らせるために、送信部3を介して制御信号を送出するよう無線制御部7を制御する(ステップM)。子機11aでは、親機1からの制御信号はアンテナ25を経由して、無線送受信部24により受信され制御部23へ入力される。次に、制御部23は前記制御信号により親機1に着呼があり、子機11aを呼び出していることを検出し(ステップN)、子機11aの呼出音を鳴らし、使用者に着呼があることを知らせる(ステップO)。その後使用者が子機11a内の通話ボタンを押す(ステップP)と、無線送受信部24を用いて確認(ACK)信号を親機1へ送出する(ステップQ)。
【0009】親機1は確認(ACK)信号を受信部4で受信し、無線制御部7でこの確認(ACK)信号を検知すると中央制御部9にこの確認信号を送出する。その後、中央制御部9は回線切替部8を制御し、多重化部5との複数のスロットの中から子機11aに着呼を知らせたスロットを選択し、着呼のあった回線に対応する回線I/F部2a又は2bと接続すると同時に親機1と子機11aへの無線リンクを接続し(ステップR)、通話状態に入る。
【0010】また上記のような動作は、送信部3、受信部4、多重化部5、多重分離部6の代わりに、図8の他の従来例に於ける無線電話装置の親機の構成を示すブロック図に示されるように複数の送信部3、即ち送信部3a,3b,3c及び複数の受信部即ち受信部4a,4b,4cに置き換えることも可能である。即ち発呼を行う場合、まず子機11aの電源を投入し通話ボタンを押す(ステップA)。すると、制御部23が無線送受信部24を制御して親機1に制御信号を送出し(ステップB)、親機1は受信部4aによりこの信号を受信し再生する。次に、親機1内の無線制御部7はこの制御信号を解読し、子機11aから発呼要求があることを検出すると(ステップC)、中央制御部9にこの検知信号を送出すると同時に、送信部3aを用いて確認(ACK)信号を子機11aに送信し(ステップD)、子機11aへの無線リンクを接続する(ステップE)。
【0011】ここで、親機1が接続可能な公衆回線が全て使用中であれば、中央制御部9は無線制御部7に送信部3aを介して、子機11aに公衆回線が全て使用中であることを示す信号(ビジー信号)を送出するよう制御し(ステップF)、使用者に発呼不可能であることを通知する。使用者はこれにより終了ボタンを押し(ステップG)、無線リンクを切ることになる。一方、親機1が接続可能な公衆回線の空きが1つでもあれば、前記検知信号を受けた中央制御部9が回線切替部8を制御することにより、回線切替部8は空き送信部を選択し、空き回線に対応した回線I/F部2aまたは2bと接続する(ステップH)。この後は上記の手段により通常の会話が可能となる。
【0012】次に着呼を受ける場合について説明する。まず、固定公衆回線網からの着呼を親機1の中央制御部9が検知する(ステップL)。そして中央制御部9は子機11aに対して着呼を知らせるために、空き送信部たとえば送信部3aを介して制御信号を送信するよう無線制御部7を制御する(ステップM)。子機11aでは、親機1からの制御信号はアンテナ25を経由して無線送受信部24により受信され、制御部23へ入力される。次に、制御部23は前記制御信号により親機1に着呼があり、子機11aを呼び出していることを検知し(ステップN)、子機11aの呼出を鳴らし使用者に着呼があることを知らせる(ステップO)。
【0013】その後使用者が子機11a内の通話ボタンを押す(ステップP)と、無線送受信部24を用いて確認(ACK)信号を親機1へ送信する(ステップQ)。親機1は確認(ACK)信号を着呼信号を送信した送信部3aに対応する受信部4aで受信し、無線制御部7でこの確認信号を検知すると、中央制御部9にこの確認信号を送出する。その後、中央制御部9は回線切替部8を制御し、受信部4aを選択し、空き回線に対応した回線I/F部2a又は2bと接続すると同時に、親機1と子機11aへの無線リンクを接続し(ステップR)通話状態に入る。
【0014】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記した従来の無線電話装置においては以下のような問題点を有していた。無線電話装置の子機11cからの発呼に対し、親機が接続可能な公衆回線が子機11a及び11bにより使用中であると、中央制御部9は回線切替部8を制御し、回線I/F部2a又は2bとの回線を閉結せず、子機11cに対して公衆回線が使用中であることを示す信号(ビジー信号)を送出し、使用者に通知することになる。このため、子機11cから発呼することができない。その後、使用者はある時間を見計らって再び発呼し直すことになり、その手続が非常に面倒であった。
【0015】本発明は上記問題点を解決し、親機が接続可能な公衆回線が全て使用中で、新たに別の子機から発呼できないときでも、公衆回線が空き次第、発呼要求のあった子機に対して自動的に公衆回線に対して発呼処理を行うと同時に、使用者に公衆回線が空いたことを子機に設けた表示部を介して通知する無線電話装置を提供することを目的とする。
【0016】
【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成するために、公衆回線が全て使用中の時に発呼要求のあった子機の認識番号と入力された電話番号をメモリしておく待ち受けテーブルと、公衆回線が空き次第、自動的に公衆回線に対して発呼処理を行う自動発呼部と、子機に公衆回線の空き状態及び、発呼処理(呼び出し)中を通知するための回線情報表示部とを設けた。
【0017】
【作用】本発明は上記した構成により、親機が接続可能な公衆回線が全て使用中の時、新たに別の子機から発呼要求が親機にあった場合に、親機は発呼要求があった子機の認識番号と入力された電話番号を待ち受けテーブルに登録し、その後公衆回線が空き次第、親機は前記待ち受けテーブルの子機の認識番号を基に子機に発呼し、子機との無線リンク確立後、自動的に公衆回線に対して発呼処理を行うと同時に、回線空き情報を子機に送出することにより、子機の表示部に回線情報及び、発呼処理(呼び出し)中を表示し、使用者に通知するようにした。
【0018】
【実施例】以下、本発明の一実施例について、図面を参照しながら説明する。図1及び図3は本発明の一実施例に於ける無線電話装置の親機の構成を示すブロック図であり、図2は本発明の一実施例に於ける無線電話装置の子機の構成を示すブロック図であり、図4及び図5は夫々本発明の無線電話装置の発呼処理フローチャートである。図1において16は本発明の一実施例における無線電話装置の親機であり、2a,2bは回線I/F部、3は送信部、4は受信部、5は多重化部、6は多重分離部、8は回線切替部、10はアンテナ、11a,11b,11cはそれぞれ子機であり、これらは従来例と同様である。
【0019】12は全ての公衆回線が使用中に、親機16に別の子機からの発呼要求があった場合、その子機の認識番号と入力された電話番号をメモリしておく待ち受けテーブル、13は公衆回線が空き次第、自動的に公衆回線に対して発呼処理を行う自動発呼部、14は送信部3、受信部4、多重化部5及び多重分離部6とを管理する無線制御部、そして15はシステム全体を制御する中央制御部である。
【0020】図2において、無線電話装置の子機11内の20はスピーカ、21はマイク、22はキー入力部(キーパッド)、24は無線送受信部、25はアンテナでありこれらは従来例と同様である。23はキー入力部22からのデータ及び図1に示す無線電話装置の親機16から送られてくる制御信号を受けて各部の制御を行う制御部であり、26は公衆回線情報及び、公衆回線の空き待ち人数を表示する表示部である。
【0021】以上のように構成された無線電話装置について、図4及び図5のフローチャートに基づき以下その動作を説明する。本発明の無線電話装置を用いて着呼を受ける場合については従来例と全く同様である。本発明の無線電話装置を用いて発呼を行う場合について述べる。まず子機11cの電源を投入し、通話ボタンを押す(ステップA)。すると、制御部23が無線送受信部24を制御して親機16に発呼信号を送出し(ステップB)、親機16は受信部4によりこの信号を受信し、再生した後多重分離部6へ送出する。親機16内の無線制御部14はこの制御信号を解読し、子機11cから発呼要求があることを検出する(ステップC)。この時公衆回線の空きが1つでもあったら、従来例と同様にして通話が可能となる。すなわち、従来例の図8におけるステップH〜Kと同様にして通話可能となる。
【0022】一方、親機16が接続可能な公衆回線が全て使用中であれば公衆回線の空き待ち中の人数を計数し(ステップa)、子機11cが送信した上りタイムスロットに対応する下りスロットを介し、送信部3を用いて公衆回線が全て使用中であることと、公衆回線の空き待ち中の人数を知らせるビジー信号を子機11cに送信し(ステップb)、子機11cでは親機16からのビジー信号をアンテナ25を経由し、無線送受信部24により受信され、制御部23へ入力される。次に、制御部23は子機11cの表示部26に公衆回線のビジー(ステップc)と、公衆回線空き待ち中の人数を表示することにより使用者に通知し(ステップd)、その後自動呼び出しの登録方法を表示する(ステップe)。
【0023】使用者は表示された自動呼び出しの登録方法に従って回線の空きを待つかどうかを選択し、子機11c内のキー入力部22で操作ボタンを操作する。上記の選択で回線の空きを待たないとした場合は、使用者が終了ボタンを押す(ステップG)ことにより、親機16と子機11cとの無線リンクが切れる。上記の選択で回線の空きを待つとした場合は、制御部23が無線送受信部24を制御して親機16に認識番号等の制御信号と入力された電話番号を送出し(ステップf)、親機16は受信部4によりこの信号を受信し、無線制御部14において解読され、中央制御部15に送出される。中央制御部15ではこの信号を受け、子機11cの認識番号と入力された電話番号を待ち受けテーブル12に登録する(ステップg)。その後使用者が終了ボタンを押す(ステップh)ことにより無線リンクが切れる。
【0024】又、親機16から子機11cに対して公衆回線の情報を送出後、親機16内の信号受信待ちタイマーをスタートすることにより、子機11cからの自動呼び出し登録信号又は終了信号をある一定時間内に受信しない時は、親機16と子機11cとの無線リンクが切れる。
【0025】その後、公衆回線を使用していた使用者が通話を終了したことを中央制御部15が検出する(ステップi)と、空いた回線に対応する回線I/F部2a又は2bを制御し、オフフック状態とする。この時公衆回線からの着信があれば、従来例と同様の処理により通話が可能となる。次に、公衆回線からの着信がなければ、中央制御部15は回線切替部8を制御し、多重化部5との複数のスロットの中から一つのスロットを選択し、さらに待ち受けテーブル12に登録してある子機11cの認識番号と入力された電話番号を読み取る(ステップj)。その後中央制御部15は送信部3を介して制御信号を子機11cに送出するよう無線制御部14を制御する(ステップk)。子機11cでは、親機16からの制御信号はアンテナ25を経由し、無線送受信部24により受信され制御部23へ入力される。次に、制御部23は前記制御信号により親機16が子機11cを呼び出していることを検知し、子機11cの呼び出し音を鳴らして(ステップl)使用者に通知する。この状態で親機16内の信号受信待ちタイマーをスタートすることにより、ある一定時間内に子機11cが応答しなければ、そのまま無線リンク及び公衆回線を切る。
【0026】一方、使用者が子機11cのキー入力部22内の通話ボタンを押す(ステップm)ことにより、子機11cは応答の為に無線送受信部24を用いて確認(ACK)信号を親機16へ送信する(ステップn)。親機16は確認(ACK)信号を受信部4で受信し、無線制御部14でこの確認信号を検知すると中央制御部15にこの確認信号を送出する。その後中央制御部15は子機11cとの無線リンクの接続を確認すると、自動発呼部13で入力された電話番号に対応する多周波信号(DTMF)を回線I/F部2a又は2bを介して公衆回路に送信し(ステップo)、通常の有線電話と同じように呼び出し中となる。又、中央制御部15は送信部3を介して回線の空きが生じ、自動発呼中であることを示す制御信号を送出するように無線制御部14を制御する。
【0027】子機11cでは、親機16からの制御信号はアンテナ25を経由し、無線送受信部24により受信され、制御部23へ入力され、公衆回線に空きが生じ、自動発呼中であることを確認すると、回線の空き情報と自動発呼中情報を子機11cの表示部26へ表示する。この後は通常の有線電話と同じように、相手が応答する(ステップp)ことにより通常の会話が可能となる。
【0028】また上記のような動作は送信部3、受信部4、多重化部5、多重分離部6の代わりに、図3に本発明の他の実施例に於ける無線電話装置の親機16の構成を示すブロック図で構成されるように、複数の送信部3、即ち送信部3a,3b,3c及び複数の受信部4、即ち受信部4a,4b,4cに置き換えることも可能である。
【0029】
【発明の効果】以上のように、本発明は無線電話装置の親機に接続可能な公衆回線が全て使用中の場合に、別の子機から親機に対して発呼要求があるときでも、子機の表示部に回線ビジー情報と回線空き待ち人数を表示することにより、使用者が回線空き待ちを行うか選択出来、回線空き待ちを選択した場合は待ち受けテーブルにその子機の認識番号と入力された電話番号を登録することにより、公衆回線の空き次第親機が待ち受けテーブルに登録してある認識番号の子機にその旨を通知すると同時に、待ち受けテーブルに登録してある入力された電話番号に対応した多周波信号(DTMF)を公衆回線の送信することにより、自動的に発呼処理を行うので、子機の使用者は公衆回線の空き状況をわざわざダイアルし直して調べるという煩わしい作業を行う必要もなく、たいへん使い勝手が良くなる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013