米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> 株式会社ソフィア

発明の名称 遊技機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−96076
公開日 平成7年(1995)4月11日
出願番号 特願平5−264022
出願日 平成5年(1993)9月29日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】津久井 照保
発明者 新山 吉平 / 伊東 広司
要約 目的
遊技盤の交換及びメンテナンス作業における裏機構盤の開閉に支障がなく、しかも開口窓部の範囲内を有効に利用する。

構成
裏面に入賞球集合カバー部材21を有し、後端部が裏側に突出する中央遊技装置13を設けた遊技盤と、遊技盤の裏側の裏機構盤9をを備えた遊技機において、裏機構盤は、遊技盤裏面と所定間隔を保持する基板25を形成した遊技盤を収納する遊技盤収納枠体側に開閉自在に軸着し、該基板背面側に球排出機構8等の裏機構部品を配設するとともに、その内側に入賞球集合カバー部材の後端部が臨む開口窓部30を開設し、該開口窓部は、中央遊技装置の後端部分が余裕をもって臨む大きさに設定された主要機能領域31と、少なくとも裏機構盤軸着側と対向する開口窓の側辺と該主要窓領域との間であり、且つ入賞球集合カバー部材に対応する範囲に設定された補助機能領域32とにより構成する。
特許請求の範囲
【請求項1】 区画部材により囲まれる遊技部を形成した遊技盤と、該遊技盤に設けられた複数の遊技装置の裏面主要部を覆い、且つ遊技盤裏面と一定間隔を保持して取り付けられる入賞球集合カバー部材と、導出樋や球排出機構等の一連の裏機構部品が設けられた裏機構盤と、上記遊技部に前面部分が臨むとともにその後端部分が上記入賞球集合カバー部材を貫通して上記裏機構盤に設けられた導出樋の背面側側壁より後方に突出した状態で取り付けられる中央遊技装置とを備えた遊技機において、上記裏機構盤は、上記遊技盤裏面と所定間隔を保持する基板を形成した上記遊技盤を収納する遊技盤収納枠体側に開閉自在に軸着し、該基板背面側に球排出機構等の裏機構部品を配設するとともに、その内側に上記入賞球集合カバー部材の後端部が臨む開口窓部を開設し、上記開口窓部は、上記中央遊技装置の後端部分が余裕をもって臨む大きさに設定された主要機能領域と、少なくとも裏機構盤軸着側と対向する開口窓の側辺と該主要窓領域との間であり、且つ入賞球集合カバー部材に対応する範囲に設定された補助機能領域とにより形成されたことを特徴とする遊技機。
【請求項2】 上記開口窓部は、上記主要機能領域に臨む予め予想される最大の中央遊技装置の後端部が裏機構盤を開放する際に当接しない大きさに上記補助機能領域の大きさを設定したことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
【請求項3】 上記補助機能領域には、上記裏機構盤の開閉時における開口窓の側辺の軌跡内側の入賞球集合カバー部材背面に取り付けられて上記中央遊技装置等を制御するための遊技盤制御装置を臨ませたことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
【請求項4】 上記補助機能領域には、上記裏機構盤の開閉時における開口窓の側辺の軌跡内側の入賞球集合カバー部材背面に取り付けられて上記遊技装置と遊技盤制御装置とをコネクタ手段を介して接続する配線分配盤を臨ませたことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
【請求項5】 上記開口窓部には、上記中央遊技装置の後方端部の突出量に対応して上記裏機構盤の開閉時における開口窓の側辺の軌跡を可変可能な開口窓部閉塞部材を装着したことを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、遊技機裏面に配設される入賞球集合カバー部材が臨む開口窓部を設けた裏機構盤を備えた遊技機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の遊技機においては、例えば特公平5−10960号公報に記載されているように、裏機構盤に開口部を開設しているが、この開口部は、入賞球集合カバー部材の主要部域に相当する大きさ、具体的には、突出する遊技装置及び保護カバーが突出可能な大きさに開口している。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、近年は遊技内容の多様化に伴い遊技盤に配設される遊技装置、特に中央遊技装置が複雑化する傾向にあるが、遊技盤上の遊技装置の配設可能な表面積は区画部材により囲まれる遊技領域という限られた範囲があるため、見掛け上の遊技装置の大きさはさほど大型化していないが、複雑化する遊技内容に対応して遊技盤裏面側に配設される部分は非常に大型化され、後方への突出量も増えている。周知のように、遊技機後方から遊技盤を収納するタイプの遊技機では、遊技盤の装着作業を容易にするために遊技盤収納枠側に裏機構盤の一側を軸着して回動可能に配設している。また、遊技盤を前方から収納する遊技機においてもメンテナンス作業性の向上を図るため、同様に裏機構盤を回動可能に構成する必要がある。更に、遊技内容の複雑化に伴い電気的遊技装置及び遊技盤制御装置と接続する配線の量も増えているため、電気的遊技装置から遊技盤制御装置へ直接接続せずに同一の制御信号をまとめてコネクタ数を減らすために多極のコネクタに変換する配線分配盤(中継基板)が使用されるが、遊技装置の遊技盤裏面側部分の大型化により配線分配盤の取り付け可能スペースも減少している。そこで、本発明は、近年大型化される遊技装置を配設した遊技盤に対応して、遊技盤の交換及びメンテナンス作業における裏機構盤の開閉に支障がなく、しかも開口窓部の範囲内を有効に利用することが可能な裏機構盤を備えた遊技機を提供することを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明は上記した目的を達成するために提案されたもので、区画部材により囲まれる遊技部を形成した遊技盤と、該遊技盤に設けられた複数の遊技装置の裏面主要部を覆い、且つ遊技盤裏面と一定間隔を保持して取り付けられる入賞球集合カバー部材と、導出樋や球排出機構等の一連の裏機構部品が設けられた裏機構盤と、上記遊技部に前面部分が臨むとともにその後端部分が上記入賞球集合カバー部材を貫通して上記裏機構盤に設けられた導出樋の背面側側壁より後方に突出した状態で取り付けられる中央遊技装置とを備えた遊技機において、上記裏機構盤は、上記遊技盤裏面と所定間隔を保持する基板を形成した上記遊技盤を収納する遊技盤収納枠体側に開閉自在に軸着し、該基板背面側に球排出機構等の裏機構部品を配設するとともに、その内側に上記入賞球集合カバー部材の後端部が臨む開口窓部を開設し、上記開口窓部は、上記中央遊技装置の後端部分が余裕をもって臨む大きさに設定された主要機能領域と、少なくとも裏機構盤軸着側と対向する開口窓の側辺と該主要窓領域との間であり、且つ入賞球集合カバー部材に対応する範囲に設定された補助機能領域とにより形成されたことを特徴とするものである。
【0005】
【作用】裏機構盤を遊技盤収納枠体側に押圧して閉じると、遊技盤の裏面に取り付けてある入賞球集合カバー部材が裏機構盤の開口窓部に臨んで中央遊技装置の後端部が開口窓部の主要機能領域内に余裕をもって納まる。そして、裏機構盤を回動して開くと、開口窓部の自由端側に位置する側辺が中央遊技装置の後端部に当ることなく通過して所望角度まで開くことができる。
【0006】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面にもとづいて説明する。図1は代表的な遊技機であるパチンコ機の正面図であり、図2はその上部の背面図である。このパチンコ機1は、機枠2に対して開閉可能に蝶着した額縁状前面枠3の裏面に金属製の遊技盤収納枠体4を固定し、該遊技盤収納枠体4内に遊技盤5を装着して前面枠3の窓部を裏側から塞ぎ、遊技盤収納枠体4の裏側に上タンク6,導出樋7,球排出機構8等の裏機構部品を設けた裏機構盤9を遊技盤収納枠体4に対して開閉可能な状態で軸着してある。
【0007】遊技盤5の表面にはガイドレール10やサイドケース11等の区画部材により囲んだ遊技部12を形成し、該遊技部12内のほぼ中央に特別図柄表示装置,普通図柄表示装置,普通電動役物等の中央遊技装置13を、その下方に電気的遊技装置の1つであって球の受入状態を電気的に変換する大入賞口14を、その他の遊技部12内に一般入賞口15,風車16,始動口17,チャッカ等の遊技装置を配設し、遊技部12内の左右に電飾装置の一種であるサイドランプ18を取り付け、区画部材の外側近傍にリーチランプ19,打止ランプ20等の各種電飾装置を取り付けてある。また、遊技盤5の裏面には大入賞口14,一般入賞口15,始動口17などの入賞口手段の裏面主要部域、即ち入賞球出口を覆い、該遊技盤5裏面との間を球が流下し得る一定間隔を保持して各入賞球出口からの入賞球を回収する入賞球集合カバー部材21を設ける。そして、上記した中央遊技装置13は、表示面等の前面部分が遊技部12に臨んで後端部分が入賞球集合カバー部材21の開口部22を貫通して裏機構盤9の導出樋7の背面側側壁より後方に突出した状態で取り付けられている。
【0008】入賞球集合カバー部材21は、図3に示すように、遊技盤5裏面に対して平行に延在して遊技盤5裏面よりも小さな平面部23と該平面部23の左右側縁に形成した側面部24とを有し、前面が開放したプラスチック製の部材であり、平面部23には中央遊技装置13を挿通する開口部22を開設してある。この開口部22は中央遊技装置13の後方部分が挿通するので後方部分の外形よりも大きく設定することは勿論であるが、入賞球集合カバー部材21の背面側に突出する中央遊技装置13の後方部分と開口部22の開口縁との間に生じる隙間の寸法を球径(実施例では11mm)よりも小さく設定してある。なお、入賞球集合カバー部材21の横幅は、遊技盤収納枠体4の開口部の大きさよりも少し小さく設定し、遊技盤収納枠体4内に遊技盤5を装着すると、入賞球集合カバー部材21が遊技盤収納枠体4の開口部の殆どを塞ぐようにしてある。
【0009】裏機構盤9は、遊技盤収納枠体4背面のほぼ全面を覆う大きさのプラスチック製の枠状体であり、遊技盤5裏面と所定間隔を保持して遊技盤5裏面に平行な垂直方向に延在する基板25を形成し、該基板25に対して直交する壁部26を一側に2箇所間隔を空けて2箇所前方に突出する状態で形成するとともに、他側にも間隔を空けて2箇所前方に突出する状態で形成し、一側の外側に位置する壁部26(図2及び図3中右側)から軸着部27を上部と下部の2箇所突設してある。なお、他側に形成した壁部26間の空間は配線を収納する配線収納部28として機能するので、内側に向けて爪部29を形成してある。
【0010】上記基板25には入賞球集合カバー部材21が臨む範囲にほぼ矩形の開口窓部30を開設し、該開口窓部30の上方の基板25背面に上タンク6を装着するとともに、該上タンク6から球を導出する導出樋7を僅かに傾斜させた状態で横方向に装着し、導出樋7の傾斜下端が位置する開口窓部30の一側に球排出機構8を装着してある。即ち、裏機構盤9には、導出樋7及び球排出機構8を略倒L字状に配置し、これら導出樋7および球排出機構8の内側に入賞球集合カバー部材21の後端が臨む開口窓部30を開設する。
【0011】開口窓部30は、図2に示すように、開口窓部30の左右方向の中央よりも自由端側に設定した仮想区画線Lよりも軸着側に位置して中央遊技装置13の後端部分が余裕をもって臨む大きさに設定した主要機能領域31と、少なくとも裏機構盤9軸着側と対向する開口窓部30の側辺(図2中左側開口縁)と主要機能領域31との間であって且つ入賞球集合カバー部材21に対応する範囲、即ち上記仮想区画線Lよりも自由端側に位置して入賞球集合カバー部材21の側縁よりも軸着側に位置する大きさに設定した補助機能領域32とにより構成されており、開口縁には後方に向けて屈曲縁部33を形成してある。したがって、裏機構盤9は開口窓部30という大きな開口部を有していても、壁部26及び屈曲縁部33が補強材として機能し、充分な剛性を確保することができる。
【0012】上記した開口窓部30の補助機能領域32は、主要機能領域31に臨む予め予想される最大の中央遊技装置13の後端部が裏機構盤9を開放する際に当らない大きさに設定する。即ち、裏機構盤9の回動中心(軸着部27の軸の中心)から入賞球集合カバー部材21の遠い方の端部までの距離をR0とすると、上記回動中心から開口窓部30の自由端側開口縁である補助機能領域32側端部までの距離R1をR0以下(R1≦R0)に設定し、上記回動中心から中央遊技装置13の最遠部分までの距離R2をR1よりも小さく(R2<R1)設定する。但し、中央入賞装置は遊技部12のほぼ中央に配設しないと美観が損なわれるばかりでなく、打球が障害釘に当って方向を変換しながら流下する有効遊技領域が左右に大きく偏って遊技の興趣を減殺してしまうので、R2はR0の半分以上(R2≧R0/2)とする。
【0013】上記した構成からなる裏機構盤9の自由端を遊技盤収納枠体4裏面側に押圧して閉めると、図2及び図3中実線で示すように、中央遊技装置13の後端部分が開口窓部30の主要機能領域31内に位置する状態となり、止着具34により止着するとこの閉塞状態を維持する。
【0014】そして、万一トラブルが発生して裏機構盤9を開く場合には止着具34を解除し、図3中点線で示すように、自由端側を手で手前に引くことにより軸着部27を中心にして裏機構盤9を回動して開放する。この時に開口窓部30の自由端側の側辺の軌跡は、中央遊技装置13の後端部分に当ることなく開く。したがって、中央遊技装置13が大型であっても、保守点検作業や遊技盤5の交換作業を行なう場合に、何等支障なく裏機構盤9を開放して作業を容易に行なうことができ、作業効率を向上させることができる。
【0015】また、図2及び図3に示す実施例においては、中央遊技装置13等を制御するための遊技盤制御装置35を開口窓部30の補助機能領域32内に位置する状態で入賞球集合カバー部材21の背面に取り付けてある。そして、この遊技盤制御装置35は裏機構盤9の開閉時における開口窓部30の側辺の軌跡の内側(回動中心側)に位置する状態で配置してある。換言すれば、回動中心から遊技盤制御装置35の最遠部分までの距離R3を、回動中心から開口窓部30の自由端側開口縁である補助機能領域32側端部までの距離R1よりも小さく(R3<R1)設定する。
【0016】この様にして遊技盤制御装置35を補助機能領域32内に配設すると、裏機構盤9を開閉する際に開口窓部30の側辺が遊技盤制御装置35に当ることがないので遊技盤5の交換作業や保守点検作業等に支障がないし、中央遊技装置13をはじめとする電気的遊技装置やサイドランプ18等の被制御部品と遊技盤制御装置35との間を接続する配線の長さの短縮化を図ることができ、これにより配線部分からのノイズ浸入を低減することができ、さらには裏機構盤9開閉時の配線の着脱作業の削減及び断線トラブルの減少を可能とすることができる。そして、中央遊技装置13と遊技盤制御装置35とはリード線を介して接続することなく、図2及び図3に示すように、コネクタCにより直接接続することも可能であり、これで電源の供給及び制御信号の接続が可能となり、配線構造の簡素化を図ることができる。また、遊技盤5を交換する際に、遊技盤5を遊技盤収納枠体4に装着するだけで電源ラインの接続を別途行なう必要がなくなり、作業能率の向上に大きく寄与することができる。
【0017】また、図4に示す第2の実施例においては、中央遊技装置13等を制御するための遊技盤制御装置35を裏機構盤9の開口窓部30の下方の基板25背面に取り付け、この遊技盤制御装置35と遊技装置とをカプラーやコネクタ等のコネクタ手段36を介して接続する配線分配盤37を開口窓部30の補助機能領域32内に位置する状態で入賞球集合カバー部材21の背面に取り付けてある。そして、この配線分配盤37は裏機構盤9の開閉時における開口窓部30の側辺の軌跡の内側(回動中心側)に位置する状態で配置してある。換言すれば、回動中心から遊技盤制御装置35の最遠部分までの距離R4を、回動中心から開口窓部30の自由端側開口縁である補助機能領域32側端部までの距離R1よりも小さく(R4<R1)設定する。なお、配線分配盤37は高さ(入賞球集合カバー部材21背面取付状態での後方への突出長さ)が一般的に小さいので、補助機能領域32に配設するために特別な設計変更を行なうことなく、市販の汎用品を用いることができ、しかも端子数の多いものを用いることができる。
【0018】この様にして配線分配盤37を補助機能領域32内に配設すると、裏機構盤9を開閉する際に開口窓部30の側辺が配線分配盤37に当ることがないので遊技盤5の交換作業や保守点検作業等に支障がない。また、遊技内容の複雑化により遊技装置自体若しくは遊技装置に装着される電気部品の増加に伴って遊技盤制御装置35と遊技装置を直接接続せずに途中にコネクタ手段により配線を分配する配線分配盤37を設ける必要が生じてくるが、この配線分配盤37を補助機能領域32に取り付けることができ、遊技盤5裏面スペースの有効利用が図られるし、補助機能領域32は配線分配盤37の大きさよりも遥かに広いので端子数の多い大型配線分配盤37であっても何等支障なく取付可能である。
【0019】次に、図5及び図6に示す第3の実施例について説明すると、本実施例では裏機構盤9の開口窓部30の自由端側の開口縁部である補助機能領域32の自由端側の縁を構成している基板25の一部を開口窓部閉塞部材38として縦方向の軸39で軸着し、この軸39を中心にして前方又は後方に回動可能としたものである。即ち、中央遊技装置13の後方端部の突出量に対応して裏機構盤9の開閉時における開口窓部30の側辺の軌跡を可変可能な開口窓部閉塞部材38を開口窓部30に装着したものである。
【0020】したがって、図5中実線で示すように、開口窓部閉塞部材38を隣接する基板25と面一にして裏機構盤9を閉じておくと、既に説明した実施例と同様に機能し、このまま裏機構盤9を開くと開口窓部30の自由端側開口縁、即ち補助機能領域32の自由端側開口縁が中央遊技装置13の後端部分に当ってしまうような場合でも、図5中点線で示すように、開口窓部閉塞部材38を軸39を中心にして前方に折り曲げると、裏機構盤9を回動したときの開口窓部30の側辺の軌跡の半径を拡大することができる。
【0021】このため、図5に示すように、後方に大きく突出する中央遊技装置13を遊技盤5に装着しても、開口窓部閉塞部材38を設けてあれば、この開口窓部閉塞部材38を裏機構盤9を開く前に回動しておけば中央遊技装置13の後端部との干渉を回避することができる。したがって、入賞球集合カバー部材21からの突出量が特に大きな中央遊技装置13の装着も何等支障なく装着することが可能となり、また、補助機能領域32に対応する入賞球集合カバー部材21の背面に設ける配線分配盤37や遊技盤制御装置35が突出量の大きなもであっても取付可能となる。
【0022】なお、開口窓部30を単に大きく開口するだけでは内部に球が入ることがあり、不正行為の温床となる虞れ生じるが、開口窓部閉塞部材38を回動可能に装着すれば、球が内部に入ることもなくなり、不正行為を未然に防止できる。したがって、開口窓部閉塞部材38の回動方向は前方にのみ回動可能とすることが望ましい。
【0023】また、前記した実施例は代表的な遊技機であるパチンコ機について説明したが、本発明は、パチンコ機に限定されるものではなく、球を使用する遊技機であればどのような遊技内容或は構造の遊技機であっても良く、例えばアレンジボール式遊技機などでもよい。
【0024】
【発明の効果】以上説明したように本発明によれば、裏機構盤の開口窓部を、中央遊技装置の後端部分が余裕を持って臨む大きさに設定された主要機能領域と、少なくとも裏機構盤軸着側と対向する開口窓の側辺と該主要窓領域との間であり、且つ入賞球集合カバー部材に対応する範囲に設定された補助機能領域とにより構成したので、遊技内容が複雑で後端部分が大型の中央遊技装置を装着した場合であっても、裏機構盤を開閉する際に開口窓部が中央遊技装置の後端部分に当るなどの支障がない。したがって、遊技盤5の交換作業やメンテナンス作業など裏機構盤を開閉して行なう作業を容易に効率良く行なうことができ、特に大型中央遊技装置を装着した場合には入賞球集合カバー部材に対応する範囲の補助機能領域の開口窓部があることが上記効果を発揮する上で顕著である。また、開口窓部に補助機能領域を形成したことにより、補助機能領域に対応する範囲の入賞球集合カバー部材の背面側に遊技盤制御装置を配設することができ、裏機構盤を開閉するときの開口窓部の側辺の軌跡の内側までの大きさであれば裏機構盤を開閉しても遊技盤制御装置に当ることがないので遊技盤の交換作業や保守点検作業等に支障がない。遊技盤制御装置の大きさは設計次第で上記範囲に充分納まるので、実際には遊技盤制御装置の設置スペースを創成したことと同じ価値がある。そして、補助機能領域に対応する範囲の入賞球集合カバー部材の背面側に遊技盤制御装置を配設すると、中央遊技装置をはじめとする電気的遊技装置やサイドランプ等の被制御部品と遊技盤制御装置との間を接続する配線の長さの短縮化を図ることができ、これにより配線部分からのノイズ浸入を低減することができ、さらには裏機構盤開閉時の配線の着脱作業の削減及び断線トラブルの減少を可能とすることができる。また、補助機能領域に対応する範囲の入賞球集合カバー部材の背面側に配線分配盤を配設すると、裏機構盤を開閉する際に開口窓部の側辺が配線分配盤に当ることがないので遊技盤の交換作業や保守点検作業等に支障がない。また、遊技内容の複雑化により遊技装置自体若しくは遊技装置に装着される電気部品の増加に伴って遊技盤制御装置と遊技装置を直接接続せずに途中にコネクタ手段により配線を分配する配線分配盤を設ける必要が生じても、この配線分配盤を補助機能領域に取り付けることができ、遊技盤裏面スペースの有効利用が図られるし、補助機能領域は配線分配盤の大きさよりも遥かに広いので端子数の多い大型配線分配盤であっても何等支障なく取付可能である。したがって、遊技内容の更なる複雑化にも対応することができる。更に、開口窓部の自由端側に開口窓部閉塞部材を回動可能に装着すると、開口窓部閉塞部材を軸を中心にして折り曲げることにより、裏機構盤を回動したときの開口窓部の側辺の軌跡の半径を拡大することができる。このため、後方に大きく突出する中央遊技装置を遊技盤に装着しても、開口窓部閉塞部材を裏機構盤を開く前に回動しておけば中央遊技装置の後端部との干渉を回避することができる。したがって、入賞球集合カバー部材からの突出量が特に大きな中央遊技装置の装着も何等支障なく装着することが可能となり、また、補助機能領域に対応する入賞球集合カバー部材の背面に設ける配線分配盤や遊技盤制御装置が突出量の大きなもであっても取付可能となる。そして、開口窓部を単に大きく開口するだけでは内部に球が入ることがあり、不正行為の温床となる虞れ生じるが、開口窓部閉塞部材を回動可能に装着すれば、球が内部に入ることもなくなり、不正行為を未然に防止できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013