米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> スポ−ツ;娯楽 -> 株式会社ソフィア

発明の名称 封入球式遊技機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−39628
公開日 平成7年(1995)2月10日
出願番号 特願平5−185141
出願日 平成5年(1993)7月27日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】荒船 博司 (外1名)
発明者 新山 吉平 / 伊東 広司
要約 目的
遊技機の電源が遊技中に停電等で落ちても、遊技機に表示されている遊技データを継続的に保持して、表示しておくことができる封入球式遊技機を提供することを目的とする。

構成
封入球式遊技機に挿入されたカードは、カードリーダ・ライタ30によって有価価値データが読み取られ、有価価値データ表示制御部33を経てLCD21に有価価値データを表示する。また、カードリーダ・ライタ30によって読み取られた有価価値データは、遊技価値データ変換部31で遊技価値データに変換されて、定量表示制御部32を経てLCD21に遊技価値データが表示される。LCD21は、自発分極を有する強誘電性液晶パネルで構成されているため、停電等で電源が落ちても、メモリ特性により停電発生前までの表示内容が保持されるため、遊技者は停電等によって遊技データが消えたかのような印象を受けず、安心して遊技を再開することができる。
特許請求の範囲
【請求項1】遊技機本体内に所定数の遊技球が封入され、遊技機に入力される有価価値データを遊技可能な遊技価値データに変換する変換手段と、その遊技価値データに基づいて前記封入された遊技球を遊技領域内に発射して遊技を行うとともに、前記遊技領域を経た遊技球を回収して発射位置に導くことで封入された遊技球を循環使用する遊技手段と、その遊技結果が特定の利益状態あるいはそれ以外の状態かを判定する判定手段と、各状態に応じて遊技者の利益を増減させて遊技者の利益を清算する清算手段と、前記遊技者の利益の増減に関わる遊技データを逐次表示する表示手段とを有する封入球式遊技機において、前記表示手段が、自発分極を有する強誘電性液晶を封入した液晶表示パネルで構成されていることを特徴とする封入球式遊技機。
【請求項2】前記表示手段には、前記有価価値データと前記遊技価値データとを画面上に表示するようにしたことを特徴とする請求項1記載の封入球式遊技機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、封入球式遊技機に係わり、特に、内部に封入した遊技球を循環使用しながら所定の遊技を行って、その遊技結果を示すデータを表示部上に表示するようにした封入球式遊技機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の封入球式遊技機は、例えば、金銭価値に対応する有価価値データが記録されたカード、あるいは、カード及び遊技球を用いて遊技を行う封入球式パチンコ遊技機がある。この封入球式パチンコ遊技機は、所定数(例えば、約20個程度)の遊技球が内部に封入されており、遊技者がカードを挿入したり、遊技球を投入することによって、前記カードに記録された有価価値データや投入された遊技球の数に応じた遊技価値データ(遊技可能な球数)が封入球式遊技機の前面部に設けられた表示部に可視表示される。そして、遊技者が遊技を開始すると、封入された遊技球(以下、封入球ともいう)が遊技領域内に1個ずつ順次発射されて落下する途中で所定の遊技が行われる。また、この落下した封入球は、機器内に回収されて再度発射装置へ導かれることにより、この封入球が循環使用されて遊技が実行される。
【0003】そして、前述した封入球の発射時点では、前記表示部に表示された遊技可能な球数を示す遊技価値データから”1”が減算されるとともに、その結果に基づいて表示部の表示が更新される。また、前記遊技領域内を落下する封入球に対しては、入賞球か否かが判定され、入賞と判定された場合に、その設定された賞球数を遊技価値データの表示部に表示された球数に加算するとともに、その結果に基づいて、球数表示器の表示が更新されるようになっている。遊技者は、このように表示部に表示された遊技価値データにより、現在の持ち球数の確認、ならびにその増減状況を確認するようになっている。
【0004】この種の封入球式遊技機、例えば、封入球式パチンコ遊技機としては、特開昭63ー302870号公報、あるいは、特開平5ー31222号公報に記載のものなどがある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このような従来の封入球式遊技機にあっては、上記表示部に表示される有価価値データや遊技価値データがLED(Light Emitting Diode) やLCD(Liquid Crystal Display) などのセグメント表示によってデータが表示されている。ところが、営業中に停電があったり、何らかの理由で個別の遊技台の電源が落されると、上記表示部に表示されていた表示が一旦消えてしまうため、遊技者側から見ると、今まで保持されていた有価価値データや遊技価値データが消去されたかのように錯覚してしまうという問題があった。
【0006】実際には、上記遊技データがカード側に逐次書き込まれているので、停電時までのデータはカード側に保存されており、再度電源がオンされた時に、そのカードに保存されている情報を読み出して表示するため、遊技データが誤って表示されることはない。
【0007】しかし、遊技者は、停電等で表示が消えるまでに表示されていた遊技データを正確に覚えている人は少なく、再度表示されたデータが正しい表示であるか否かを確認する術がないため、遊技店側との間でトラブルが生じる恐れがあった。
【0008】本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであって、遊技中に停電等で電源が切れてしまった場合でも、遊技機に表示されていた有価価値データや遊技価値データ等の表示内容を継続的に表示して、遊技者に停電時まで表示していた遊技データを保持することのできる封入球式遊技機を提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するため、請求項1記載の封入球式遊技機は、遊技機本体内に所定数の遊技球が封入され、遊技機に入力される有価価値データを遊技可能な遊技価値データに変換する変換手段と、その遊技価値データに基づいて前記封入された遊技球を遊技領域内に発射して遊技を行うとともに、前記遊技領域を経た遊技球を回収して発射位置に導くことで封入された遊技球を循環使用する遊技手段と、その遊技結果が特定の利益状態あるいはそれ以外の状態かを判定する判定手段と、各状態に応じて遊技者の利益を増減させて遊技者の利益を清算する清算手段と、前記遊技者の利益の増減に関わる遊技データを逐次表示する表示手段とを有する封入球式遊技機において、前記表示手段が、自発分極を有する強誘電性液晶を封入した液晶表示パネルで構成されていることにより、上記目的を達成している。
【0010】この場合、例えば、請求項2に記載するように、前記表示手段には、前記有価価値データと前記遊技価値データとを画面上に表示することが有効である。
【0011】
【作用】請求項1記載の封入球式遊技機では、遊技者に対して逐次データ内容が変更されて表示される遊技データが、自発分極を有する強誘電性液晶が封入された液晶表示パネルで構成される表示部で表示するようにしたため、停電時等に遊技機の電源が落ちても、強誘電性液晶が有するメモリ特性により、停電直前まで表示されていた表示内容を保持するとともに、再度電源がオンされた後も支障なく遊技データの表示を継続して行うことができる。
【0012】請求項2記載の封入球式遊技機では、表示部に有価価値データと遊技価値データの両方の遊技データが表示され、停電時でも遊技者のカード残金額と、これに対応する使用可能な遊技球数の両方が表示手段の画面上に保持されるため、遊技者は停電後の遊技再開時に、安心して遊技することができる。
【0013】
【実施例】以下、本発明の一実施例について、図1〜図7を参照して説明する。
【0014】図1は、本実施例に係る封入球式遊技機の正面図である。本実施例の封入球式遊技機は、有価価値データが記録されたカードを用いて遊技を行うものである。図2は図1のA−A線断面図である。
【0015】まず、図1の封入球式遊技機1における遊技手段は、遊技店の島側に設置する設置枠となる機枠2と、その機枠2の垂直方向の一辺に回動可能に取り付けられた前面枠3と、この前面枠3の下方で、機枠2に、前面枠3と同様に回動可能に取り付けられた前面パネル4と、前面枠3の内側に装着された遊技盤5と、前面枠3に開閉可能に取り付けられ、遊技盤5の前面を覆うガラス板6aを備えたガラス支持枠6とで構成されている。
【0016】次いで、遊技手段の詳細な構成を説明すると、前記前面パネル4の裏面側には、前面枠3によって支持され、図示しない遊技球(封入球)を発射する発射装置7が設けられているとともに、この発射装置7における遊技球の発射方向に沿って発射レール8が設けられている。さらに、発射レール8の上方には、この発射レール8上を走行する遊技球を検出するための発射球検出部9が設けられている。
【0017】そして、遊技盤5の前面には、発射レール8の延長線上に配置されるとともに湾曲形成されて、発射レール8を介して送りだされる遊技球を、遊技盤5の前面に形成されている略円形状の遊技領域G内へ誘導するガイドレール10が取り付けられている。
【0018】また、遊技盤5の略中央には、変動表示ゲームを行うための特別図柄表示装置11が取り付けられており、この特別図柄表示装置11の下方には、遊技領域G内を落下する遊技球の通過ないしは入賞によって、前記特別図柄表示装置11における変動表示ゲームを開始させるためのゲーム開始信号を出力する変動表示ゲーム開始センサ(図示省略)が設けられた始動口12が設けられている。
【0019】さらに、前記遊技領域Gの下部には、大入賞口13が設けられており、この大入賞口13は、前記特別図柄表示装置11の変動表示停止時における表示結果が、設定されたある特定の表示となった場合に、前記遊技領域G内を落下する遊技球が入賞しやすい特別遊技状態に移行し、また、前記表示結果が特定の表示以外の場合には、遊技球の入賞を阻止する一般遊技状態に保持されるようになっている。
【0020】一方、前記遊技盤5には、前述した諸装置以外に、前記特別図柄表示装置11の両側部には、入賞口14が設けられており、これらの入賞口14に、前記遊技球の入賞を検出する入賞球検出センサ(図示省略)が設けられている。
【0021】また、図1中の符号15は、前記遊技領域Gの外周縁部に取り付けられた装飾ランプであって、変動表示ゲームが開始されたとき、あるいは、特別遊技状態に至った際に点灯ないしは点滅させられるようになっている。
【0022】そして、前面パネル4の前面には、有価価値データが記録されたカードが挿入されるカード挿入口16が形成されており、このカード挿入口16は、前記前面パネル4の裏面側に配置された図示しないカードリーダ・ライタへ連通されて、挿入されるカードをカードリーダ・ライタへ誘導するようになっている。
【0023】また、このカード挿入口16の下方には、操作パネル17が設けられており、この操作パネル17の中央部には、表示手段としての表示部18が形成されており、その表示部18の左側には、操作部19が設けられている。
【0024】そして、前記表示部18には、図2に示すように、前面パネル4と操作パネル17とによって略斜め上方に向けられた状態で取り付けられた支持部材20を介して、液晶表示装置(LCD:Liquid crystal Display) 21が取り付けられている。
【0025】表示手段である液晶表示装置21は、本実施例において、例えば、カイラルスメクティックC液晶で代表される自発分極を示す液晶材料からなる強誘電性液晶(FLC:Ferroelectric Liquid Crystal) が用いられている。この強誘電性液晶は、外部電界がない場合でも分極があるため(自発分極)、加える電界の方向によって自発分極の向きを反転させることができるとともに、液晶分子の方向を一方向に揃えることもできる。このため、強誘電性液晶を用いたLCDは、電界を加えながら駆動制御を行っている最中に電界を切っても、電界を切るまでの液晶分子の配向状態が保たれ、それまでの表示内容を保持することができる。これは、強誘電性液晶のメモリ特性と呼ばれている。そして、液晶表示装置21の表示面は、複数に分割されており、図1に示すように、その表示部18の略中央上部が遊技価値データを数値表示する定量表示部22であり、この定量表示部22の右隣が、前記カードからカードリーダ・ライタによって読み込まれた有価価値データを数値表示する有価価値データ表示部23となっている。この強誘電性液晶ディスプレイは、ドットマトリクス型ディスプレイあるいはセグメント型ディスプレイ(例えば、7セグメント)で構成することができ、これによって上記数値データをデジタル表示することができる。
【0026】そして、図3は、封入球式遊技機の遊技データの表示機構を示す構成ブロック図である。
【0027】図3において、カードリーダ・ライタ30は、遊技者がカード挿入口16から挿入し、カードに記録されているデータを読み出したり、カードに対して更新されたデータを書き込んだりする。このカードには、所定の金銭価値に相当する有価価値データが記録されており、遊技中に遊技球の消費数あるいは賞球数に応じて、最初の有価価値が増減する。変換手段である遊技価値データ変換部31は、カードに残っている有価価値データを遊技に使用できる遊技球数に相当する遊技価値データに変換するものである。この変換された遊技価値データは、定量表示制御部32によりLCDの表示制御が行われて、強誘電性液晶表示装置21にデジタル数値で表示される。また、カードリーダ・ライタ30は、有価価値データ表示制御部33が接続されており、LCDの表示制御を行ってカードに記録されている有価価値データを強誘電性液晶表示装置21にデジタル数値で表示させる。
【0028】そして、上記した発射球を検出する発射球検出部9と、後述する清算手段としての清算スイッチ24や変換(購入)スイッチ25及び入賞球に対する賞球数の設定を行う賞球設定部29とが上記遊技価値データ変換部31にそれぞれ接続されている。また、この遊技価値データ変換部31は、上記した発射球検出部9や変換(購入)スイッチ25及び賞球設定部29からのデータに基づいて、遊技中における遊技者の利益状態を判定する判定手段をも兼ねている。
【0029】上記の精算スイッチ24及び変換スイッチ25は、図1に示す操作パネル17の表示部18の左側の操作部19に設けられている。そして、これらの各スイッチ24、25の下方には、遊技を中断する際の中断スイッチ26が設けられている。
【0030】また、図1に示す操作パネル17の下方に設けられた操作ハンドル27は、遊技球の発射の強さを調整するものであり、図2に示す保護カバー28は、表示部18を覆って保護する透明な樹脂カバーで構成されている。
【0031】図4は、本実施例の封入球式遊技機に用いる強誘電性液晶パネルの断面図である。
【0032】図4に示すように、強誘電性液晶パネル34は、2枚のガラス基板35、36が微細間隔を隔てて対向配置されており、その対向面には、それぞれ透明電極37、38が形成されるとともに、さらにその上の対向面には、それぞれ絶縁膜39、40を介して配向膜41、42が形成されている。そして、この配向膜41、42は、液晶分子を配向させるポリビニルアルコール(PVA:Poly VinyleAlcol)やポリイミド系樹脂で構成されており、ラビングなどによる配向膜処理が施される。スペーサ43は、ガラス基板35、36のギャップの均一性を確保するものであり、直径1.5μmの球体状に形成されている。そして、ガラス基板35、36の間に封入される強誘電性液晶層44は、安定性の面で良好なエステル系の混合組成物からなる強誘電性液晶を用いている。また、この強誘電性液晶層44をガラス基板間に封止するシール材45には、エポキシ樹脂が用いられている。図4に示す液晶表示パネルは、ドットマトリクス型ディスプレイであって、各画素単位で液晶分子の配向を変えて文字、数字、記号、グラフィック等の種々のデータを表示することが可能である。
【0033】また、本実施例では、上記したドットマトリクス型ディスプレイ以外に、同じく強誘電性液晶を用いたセグメント型ディスプレイを使って上記の有価価値データや遊技価値データをデジタル数値で表示することもできる。
【0034】図5は、セグメント電極を用いた強誘電性液晶表示装置の概略構成を示す図である。図5に示すように、液晶表示パネル46は、対向配置された2枚のガラス基板47、48の間には、上記と同様にエステル系の混合組成物からなる強誘電性液晶が封入されている。そして、この強誘電性液晶を駆動する対向配置された透明電極は、コモン電極50とセグメント電極51とで構成され、ここでは7セグメントの数字表示パターンを使って0〜9までの数字を表示することができる。また、上記ガラス基板47、48の外周縁部には、シール材52、53が配置されており、液晶材料を封止している。そして、本実施例の液晶表示パネル46のガラス基板47、48の外側には、偏光板54、55が設けられている。
【0035】上記した液晶表示パネル46のコモン電極50と各セグメント電極(ここでは7つのセグメント電極で構成されている)51には、基本駆動回路56からの出力端子が接続されている。この基本駆動回路56には、クロックパルス(A)とデータパルス(B)とが入力される。クロックパルス(A)は、コモン電極50に印加されるとともに、ノア回路とアンド回路の一方の入力端子に入力され、データパルス(B)は、ノア回路とアンド回路の他方の入力端子に入力される。そして、上記したノア回路とアンド回路の出力は、別のノア回路の入力端子にそれぞれ入力されて出力(C)となり、セグメント電極51に入力される。
【0036】本実施例では、強誘電性液晶表示パネルをスタティック駆動により表示駆動するものである。
【0037】図6は、各点における信号波形と液晶駆動波形とを示す線図である。
【0038】図6に示すように、クロックパルス(A)は、液晶駆動に必要な交流波形を生成するための一定周期(ここでは、数百Hz程度の駆動周波数)のクロックパルスを使用している。データパルス(B)は、表示の点灯と非点灯を決めるオン・オフ信号を入力するものである。そして、その出力(C)は、図7に示す真理値表に示す結果となり、非表示時にはクロックパルス(A)と同相の信号が出力され、表示時には逆相の信号が出力されることになる。したがって、コモン電極50に印加されるクロックパルス(A)と、セグメント電極51に印加される出力(C)とにより駆動される液晶表示パネル46の液晶駆動波形は、非点灯時と点灯時とで図6に示すような波形となる。このようにして、図5に示す7セグメントからなる各透明電極を駆動させることにより、0〜9までの数字を液晶表示するものである。図5では、「3」を表示した例を示すものである。
【0039】次に、このように構成された本実施例の作用について以下説明する。
【0040】図1に示すように、遊技者によってカードがカード挿入口16に挿入されると、このカードに記録されている有価価値データが図3に示すカードリーダ・ライタ30によって読み込まれる。そして、その読み込まれた情報は、遊技価値データ変換部31へ出力されるとともに、有価価値データ表示制御部33へも出力されて、有価価値データ表示制御部33がLCD21を表示制御する。この有価価値データは、図1に示す表示部18の有価価値データ表示部23に表示され、前記読み込まれた有価価値データに対応する数値データ(購入可能金額あるいはそれに相当する度数、本実施例においては、図1に示すように5000円に相当する”50”)が表示される。
【0041】これより、遊技者が変換スイッチ25を操作することによって遊技球の購入の指示がなされると、その信号が遊技価値データ変換部31へ出力されて、この遊技価値データ変換部31において、前記購入額が予め読み込まれている前記有価価値データの範囲内であることを条件として、所定の変換率に基づいて遊技価値データに変換した後、その信号を定量表示制御部32へ出力する。
【0042】そして、定量表示制御部32においては、前述した遊技価値データの情報に基づいた駆動信号がLCD21へ出力され、これによって、図1に示す表示部18の定量表示部22に、遊技可能な持球数(図示例では、200球を示す”200”)が数値表示される。
【0043】一方、このような購入操作がなされた時点で、前記遊技価値データ変換部31により、初期に読み込まれた購入可能金額に基づく有価価値データから、購入に費やされた金額に基づく有価価値データを減算した新たな有価価値データが作成され、この新たな有価価値データに基づく信号が、カードリーダー・ライタ30へ出力されて、挿入されているカードの有価価値データの書き換えが行われる。また、この新たな有価価値データに基づき、カードリーダー・ライター30から有価価値データ表示制御部33へ表示更新の信号が出力され、この表示更新の信号に基づいて、有価価値データ表示制御部33からLCD21へ駆動信号が出力されて、その有価価値データ表示部23における表示が更新されて、減算された新たな購入可能金額(度数)が表示される。
【0044】以上の諸動作によって、遊技可能状態となり、遊技者による操作ハンドル27の操作によって、遊技球が発射されて遊技が開始される。
【0045】次に、遊技が開始されると、遊技領域Gへ発射された遊技球は、発射球検出部9によってその数が継続して検出され、その発射球の数の情報が、前記遊技価値データ変換部31へ出力される。
【0046】一方、遊技領域G中を落下する遊技球のうち、賞球の払い出しを条件として設けられている始動口12や入賞口14、あるいは、特別遊技状態である場合には、前記大入賞口13へ入賞した遊技球が、それぞれの入賞口に設けられている図示しない入賞球検出部によって検出されるとともに、順次計数が行われ、その入賞球数が、前記賞球設定部29へ出力される。
【0047】ここで、入賞球の計数が”0”である場合には、遊技価値データ変換部31において、発射球の発射毎に、遊技価値データの前置データから減算され、その情報が前記定量表示制御部32へ出力されることにより、定量表示部22における数値が順次”1”ずつ減算表示される。
【0048】このように、封入球式遊技機の場合は、賞球の払い出しに実球を用いないため、残存遊技球数を把握することが難しいが、本実施例のように、表示部18に数値データとして常に現在における収支状態がデジタル数値表示で正確に表示されるので、遊技者はこの表示を見ながら遊技を行うことができる。
【0049】一方、遊技中に入賞球が生じた場合は、その入賞球数が前述したように賞球設定部29へ入力され、この賞球設定部29において、1個の入賞球に対する設定された賞球数に基づいた賞球数が算出されて、その算出結果が前記遊技価値データ変換部31へ出力され、この遊技価値データ変換部31において、排出されるべき賞球数が、遊技価値データの前置データに加算されて更新される。
【0050】そして、この更新された遊技価値データに基づく信号が、遊技価値データ変換部31から、定量表示制御部32へそれぞれ出力され、この信号に基づく駆動信号が定量表示部22へ出力されて表示が更新される。
【0051】遊技が終了して、精算スイッチ24が操作されると、遊技終了時点における遊技価値データが遊技価値データ変換部31によって有価価値データに変換されるとともに、その情報がカードリーダ・ライタ30へ出力され、このカードリーダ・ライタ30において、挿入されているカードの有価価値データが、遊技終了時点における有価価値データに更新され、その後、このカードがカードリーダ・ライタ30からカード挿入口16を経て封入球式遊技機1の外へ排出される。
【0052】また、上記したようなカード処理操作が終了すると、操作パネル17の表示部18における表示が全て消去されるか、あるいは、これらの表示の内、定量表示部22および有価価値データ表示部23の表示が、それぞれ”0”を表示するようにする。
【0053】以上述べたように、本実施例に係る封入球式遊技機は、強誘電性液晶を用いて液晶表示装置21が構成されているため、遊技中に停電があった場合でも強誘電性液晶のメモリ特性によって、それまで表示されていた有価価値データや遊技価値データの表示内容が継続的に保持される。これによって、遊技者は停電中にカードの遊技データが消去されたり、変容してしまうという印象がなくなって、停電後も安心して遊技を再開することができる。
【0054】なお、本発明において使用される液晶材料は、上記実施例で使用したものに限定されず、自発分極を有するメモリ特性を備えた種々の強誘電性液晶を用いることができる。
【0055】また、上記実施例において示した各構成部材の諸形状や寸法等は一例を示すものであって、設計要求等に基づき種々変更することが可能である。
【0056】さらに、封入球式遊技機として、可変表示ゲームを行うような構成のものを例示したが、遊技内容に限定されるものではない。
【0057】
【発明の効果】以上説明したように、請求項1記載の発明によれば、遊技者に対して逐次データ内容が変更されて表示される遊技データが、自発分極を有する強誘電性液晶を封入した液晶表示パネルからなる表示部で表示するようにしたので、停電時等に遊技機の電源が落ちても、強誘電性液晶の有するメモリ特性によって、停電直前まで表示されていた表示内容が保持され、再度電源がオンされた後も支障なく遊技データ表示の更新を行うことができる。したがって、本発明の封入球式遊技機は、停電等によって遊技機の電源が落ちた場合でも、遊技者に対して遊技データが変容したのではないかという不安を与えることを無くすことができる。
【0058】請求項2記載の発明によれば、表示部に有価価値データと遊技価値データとの両方の遊技データを表示するため、遊技者のカード残金額と、これに対応した使用可能な遊技球数の両方のデータが停電時でも表示部の画面上に保存され、遊技者は停電後の遊技再開時に、安心して遊技することができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013