米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 電気掃除機のコード巻取り装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−39501
公開日 平成7年(1995)2月10日
出願番号 特願平5−192139
出願日 平成5年(1993)8月3日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】松村 修治 (外2名)
発明者 徳田 剛 / 加藤 賢二 / 村田 吉隆 / 森下 和久
要約 目的
コードを巻取る際にコードが床面を跳ねて、使用者に当たって怪我をすることを無くし、安全性の向上を図る。

構成
掃除機本体20に形成されたコード28を引き出す出口部34に電磁アクチュエーター36の駆動部37と連動するコードリールガイド35を設けて、ある一定時間の間隔でコード28とコードリールガイド35とがしゅう動したり、また非接触になるようにし、コードの巻き込み速度を減速してある一定速度を越えないようにする。
特許請求の範囲
【請求項1】 モータファンとコードリールを内蔵するモータ室と、モータファン前方の集塵室とで構成される本体ケースの後方に、前記コードリールを構成するコードの出口を形成し、前記出口にはある一定時間の間隔で前記コードと接離するゴムなどの可撓性材料で形成されたしゅう動部を具備する減速装置を設けた電気掃除機のコード巻取り装置。
【請求項2】 コードリールを構成するコードに複数個のコードストッパーを設け、前記コードストッパーは中央部が最大で両端に向かって略円錐状で、かつ前記コードストッパーは摩擦係数の大きい材質と小さい材質で構成し、本体側に摩擦係数の大きい材質を配設した電気掃除機のコード巻取り装置。
【請求項3】 本体ケースの後方に形成したコードの出口部に、ゴムなどの可撓性材質から成るリップ状のコードガイドを設け、前記コードガイドはその側面部にコードが接触しゅう動出来るように構成し、かつ前記コードガイドは本体外側は摩擦係数の大きい材質でその反対側は摩擦係数の小さい材質で形成した電気掃除機のコード巻取り装置。
【請求項4】 本体ケースにスプリングによってコードリールに巻かれたコードと接触しゅう動出来る可撓性材料から成るしゅう動部を具備した減速装置を本体ケース内に設けた電気掃除機のコード巻取り装置。
【請求項5】 本体ケース後方に前記コードリールを構成するコードの出口を形成し、前記コードリールの回転回数を検知する回転検知装置と、前記出口に位置させて前記コードと接触しゅう動できるように配置したゴムなどの可撓性材料で形成されたしゅうどう部を具備した減速装置とを設け、前記減速装置は回転検知装置と電気的に連動する電気掃除機のコード巻取り装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、一般家庭において利用する電気掃除機のコード巻取り装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、この種の電気掃除機は、図13〜図15に示すような構成が一般的であった。
【0003】すなわちモータファン1とコードリール2を内蔵したモータ室3と、その前方に集塵室4で本体5を構成し、前記コードリール2は、コード6と前記コードリール2の駆動源であるゼンマイバネ7、ブレーキ8、コードリールボタン9、コードリールシャフト10により構成されている。また、前記コードリールボタン9はスプリング11によってふせいしていると供に、コードリール2と隔壁12に固定されている。
【0004】上記構成により、コード6を引き出すことにより、ゼンマイバネ7が巻かれ円筒状のブレーキ8がコードリール2と隔壁12との間に挟まって、コードリール2が固定される。ブレーキ8はコードリールボタン9と連動しており、スプリング11によって固定されている。
【0005】そして、使用者が掃除し終わった時、コードリールボタン9を押すことにより、コードリール2と隔壁12の間に挟まっていたブレーキ8が外れて、巻かれたゼンマイバネ7の元に戻ろうとする力でコードリール2が、コードリールシャフト10を中心にして勢い良く回転して、コード6を巻き込むものであった。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】このような従来の構成においては、コードが巻かれる際、勢い良くコードリールが回転するために、コードが巻き込まれる速度が非常に早く、コードが床面との間で跳ねてしまい、その結果使用者に当たって怪我をするという危険性があった。
【0007】本発明は、上記課題を解決するもので、掃除機使用後にコードを巻き込む時、本体に設けた減速装置、あるいはコードに設けたコードストッパーなどによってコードリールの回転速度を減速してコードの巻き込まれる速度を低下させる事によってより安全性の高い電気掃除機を提供するものである。
【0008】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明はモータファンとコードリールを内蔵するモータ室と、モータファン前方の集塵室とで構成される本体ケースと、前記本体ケース後方に前記コードリールを構成するコードの出口を形成しており、前記出口にはある一定時間の間隔で前記コードとしゅう動したり、また非接触になるように配置したゴムなどの可撓性材料で形成されたしゅうどう部を具備した減速装置を設けたものである。
【0009】また、コードリールを構成するコードに複数個のコードストッパーを設け、前記コードストッパーは中央部が最大で両端に向かって略円錐状になっており、かつ前記コードストッパーは摩擦係数の大きい材質と小さい材質で構成されており、本体側に摩擦係数の大きい材質になるようにしたものである。
【0010】また、本体ケースの後方に形成したコードの出口部にゴムなどの可撓性材質から成るリップ状のコードガイドを設け、前記コードガイドはその側面部にコードが接触しゅう動出来るように構成し、かつ前記コードガイドは本体外側は摩擦係数の大きい材質でその反対側は摩擦係数の非常に小さい材質で形成したものである。
【0011】また、本体ケースにスプリングによってコードリールに巻かれたコードと接触しゅう動出来る可撓性材料から成るしゅう動部を具備した減速装置を本体ケース内に設けられたものである。
【0012】また、本体ケース後方に前記コードリールを構成するコードの出口を形成しており、前記コードリールの回転回数を検知する回転検知装置と、前記出口に位置させて前記コードと接触しゅう動できるように配置したゴムなどの可撓性材料で形成されたしゅうどう部を具備した減速装置とを設け、前記減速装置は回転検知装置と電気的に連動してなるものである。
【0013】
【作用】上記の構成により、コードが巻き込まれた時、コードリールに設けた減速装置、又はコードに設けたコードストッパーによって、コードリールの回転速度を減速してコードの巻き込まれる速度を低下させることができるので、コードの巻き込まれる速度が必要以上に速くなることがなくなり、コード巻き込み時の安全性の向上が図れるものである。
【0014】
【実施例】以下、本発明の第1の実施例について図1〜図5に基づき説明する。
【0015】20は、モータファン21とコードリール22を内蔵するモータ室23と、その前方に集塵室24を設けた本体で、前記コードリール22は、隔壁25に固定されている。コードリール22は、コードリールシャフト26と、プラグ27を設けたコード28、ゼンマイバネ29、コードリールブレーキ30、コードリールボタン31を形成したブレーキレバー32、及び、前記ブレーキレバー32をふせいしているスプリング33で構成されている。
【0016】前記コードリール22の後方部の本体20には、コード28を引き出す出口部34が形成されており、この出口部34に、コード28に対向して上下方向にコードリールガイド35が設けられている。さらにこのコードリールガイド35は電磁アクチュエーター36の駆動部37と連動している。またこの電磁アクチュエーター36はコードリールボタン31と電気的に接続されており(図示せず)、ある一定時間上下に駆動するようになっている。
【0017】次に、この実施例の構成における作用を説明する。掃除機を使用するとき、コード28を引き出すと、ゼンマイバネ29が巻かれ、円筒状のコードリールブレーキ30が、コードリール22と隔壁25の間に挟まった状態となって、コードリール22が回転しないように固定されている。前記コードリールブレーキ30と連動したブレーキレバー32はスプリング33によってふせいされている。
【0018】そして、掃除が終わった時に、コードリールボタン31を押すと、ブレーキレバー31が押され、ブレーキレバー31と連動したブレーキ30が隔壁25とコードリール22の間から外れ、ゼンマイバネ29の元に戻ろうとする力でコードリール22が勢い良く回転して、コード28を巻き込むことになる。
【0019】この時、コードリール22の回転し始めの時がゼンマイバネ29が一番多く巻かれた状態なのでもっとも回転速度が速くなり、勢い良くコード28が巻き込まれる。
【0020】この時、コードリールボタン31と電気的に接続された電磁アクチュエーター36がある一定時間上下に動作する。従って電磁アクチュエーター36の駆動部37に設けられたコードリールガイド35が、コード28をある一定時間間隔で挟み込むことになり、その結果コード28を挟み込んだときにはコード28表面とコードリールガイド35の摩擦抵抗でコード28の巻き込まれる速度が低下する。また、コードガイド35が上に動作した場合は、コード28の巻き込まれる速度が早くなる。この動作を繰り返すことによってコード28が巻き込まれる速度が低下するものである。
【0021】従って、本実施例によれば、コード28の巻き込みをある一定速度以下で巻き込むことができるので、コード28が床面から跳ねて使用者に当たって怪我をさせることは無く、安全性を著しく向上できるものである。
【0022】次に、本発明の第2の実施例について説明する。図6〜図7の実施例では、コード28の外周に複数個のコードストッパー38が設けられており、コードストッパー38は、その中央部で最外径となり両端で径が小さくなる略円錐形をしており、さらにコードストッパー38のプラグ27側(A部)は摩擦係数の小さな材質で形成し、その反対側(B部)は摩擦係数の大きな材質で形成している。ここでコードストッパー38の最外径寸法はコードガイド35間の寸法より大きくなっている。
【0023】次に、この実施例の構成における作用を説明する。掃除機を使用する時、コード28を引き出す際にコードストッパー38のA部がコードガイド35に当たるが、A部の摩擦係数が非常に小さいので小さな力で引き出せる。また、掃除が終わってコード28を巻き込む時は、コードリールボタン31を押すと、コードリールブレーキ30が外れてゼンマイバネ29の力で勢い良くコード28が巻き込まれようとするが、コードストッパー38の摩擦係数の大きい材質で形成されたB部がコードガイド35と接触しゅう動することによって、コード28が巻き込まれる速度が低下する。コードストッパー38が複数個設けられているので速度は徐々に低下して巻き込まれる。
【0024】次に本発明の第3の実施例について説明する。図8〜図9において、本体20に設けられた出口部34に弾性のある可撓性材料から成るリップ39を設け、このリップ39の内側は摩擦係数の非常に小さな材質(A部)で、その反対側は摩擦係数の比較的大きい材質(B部)で形成されているものである。コード28はこのリップ39と常に接触しゅう動出来る寸法に設定されている。
【0025】次に、この実施例の構成における作用を説明する。掃除機を使用する時、コード28を引き出す際には図8の実線で示すように摩擦係数の小さなリップ39のA部がコード28と接触しゅう動するので軽い力でコードを引き出せる。また掃除が終わってコード28を巻き込む時は、コードリールボタン31を押すと、コードリールブレーキ30が外れてゼンマイバネ29の力で勢い良くコード28が巻き込まれようとするが、今度は破線で示すように摩擦係数の大きなリップ39のB部がコード28と接触しゅう動するのでブレーキがかかりコード28の引き込まれる速度が低下する。
【0026】次に本発明の第4の実施例について説明する。図10において、コードリール22に巻かれたコード28に対向した本体20の内部にスプリング40でふせいされた摩擦係数の大きなしゅう動部41を持つ減速機42が設けられている。
【0027】次に、この実施例の構成における作用を説明する。掃除が終わってコード28を巻き込む時は、コードリールボタン31を押すと、コードリールブレーキ30が外れてゼンマイバネ29の力で勢い良くコード28が巻き込まれようとするが、コード28が巻き込まれるにしたがって図10のA寸法が次第に大きくなってくる。従ってコード28と接触している可撓性材料からなるしゅう動部41はスプリング40でコード28に押し付けられているので、その力は徐々に大きくなってきてコードリール22の回転力が低下し、その結果コード28が巻き込まれる速度が低下してくる。
【0028】次に本発明の第5の実施例について説明する。図11〜図12において、コードリール22の後方部の本体20にはコード28を引き出す出口部34が形成されており、この出口部34にコード28に対向して上下方向にコードリールガイド35が設けられている。さらにこのコードリールガイド35は電磁アクチュエーター36の駆動部37と連動している。またこの電磁アクチュエーター36はコードリールの外周に設けられた回転検知機43と電磁スイッチ44に接続されている。
【0029】次に、この実施例の構成における作用を説明する。掃除が終わってコード28を巻き込む時は、コードリールボタン31を押すと、コードリールブレーキ30が外れてゼンマイバネ29の力で勢い良くコード28が巻き込まれようとするが、この時回転検知機43がコードリール22の回転数を検知し、例えば3回転したとき(コードリールは約5回程度予巻きされている場合)に電磁スイッチ44が働き電磁アクチュエーター36を駆動させて駆動部37に設けられたコードガイド35がコード28を挟み込んでコード28が巻き込まれる速度を低下させる。
【0030】
【発明の効果】以上のように本発明は、コードの巻き込み速度を減速させることができるので、ある一定速度以下で巻き込むことが可能となり、コードが床面から跳ねて使用者に当たって怪我をさせることは無く、安全性の向上を図ることができるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013