Warning: copy(.htaccess): failed to open stream: Permission denied in /home/jp321/public_html/header.php on line 8
遊底式機関砲の閉鎖機構 - 株式会社日本製鋼所
米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 武器 -> 株式会社日本製鋼所

発明の名称 遊底式機関砲の閉鎖機構
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−174485
公開日 平成7年(1995)7月14日
出願番号 特願平5−353062
出願日 平成5年(1993)12月16日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】片田 欽也
発明者 吉松 盛喜
要約 目的
遊底を複雑な構造にすることなく閉鎖保持の信頼性を高めるとともに、発射速度を高速化する。

構成
各円筒ロツク9、10が砲身2の軸線と直交する軸線廻りを揺動可能に設けられ、互いの係合爪11、12が接近、離間するようにL字状の連結リンク13により連結されている。連結リンク13は、下方に弾性付勢されており、各円筒ロツクの係合爪11、12を常時離間している。下方の円筒ロツク9にはカム受部22が設けられ、遊底5が前進して砲身2を閉鎖した後にカムドラム6の前端外周に設けられた閉鎖保持作動カム23が当接し、下方の円筒ロツク9を揺動して係合爪11を上方に移動するようになつている。これにより、上方の円筒ロツク10が揺動して係合爪12を下方に移動し、各係合爪9、10が遊底5に係合して遊底5を砲身2にロツクし、閉鎖保持することになる。
特許請求の範囲
【請求項1】 遊底(5)を前進して砲身(2)を閉鎖した後に、遊底(5)を砲身(2)にロツクして砲身(2)の閉鎖状態を保持する遊底式機関砲(1)の閉鎖機構(7)であつて、遊底(5)に係合する係合爪(11、12)を有する一対のロツク部材(9、10)を砲身(2)の後部に対向状に配設するとともに、砲身(2)の軸線と直交する軸線廻りを揺動可能に設け、各ロツク部材(9、10)を互いの係合爪(11、12)が接近又は離間する方向に揺動するように連結リンク(13)で連結し、少なくとも一方のロツク部材(9、10)を互いの係合爪(11、12)が離間する方向に弾性付与部材(16)により弾性付勢し、遊底(5)が前進して砲身(2)を閉鎖した後に一方のロツク部材(9)をその係合爪(11)が他方のロツク部材(10)の係合爪(12)に接近する方向に揺動する閉鎖保持作動部材(23)を設けてなることを特徴とする遊底式機関砲の閉鎖機構。
【請求項2】 遊底式機関砲(1)は、遊底(5)をカムドラム(6)により前進、停止、後退、停止を1サイクルとして往復駆動させるものであり、閉鎖保持作動部材は、遊底(5)が前進して砲身(2)を閉鎖した後に一方のロツク部材(9)と当接するようにカムドラム(6)に形成された閉鎖保持作動カム(23)である請求項1記載の遊底式機関砲の閉鎖機構。
【請求項3】 各ロツク部材(9、10)を上下に対向状に配設し、閉鎖保持作動カム(23)を下方のロツク部材(9)に当接するように設け、連結リンク(13)を下方のロツク部材(9)の後部側と上方のロツク部材(10)の前部側とを連結するように設け、連結リンク(13)を弾性付与部材(16)により下方に弾性付勢してなる請求項2記載の遊底式機関砲の閉鎖機構。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、遊底式機関砲に関し、詳細には、遊底を前進して砲身を閉鎖し、しかる後遊底を砲身にロツクして砲身の閉鎖状態を保持する遊底式機関砲の閉鎖機構に関する。
【0002】
【従来の技術】遊底式機関砲においては、遊底を前進して砲身を閉鎖するが、少なくとも弾薬を撃発して弾丸を発射するまで砲身の閉鎖状態を保持する必要があり、回転鎖栓方式、ブロツク内子方式等の閉鎖機構が一般に採用されている。回転鎖栓方式の閉鎖機構は、遊底の前部を回転鎖栓とし、遊底が前進して砲身を閉鎖した後に回転鎖栓を回転し、回転鎖栓の係合爪が砲身に係合して遊底を砲身にロツクし、砲身の閉鎖状態を保持するようになつている。一方、ブロツク内子方式の閉鎖機構は、遊底の前部を鎖栓とし、この鎖栓にブロツク内子を出没可能に設け、遊底が前進して砲身を閉鎖した後に遊底の後部が前部に対して相対的に前進し、ブロツク内子を突出させて砲身の内子座に係合し、これによつて遊底を砲身にロツクして砲身の閉鎖状態を保持するようになつている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記従来の閉鎖機構については、遊底を2分割構造とする必要があり、構造が複雑で重量が大きくなるという問題点がある。また、回転鎖栓方式の閉鎖機構については、回転鎖栓を砲身に係合した位置に保持する機構が必要であり、これにより遊底の構造を複雑化するとともに、重量を増大させるという問題点がある。ブロツク内子方式の閉鎖機構については、閉鎖を解除する際にブロツク内子と内子座との間に大きな摩擦力が生じるため、雨中塵あいの多い場所においては適切に作動しないことがあり、信頼性を十分に確保し難いという問題点がある。
【0004】ところで、近年遊底式機関砲については、遊底を高速で往復駆動することにより、発射速度を高速化することが要望され、遊底をカムドラムにより往復駆動するようにしたものが提案されている。この遊底式機関砲は、カムドラムに形成されたカム溝に遊底に設けられたカムフオロアーを噛合し、カムドラムを連続回転することにより遊底を前進、停止、後退、停止を1サイクルとして往復駆動するようになつている。すなわち、砲身を閉鎖する時に前進し、砲身の閉鎖状態を保持する時に停止し、砲身の閉鎖を解除する時に後退し、次の弾薬を装着する時に停止するようになつている。ところが、この遊底式機関砲についても砲身の閉鎖状態を保持するために上記従来の閉鎖機構が採用されており、カムドラム駆動機構による本来の機能が損なわれ、遊底を高速で往復駆動し難い状況である。
【0005】本発明は、上記従来の問題点を解消するためになされたもので、その課顕は、遊底を複雑な構造とすることなく閉鎖保持の信頼性を高めるとともに、発射速度を高速化し得る遊底式機関砲の閉鎖機構を提供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために、本発明は、遊底を前進して砲身を閉鎖した後に、遊底を砲身にロツクして砲身の閉鎖状態を保持する遊底式機関砲の閉鎖機構であつて、遊底に係合する係合爪を有する一対のロツク部材を砲身の後部に対向状に配設するとともに、砲身の軸線と直交する軸線廻りを揺動可能に設け、少なくとも一方のロツク部材を互いの係合爪が接近又は離間する方向に揺動するように連結リンクで連結し、各ロツク部材を互いの係合爪が離間する方向に弾性付与部材により弾性付勢し、遊底が前進して砲身を閉鎖した後に一方のロツク部材をその係合爪が他方のロツク部材の係合爪に接近する方向に揺動する閉鎖保持作動部材を設けている。
【0007】遊底式機関砲は、遊底をカムドラムにより前進、停止、後退、停止を1サイクルとして往復駆動させるものであつてもよい。その際、閉鎖保持作動部材は、遊底が前進して砲身を閉鎖した後に一方のロツク部材と当接するようにカムドラムに形成された閉鎖保持作動カムであつてもよい。また、各ロツク部材を上下に対向状に配設し、閉鎖保持作動カムを下方のロツク部材に当接するように設け、連結リンクを下方のロツク部材の後部側と上方のロツク部材の前部側とを連結するように設け、連結リンクを弾性付与部材により下方に弾性付勢していることが好ましい。
【0008】
【作用】一対のロツク部材は、弾性付与部材と連結リンクにより常時互いの係合爪が離間した状態にある。遊底が前進して砲身を閉鎖した後に閉鎖保持作動部材が作動し、一方のロツク部材を揺動する。一方のロツク部材が揺動されることにより他方のロツク部材が連結リンクにより揺動され、互いの係合爪が接近して遊底に係合する。すなわち、遊底を砲身にロツクし、砲身の閉鎖状態を保持することになる。弾薬を撃発して弾丸を発射した後に閉鎖保持作動部材を非作動状態にすると、弾性付与部材の作用により各ロツク部材が上記と逆方向に揺動し、互いの係合爪が離間して遊底から外れる。すなわち、遊底のロツクが解除され、砲身の閉鎖状態を解除する。
【0009】遊底をカムドラムで往復駆動する遊底式機関砲については、カムドラムの回転により閉鎖保持作動カムが一方のロツク部材、例えば下方のロツク部材に当接し、このロツク部材を揺動してその係合爪を上方に移動する。これと同時に、連結リンクにより他方のロツク部材を揺動し、その係合爪を下方に移動する。すなわち、上下のロツク部材の係合爪が互いに接近して遊底に係合し、遊底を砲身にロツクして閉鎖状態を保持することになる。そして、弾丸を発射した後に閉鎖保持作動カムが下方のロツク部材から外れ、このロツク部材が弾性付与部材により上記と逆方向に揺動し、その係合爪が下方に移動する。それと同時に、上方のロツク部材が連結リンクにより上記と逆方向に揺動し、その係合爪が上方に移動する。すなわち、上下のロツク部材の係合爪が遊底から外れ、遊底のロツクが解除され、砲身の閉鎖状態を解除する。
【0010】
【実施例】本発明の実施例を図に基づいて説明する。図において、1は遊底式機関砲、2は砲身本体3の後部に砲尾環4が設けられた砲身、5は砲身2を閉鎖する遊底、6は遊底5を前進、停止、後退、停止を1サイクルとして往復駆動するカムドラム、7は砲身2を閉鎖状態に保持する閉鎖機構である。
【0011】閉鎖機構7は、遊底5の上下外側に閉鎖保持用突起8が設けられ、遊底5が砲身2を閉鎖する位置において下方の円筒ロツク9と上方の円筒ロツク10が閉鎖保持用突起8に係合し、遊底5を砲身2にロツクするようになつている。各円筒ロツク9、10は、両端に円筒部を残し、中間部を軸線方向にほぼコ字状に切り欠いた円筒体であり、中間部の一端側に軸線方向に沿つて突出状に形成された係合爪11、12を有している。そして、係合爪11、12の側を後方側にして砲身2の後部すなわち砲尾環4の内部に対向状に配設され、砲身2の軸線と直交する軸線廻りを回転可能に設けられている。なお、中間部の形状は、遊底2の断面形状に対応した形状である。下方の円筒ロツク9と上方の円筒ロツク10とは、図3に明示するように両側において連結リンク13により連結され、連動して逆方向に揺動するようになつている。すなわち、連結リンク13は、L字状であり、その一端が下方の円筒ロツク9の後部側方に下部連結ピン14により回転可能に取り付けられ、他端が上方の円筒ロツク10の前部側方に上部連結ピン15により回転可能に取り付けられ、下方の円筒ロツク9の揺動運動を上方の円筒ロツク10に逆方向の揺動運動として伝達するようになつている。これにより、下方の円筒ロツク9がその係合爪11が上方に移動するように揺動する時には、上方の円筒ロツクの係合爪12が下方に移動するように揺動し、両者の係合爪11、12が接近して遊底5に係合する。また、下方の円筒ロツクの係合爪11が下方に移動する時には、上方の円筒ロツクの係合爪12が上方に移動し、両者の係合爪11、12が離間して遊底5から外れることになる。
【0012】連結リンク13には、図3及び図4にも示すように弾性付与部材16が付設されている。この弾性付与部材16は、圧縮ばね17が固定ばね筒18と可動ばね筒19内に収納され、可動ばね筒19の外側に突起20が設けられている。そして、砲尾環4の側方に取り付けられるばね筒ブロツク21に固定ばね筒18を固定し、可動ばね筒19を上下方向に可動に設け、突起20を連結リンク13に係合して下方に弾性付勢するように組み付けられている。これにより、下方の円筒ロツク9と上方の円筒ロツク10とは、互いの係合爪11、12が常時離間する方向に弾性付勢されることになる。一方、下方の円筒ロツク9の下部側にはカム受部22が形成されており、このカム受部22にカムドラム6の前端外周に突出して形成された閉鎖保持用カム23が当接するようになつている。この閉鎖保持用カム23は、カムドラム6の回転によりカム溝24に噛合したカムフオロアー25を介して遊底5を前進して停止した後にカム受部22に当接し、下方の円筒ロツク9を揺動して係合爪11が上方に移動するように設定されている。例えば、閉鎖保持用カム23は、遊底5が停止状態になつた時に図5に2点鎖線で示すように角度α遅れた位置になるように設定されている。また、閉鎖保持用カム23の長さを遊底5の動作と連動して適宜設定することにより、閉鎖保持期間を変更することができるが、遊底5の後退開始直前にカム受部22から離れるように設定されている。
【0013】本実施例の閉鎖機構7の作用を図6及び図7をも参照して次に説明する。遊底5が前進して砲身2を閉鎖するまでは、各円筒ロツク9、10は連結リンク13と弾性付与部材16により例えば図6に示すように互いの係合爪11、12が離間した状態にある。遊底5は、前進して弾薬Wを砲身2に装填し、前部側が各円筒ロツクの係合爪11、12間を通過して砲身2を閉鎖し、停止する。閉鎖保持用カム23は、カムドラム6とともに回転し、砲身2の閉鎖直前において図7に示す位置にあり、砲身2の閉鎖時には図5に2点鎖線で示す位置にある。そして、カムドラム6がさらに回転することにより下方の円筒ロツクのカム受部22に当接し、下方の円筒ロツク9を図1の矢印方向に揺動し、その係合爪11が上方に移動する。一方、下方の円筒ロツク9の揺動により連結リンク13が図4に実線で示す位置から2点鎖線で示す上方の位置まで移動される。これにより、上方の円筒ロツク10は、前部側が上方に押されて揺動し、係合爪12が下方に移動する。従つて、各円筒ロツクの係合爪11、12が接近し、遊底の閉鎖保持用突起8に係合し、遊底5を砲身2にロツクすることになる。このロツク状態は、閉鎖保持用カム23がカム受部22から離れるまで保持される。この間に、弾薬Wを撃発して弾丸を発射することになるが、各円筒ロツクの係合爪11、12が遊底の閉鎖保持用突起8に係合し、遊底5を砲身2に確実にロツクしているため、砲身2の閉鎖状態を保持し、弾丸を安全に発射させることができる。
【0014】弾丸を発射した後にカムドラム6により遊底5が後退するが、遊底5の後退直前に閉鎖保持用カム23が下方の円筒ロツクのカム受部22から離れる。連結リンク13には弾性付与部材16による弾性付勢力が常時下方に作用しており、連結リンク13が図4に示す実線の位置から2点鎖線で示す下方の位置に移動される。これにより、下方の円筒ロツク9はその係合爪11が下方に移動するように揺動され、上方の円筒ロツク10はその係合爪12が上方に移動するように揺動され、互いの係合爪11、12が離間して遊底の閉鎖保持用突起8から外れる。従つて、遊底5は、各円筒ロツク9、10に阻止されることなく後退される。
【0015】以上のようにして、閉鎖状態を保持、解除するが、遊底を砲身にロツクする手段が円筒ロツクであることから、円滑に作動するとともに遊底を強固にロツクすることができ、信頼性の高い閉鎖保持を行うことができる。また、円筒ロツクは単純な形状であるため、組立、分解が容易であり、メインテナンスを容易に行うことができる。
【0016】
【発明の効果】本発明によれば、砲身に設けられた一対の円筒ロツクを揺動することにより遊底を砲身にロツクし、閉鎖状態を保持することができることから、閉鎖保持のために遊底を複雑な構造にする必要がなく、しかも軽量化することが可能になつた。砲身の閉鎖時に円筒ロツクを閉鎖保持作動部材により揺動することにより、遊底を砲身にロツクすることができるため、信頼性の高い閉鎖保持を行うことが可能になつた。また、遊底をカムドラムにより往復駆動する遊底式機関砲においては、閉鎖保持作動部材である閉鎖保持用カムをカムドラムに設けることにより、遊底の動作と連動してロツク部材を作動することができ、カムドラムによる遊底の高速駆動を損ねることなく、閉鎖状態を適切に保持することが可能になつた。これにより、高速発射性能に優れた遊底式機関砲を得ることが可能になつた。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013