米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 データ通信装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−30689
公開日 平成7年(1995)1月31日
出願番号 特願平5−169223
出願日 平成5年(1993)7月8日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】中島 司朗
発明者 島津 幹夫 / 巽 昭憲
要約 目的
音声を送受信し、音声の無音状態でデータを送受信するデータ通信装置において、有音状態が連続したため発生するデータリンクの解放を防止する。

構成
有音状態が、回線監視タイマ5のタイムアウト時間より長いとき、回線監視タイマ5がタイムアウトするより前に、強制送信タイマ7はタイムアウトする。強制送信タイマ7のタイムアウト通知を受けて、強制送信制御部6はデータ送受信制御部3にデータ送信を指示し、有音状態中のデータ送信を行う。また上述した有音状態には、回線監視タイマ制御部8が、回線監視タイマ5のカウントを停止させ、無音区間になれば回線監視タイマ5を再起動させる。これらの働きにより、回線監視タイマ5は、回線に異常が発生した時だけタイムアウトを発生させ、デ−タリンクを解放する。
特許請求の範囲
【請求項1】 一回線で音声信号の送受信の合間にデータ信号を送受信するため、音声信号の送受信の有無を検出する有音/無音検出部と、検出結果が無音状態である場合にデータリンクを確立してデータを送受信するデータ送受信制御部と、データリンク確立後データの送受信が一定時間なければタイムアウトを発生する回線監視タイマとを有し、タイムアウト発生によりデ−タリンクを解放するデータ通信装置において、前記回線監視タイマのタイムアウトよりも前にタイムアウトを発生する強制送信タイマと、強制送信タイマのタイムアウトが発生すると、データ送受信制御部に対して、有音状態であっても通話中の音声に影響を与えない程度に微量なデータを強制的に送信すべきことを指示する強制送信制御部とを備えたことを特徴とするデータ通信装置。
【請求項2】 一回線で音声信号の送受信の合間にデータ信号を送受信するため、音声信号の送受信の有無を検出する有音/無音検出部と、検出結果が無音状態を利用し、データリンクを確立してデータを送受信するデータ送受信制御部と、データリンク確立後データの送受信が一定時間なければタイムアウトを発生する回線監視タイマとを有し、タイムアウト発生によりデ−タリンクを解放するデータ通信装置において、前記回線監視タイマのカウント開始後、有音/無音検出部の検出結果が有音である場合に、回線監視タイマのカウント動作を一時的に停止させ、無音状態を利用し、、回線監視タイマのカウント動作を再開させる回線監視タイマ制御部を備えたことを特徴とするデータ通信装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、音声の無音状態を利用してデータリンクを確立しデータ通信を行なうデータ通信装置に関する。
【0002】
【従来の技術】近年ISDNに代表されるディジタル通信が普及してきている。音声による通話中、音声の無音状態を利用してデータリンクを確立し、データ送受信を行うデータ通信装置は、テレライティング、テレポインテイングといわれる通信手法で使用されている。
【0003】テレライティングとは、音声による通話の合間に、ディスプレイ上に表示された地図デ−タの送受信を行う通信手法である。テレポインテイングとは、音声による通話の合間に、マウス、タブレット等のポインティングデバイスによって描かれた軌跡デ−タの送受信を行う通信手法である。
【0004】これらの通信手法について、観光案内システムを例に挙げて説明する。電話を用いての観光案内は、簡易な観光案内の方法として使用されている。このような観光案内の欠点は、案内業務を音声で行う必要があるため、名所旧跡、ホテルの所在地、所在地への道順といった地理的情報が伝えにくいことである。上述の地理的情報をわかりやすく伝えるため、電話機及び地図を表示するコンピュ−タ端末を備え、テレライティング、テレポインティングを行う観光案内システムが使用される。これら電話機およびコンピュ−タ端末は、上述のデータ通信装置を介して通信回線に接続される。
【0005】本観光案内システムは、テレライティングによって名所旧跡、ホテルの所在地等の地図デ−タを相手側のコンピュ−タに送信する。地図デ−タを受信した相手側のコンピュ−タのディスプレイには、名所旧跡、ホテルの所在地が表示される。また本観光案内システムは、テレポインテイングによって、所在地への道順等の軌跡デ−タを相手側のコンピュ−タに送信する。この軌跡デ−タとは、送信側のコンピュ−タのディスプレィに表示された地図上に、送信側のコンピュ−タのポインティングデバイスを操作することによって描かれた軌跡のデ−タのことである。軌跡デ−タを受信した相手側のコンピュ−タのディスプレィには、名所旧跡、ホテルの所在地への軌跡が表示される。
【0006】本観光案内システムにおいては、1回線のみで音声とデ−タの送受信を行うことを前提としている。本観光案内システム中、上述のデータ通信装置は、音声による通話が途切れた状態、つまり無音状態を検出し、音声が無音状態である間に、位置データ、軌跡デ−タの送受信を行う。図5は従来のデータ通信装置21を示す構成図である。
【0007】データ通信装置21は、デ−タ送受信制御部23と、有音/無音検出部24と、回線監視タイマ25と、送受信デ−タ保持部29とから構成される。データ送受信制御部23は、データの送受信を制御する。有音/無音検出部24は、電話によって音声の送受信が行われているか否か、つまり通信回線の通信状態が有音状態であるか、無音状態であるかを検出する。
【0008】回線監視タイマ25は、通信回線の通信状態を監視するためのタイムアウト時間をカウントする。先ず、データ送受信制御部23が行うデータの送受信の手順について述べる。このデ−タ送受信は、HDLC(ハイレベルデ−タリンク制御手順)によって行われる。
【0009】HDLCの具体的な手順は、デ−タリンク確立、デ−タ転送、デ−タリンク解放の3フェ−ズから構成される。デ−タリンク確立とは、送信側が、必要なモ−ド設定を要求するフレ−ムを受信側に送出し、受信側が、送信側に受信確認フレ−ムを送出することにより、デ−タ送受信の準備を行うフェ−ズである。
【0010】デ−タ転送とは、送信側が情報フレ−ムを送信し、受信側が送信側に確認フレ−ムを送出することにより、ユ−ザ−デ−タの送受信を行うフェ−ズである。デ−タリンク解放とは、全てのデ−タ伝送が終了した場合、あるいは何等かのトラブルが発生した場合、デ−タリンクの解放を行うフェ−ズである。次に、回線監視タイマ25がカウントするタイムアウト時間について述べる。回線上に異常が発生した時、また受信側のデータ通信装置に何等かのトラブルが発生した時、送信側からみれば、全く無応答の状態がいつまでも続くことになる。上述したHDLC手順では、デ−タ転送フェ−ズにおけるデ−タの送信後、送信側は、受信側の受信確認フレ−ムを受信する必要が有る。このため送信側は、上記トラブルが発生した場合、受信側の受信確認フレ−ムをいつまでも待ちつづける形になる。
【0011】このような状況に備えるため、一般のデ−タ通信装置は、上述の無応答時間の上限を設けている。最後のデ−タ送信から、一定時間以上無応答時間が続けば、デ−タ通信装置は、デ−タの送受信において何等かのトラブルが有ったとみなし、デ−タリンクの解放を行うようにしている。この無応答時間の上限が、回線監視タイマ25がカウントするタイムアウト時間である。以降これを回線異常タイムアウト時間と呼ぶ。
【0012】送受信デ−タ保持部29は、デ−タ送受信制御部23によって送受信されるデ−タを保持する。以上のように構成されたデータ通信装置21の動作を説明する。使用者が、図示しない送話器、受話器を用いて通話を始めると、有音/無音検出部24は、電話からの入力、電話への出力を監視する。この監視は、音声による通話の途切れ目、つまり無音状態を検出するために行われる。もし有音状態が検出されれば音声による通話を優先させるため、有音/無音検出部24は、デ−タの送受信を行わせないように、デ−タ送受信制御部23に指示を与える。もし無音状態が検出されれば、有音/無音検出部24は、デ−タの送受信を行わせるように、デ−タ送受信制御部23に指示を与える。受信したデ−タ及び送信するデ−タは、送受信デ−タ保持部29に保持されている。デ−タの送受信が行われ、何等かの理由によって一旦デ−タの送受信が中断されると、最後のデ−タ送信があった時点から、回線監視タイマ25は、回線異常タイムアウト時間をカウントする。デ−タの送受信中、何等かのトラブルが発生したときに、デ−タリンク解放を行うためである。回線監視タイマ25がタイムアウトすれば、タイムアウト発生をデ−タ送受信制御部23に通知する。デ−タ送受信制御部23は、デ−タリンクの解放を行う。
【0013】同時にデ−タの送受信中も有音/無音検出部24は、通信回線を監視している。もし音声による通話が再開し、有音状態が検出されれば、デ−タ送受信制御部23にデ−タの送受信を中断させる。
【0014】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記従来技術によれば、データ送信中、一定時間以上有音部分が連続すれば、送信すべきデ−タが残っていたとしても、回線監視タイマのタイムアウト発生により、データリンクが解放されてしまい、その後デ−タを送信する場合デ−タリンクを再確立しなければならないという問題があった。
【0015】この様子を図6を用いて具体的に説明する。この図において、送信側のデータ通信装置は、既に通話中無音状態において、デ−タリンクを確立し、デ−タ送信を行っているものとする。無音状態a1が一定時間継続した後、有音状態a2が、タイムアウト時間以上継続する。この有音状態a2中に回線監視タイマ25はタイムアウトを発生する。図に示すように、このタイムアウト発生によってデ−タ送受信制御部23は、デ−タリンクの解放を行う。
【0016】この後、有音状態a2が途切れ無音状態a3が発生しても、既にデ−タリンクが解放されているため、デ−タ送受信制御部23は、残りのデ−タの送信を行えない。その結果、デ−タ送受信制御部23は、無音状態a3において再びデ−タを送信するためには、デ−タリンクを再確立しなくてはならないことになる。本発明は、上記問題点に鑑み、有音部分が一定時間以上連続する時にもデータリンクを維持でき、前述したようなデータリンクの解放を防止することが可能なデータ通信装置を提供することを目的とする。
【0017】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために本発明のデータ通信装置は、一回線で音声信号の送受信の合間にデータ信号を送受信するため、音声信号の送受信の有無を検出する有音/無音検出部と、検出結果が無音状態である場合にデータリンクを確立してデータを送受信するデータ送受信制御部と、データリンク確立後データの送受信が一定時間なければタイムアウトを発生する回線監視タイマとを有し、タイムアウト発生によりデ−タリンクを解放するデータ通信装置において、前記回線監視タイマのタイムアウトよりも前にタイムアウトを発生する強制送信タイマと、強制送信タイマのタイムアウトが発生すると、データ送受信制御部に対して、有音状態であっても通話中の音声に影響を与えない程度に微量なデータを強制的に送信すべきことを指示する強制送信制御部とを備えている。
【0018】また、上記課題を解決するために本発明のデータ通信装置は、一回線で音声信号の送受信の合間にデータ信号を送受信するため、音声信号の送受信の有無を検出する有音/無音検出部と、検出結果が無音状態を利用し、データリンクを確立してデータを送受信するデータ送受信制御部と、データリンク確立後データの送受信が一定時間なければタイムアウトを発生する回線監視タイマとを有し、タイムアウト発生によりデ−タリンクを解放するデータ通信装置において、前記回線監視タイマのカウント開始後、有音/無音検出部の検出結果が有音である場合に、回線監視タイマのカウント動作を一時的に停止させ、無音状態を利用し、、回線監視タイマのカウント動作を再開させる回線監視タイマ制御部を備えている。
【0019】
【作用】上記の手段により、本発明のデータ通信装置において、強制送信タイマは、前記回線監視タイマのタイムアウトよりも前にタイムアウトを発生する。発生したタイムアウトに対して、強制送信制御部が作動し、有音状態であってもデータ送受信制御部に、通話中の音声に影響を与えない程度に微量なデータを強制的に送信すべきことを指示させる。
【0020】また、上記の手段により、本発明のデータ通信装置において、回線監視タイマ制御部は、前記回線監視タイマのカウント開始後、有音/無音検出部の検出結果が有音である場合に、回線監視タイマのカウント動作を一時的に停止させ、無音状態を利用し、、回線監視タイマのカウント動作を再開する。
【0021】
【実施例】テレライティング、テレポインティングが可能な通信システムは、デ−タ通信についての諸処理を行うコンピュ−タと、音声による通話を行う図示しない電話機と、データ通信装置とで構成される。この通信システム内の接続状態に付いて述べる。上述したデータ通信装置が、コンピュ−タ及び電話機に接続され、更にデータ通信装置が、1回線のデジタル通信回線である通信回線に接続されている。
【0022】このような接続状態では、通信回線に対する音声及びデ−タの送受信は、一旦データ通信装置を介して行われることになる。これは、データ通信装置が、入力された音声信号の無音状態を利用してデータリンクを確立し、データ通信を行なうためである。上述のデータ通信装置の働きによって、本通信システムは、テレポインティング、テレライティングが可能なのである。
【0023】本発明の第一の実施例におけるデータ通信装置の構成を、図1を用いて説明する。本データ通信装置は、デ−タ送受信制御部3と、有音/無音検出部4と、回線監視タイマ5と、強制送信制御部6と、強制送信タイマ7と、送受信デ−タ保持部9とから構成される。
【0024】データ送受信制御部3は、HDLC(ハイレベルデ−タリンク手順)に基づき、送受信デ−タ保持部9に蓄えられているデータの送受信を制御する。ただしこの送受信は、有音/無音検出部4の検出結果に基づき行われ、通信回線が無音状態である時のみ、つまり音声の送受信が行われていない時のみ、デ−タ送受信をなしうる。
【0025】有音/無音検出部4は、通信回線1と、電話機との間に介在し、音声の送受信が行われているか否か、つまり通信回線の通信状態が有音状態であるか、あるいは無音状態であるかをデ−タ送受信制御部3に知らせる。回線監視タイマ5は、通信回線の通信状態を監視するためのタイムアウト時間、つまり回線異常タイムアウト時間をカウントする。回線異常タイムアウト時間とは、回線に異常が発生したとみなすためのタイムアウト時間である。回線監視タイマ5のカウントスタ−トは、デ−タを構成する1フレ−ムの送信を検出し、タイマリセットを行った時点である。
【0026】強制送信制御部6は、デ−タ送受信制御部3に、未送信デ−タを強制的に送信させる。未送信デ−タとは、送受信デ−タ保持部9に蓄えられている送信デ−タの残りのデ−タであり、強制送信されるのはその未送信デ−タのうち、1フレ−ムだけである。この強制送信の条件について述べる。強制送信が行われるのは、強制送信タイマ7が強制送信タイムアウトを発生し、かつ有音/無音検出部4が有音状態を検出した時である。
【0027】強制送信タイマ7は、通信回線の通信状態が有音状態である場合に、デ−タの強制送信を開始するためのタイムアウト時間、つまり強制送信タイムアウト時間をカウントする。この強制送信タイムアウト時間は、回線異常タイムアウト時間に比べて短く設定されている。強制送信タイマ7のカウントスタ−トは、回線監視タイマ5と同時に、タイマリセットを行った時点で行われる。
【0028】送受信デ−タ保持部9は、送受信するデ−タを保持する。以上のように構成されたデータ通信装置の動作を説明する。使用者が、電話機に備えられている送話器、受話器を用いて通話を始めると、有音/無音検出部4は、電話機からの入力、電話機への出力の監視を始める。通話中の無音状態を検出するためである。もし無音状態が検出されれば有音/無音検出部4は、デ−タ送受信制御部3に指示を与え、送受信デ−タ保持部9に蓄えられている送信デ−タを、HDLC手順に基づいて1フレ−ムずつ送信させる。この1フレ−ムのデ−タの送出を検出し、回線監視タイマ5は、回線異常タイムアウト時間のカウントをスタ−トさせ、強制送信タイマ7は、強制送信タイムアウト時間のカウントをスタ−トさせる。但しこれらのカウントは、フレ−ムが送信される度にタイマリセットが掛けられる。
【0029】通信回線1あるいは、相手側通信装置にトラブルが発生し、相手側通信装置の受信確認信号を受信できないまま無音状態が継続している場合について説明する。次のフレ−ムの送信が行えない状態がいつまでも続くと、強制送信タイマ7はタイムアウトしてしまう。強制送信タイマ7がタイムアウトすると、強制送信制御部6は、有音状態であるか否かの検出を有音/無音検出部4に行わせる。このとき無音状態が検出されるので、デ−タ送受信制御部3の強制的なデ−タ送信は行われない。続いてタイムアウト時間がより長い回線監視タイマ5がタイムアウトする。このタイムアウト発生は、デ−タ送受信制御部3に通知され、これを受けてデ−タ送受信制御部3は、デ−タリンクの解放を行う。
【0030】次にデ−タ送受信中、音声による通話が再開し、有音状態が検出されてデ−タ送信が行えない場合について説明する。音声による通話が再開したことが、有音/無音検出部4によって検出されると、この検出結果によってデ−タ送受信制御部3は、デ−タの送受信を一旦中断させる。例えば1フレ−ムの送信中、あるいは送信後に有音状態が検出されたとすると、デ−タ送受信制御部3は、次のフレ−ムの送信を中止する。このように次のフレ−ムの送信が行えない状態がいつまでも続くと、強制送信タイマ7がタイムアウトする。このタイムアウト発生の通知を受けて強制送信制御部6は、有音状態であるか否かの検出を有音/無音検出部4に行わせる。もし有音状態なら、強制送信制御部6はデ−タ送受信制御部3にデ−タの強制送信を指示する。これを受けてデ−タ送受信制御部3は、強制的にデ−タを送信させる。このとき送信されるデ−タは、音声への影響がほとんどないとみなすことができる1フレ−ムだけである。しかし、回線監視タイマ5はこのデ−タ送信によって、タイマリセットされるのである。
【0031】データ通信装置が、デ−タの強制送信を行う様子を図2を用いて説明する。この図において実線、破線の矢印は、それぞれデ−タの1フレ−ム、音声の1送信単位を示している。この図において、送信側のデータ通信装置は、既に通話中の無音状態を検出し、その無音状態中にデ−タリンクを確立し、デ−タ送信を行っているものとする。この図では無音状態b1が一定時間継続した後、回線異常タイムアウト時間より長い有音状態である有音状態b2が継続している。この有音状態によってデ−タの送受信が一旦中断されるため、回線監視タイマ5と、強制送信タイマ7とがそれぞれ回線異常タイムアウト時間と、強制送信タイムアウト時間のカウントを始める。一定時間経過後、強制送信タイマ7のタイムアウトが発生すると、強制送信制御部6は有音/無音検出部4に、現在の通信回線の通話状態を検出させる。もし有音状態を検出すると図に示すように、強制送信制御部6は、デ−タ送受信制御部3に強制デ−タ送信を行わせる。
【0032】上述のように、回線監視タイマ5はデ−タ送信によって、タイマリセットされる。この時点で、回線監視タイマ5のカウントは、また0から始められるので、デ−タ送受信制御部3のデ−タリンクが解放されることは無い。その結果、図において有音状態b2が終了し、無音状態b3が発生すると、デ−タ送受信制御部は改めてデ−タリンクを再確立することなく、継続してデ−タの送信を行えることになる。
【0033】このように本発明によれば、音声による通話によって有音状態が長く連続する場合には、回線監視タイマによるデ−タリンク解放を行わない。このため、音声の無音状態を用いたデ−タ送受信の効率が向上する。図3は、本発明の第2の実施例であるデータ通信装置を示す構成図である。同図において、第1実施例のデータ通信装置と同じ構成要素には同一の参照符号を付す。
【0034】本実施例のデータ通信装置と、第1の実施例のデータ通信装置と同じ点については説明を省略し、相違点についてだけ述べることにする。第1の実施例におけるデータ通信装置は、有音状態が一定時間以上継続したときデ−タの強制送信を行うのに対し、第2の実施例におけるデータ通信装置は、有音状態における回線監視タイマの動作を停止させる。以下各構成に付いて、上述の相違点のみの説明を行う。
【0035】データ通信装置には、強制送信制御部6、強制送信タイマ7は備えられておらず、代えて監視タイマ制御部8が備えられている。監視タイマ制御部8は、有音/無音検出部4の有音状態の検出によって、回線監視タイマ5のカウント値を保持させたまま、カウント動作だけを停止させる。以上のように構成されたデータ通信装置の動作の、データ通信装置と異なる点のみを説明する。
【0036】既に無音状態におけるデ−タの送受信が行われており、この送受信の途中で、使用者が通話を再開したものとする。先ず、有音状態発生を、有音/無音検出部4は検出する。この検出結果によってデ−タ送受信制御部3は、デ−タの送受信の中止を行う。同時に監視タイマ制御部8は、回線監視タイマ5のカウント値を保持させたままカウント動作だけを停止する。
【0037】使用者による通話が一定時間続いた後この通話が途切れ、無音状態が発生したものとする。この無音状態は、有音/無音検出部4によって検出される。この検出結果によってデ−タ送受信制御部3は、デ−タ送信を再開する。ここで監視タイマ制御部8は、このデ−タ送信を検出して、回線監視タイマ5のカウントを再開させる。このときのカウントは、上述の停止されたときのカウント値から始められる。
【0038】データ通信装置が、デ−タの強制送信を行う様子を図4を用いて説明する。この図において実線、破線の矢印は、それぞれデ−タ、音声の1送信単位を示している。この図において、送信側のデータ通信装置は、既に通話中の無音状態を検出し、その無音状態中にデ−タリンクを確立し、デ−タ送信を行っているものとする。無音状態c1が一定時間継続した後、回線異常タイムアウト時間より長い有音状態である有音状態c2が継続している。この有音状態は、有音/無音検出部4によって検出され、これに応じて監視タイマ制御部8は、現在の回線監視タイマ5のカウント値を保持し、回線監視タイマ5の動作を一旦停止させる。有音状態c2が一定時間続いた後、無音状態c3が発生するとデ−タ送受信制御部3は継続してデ−タの送信を行う。回線監視タイマ5は、上述の停止時のカウント値から再びカウントを始める。
【0039】このように本発明によれば、音声による通話によって有音状態が長く連続する場合には、回線監視タイマによるデ−タリンク解放を行わない。このため、音声の無音状態を用いたデ−タ送受信の効率が向上する。
【0040】
【発明の効果】以上説明してきたように、本発明のデータ通信装置によれば、データ送信中一定時間以上有音部分が連続しても、回線監視タイマのタイムアウトによるデータリンクの解放が行われないので、デ−タリンクの再確立が不要になるという効果がある。
【0041】言い換えると、一度デ−タリンクの確立が確立されれば、有音状態の前後で継続してデ−タの送受信を行えるため、デ−タ送受信効率が向上することになる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013