米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 電気掃除機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−39490
公開日 平成7年(1995)2月10日
出願番号 特願平5−192138
出願日 平成5年(1993)8月3日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】松村 修治 (外2名)
発明者 石橋 崇文 / 加藤 賢二 / 徳田 剛 / 村田 哲 / 村田 吉隆
要約 目的
大きなごみを吸ったとき、回転ブラシを吸い込み室内の上部または前部へ移動させることによって床ノズルの吸込口前方の空間及び床面直上の空間が広くして障害をなくする。

構成
手元操作部に設けたスイッチ41の信号を移動手段43に伝えると、移動手段43のモータ21が回転ブラシ11を前方に移動させる方向に回転し、プーリー23と第1のギア24と第2のギア26とベルト27との噛み合いで回転ブラシ11を移動させる。
特許請求の範囲
【請求項1】 塵埃を吸引する吸い込み室内に前後移動自在に設けた回転ブラシと、前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記回転ブラシを移動させるためのスイッチと、前記スイッチにより前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する電気掃除機。
【請求項2】 塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと、前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記床ノズルに設けた振動を検知する振動検知手段と、前記振動検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する電気掃除機。
【請求項3】 塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと、前記回転ブラシを移動させる移動手段と、前記回転ブラシを回転駆動する電動機を有する床ノズルと、前記電動機の電流を検知する電流検知手段と、前記電流検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する電気掃除機。
【請求項4】 塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと、前記回転ブラシを移動させる移動手段と前記吸い込み室内に設けた物体を検知する物体検知手段を有する床ノズルと、前記物体検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する電気掃除機。
【請求項5】 塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと、前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記回転ブラシを移動させるためのスイッチと、前記スイッチにより前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する電気掃除機。
【請求項6】 塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと、前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記床ノズルに設けた振動を検知する振動検知手段と、前記振動検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する電気掃除機。
【請求項7】 塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと、前記回転ブラシを移動させる移動手段と、前記回転ブラシを回転駆動する電動機を有する床ノズルと、前記電動機の電流を検知する電流検知手段と、前記電流検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する電気掃除機。
【請求項8】 塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと、前記回転ブラシを移動させる移動手段と前記吸い込み室内に設けた物体を検知する物体検知手段を有する床ノズルと、前記物体検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する電気掃除機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、家庭用電気掃除機もしくは産業用電気掃除機に関するものである。
【0002】
【従来の技術】図14は従来の電気掃除機の概略構成図を示すものであり、図15は従来の電気掃除機の床ノズルの概略構成図を示すものである。
【0003】図14において、1は掃除機本体であり、2はホースであり、3は掃除機の動作を手元で操作する手元操作部であり、4は床面に接して塵埃を吸引する床ノズルであり、5は床ノズル4とホース2をつなぐ延長パイプである。図15において、6は電動機であり、7は電動機6のシャフトであり、8はベルトであり、円環状になっている。9はベルト8を通して電動機6からの動力を受けるギアであり、10は吸い込み室であり、11は吸い込み室10内に設置された回転することで床面上の塵埃を巻き上げる回転ブラシであり、12は回転ブラシ11の回転軸であり、ギア9と回転ブラシ11は回転軸12をとうして接続されている。13は回転ブラシ11のブレードであり、柔軟性のある樹脂からなっており、14は吸込口であり、15は床ノズル本体である。
【0004】以上のように構成された床ノズルについて説明する。手元操作部3にて回転ブラシ11が動作するよう操作すると、電動機6のシャフト7が回転し、この回転がベルト8の動作を通してギア9を回転させる。ギア9と吸い込み室10内に設置された回転ブラシ11はギア9が回転することで回転軸12を回転の中心として同回転数で回転する。回転ブラシ11が回転することで回転ブラシ11のブレード13が絨毯等の植毛された床面上の深層まで入りこんだ塵埃を巻き上げ、塵埃は吸込口14へと吸い込まれ、延長パイプ5、ホース2を経由して掃除機本体1へと送られる。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら上記従来の構成では、大きなごみが吸い込み室10内にはいると、大きなごみは回転ブラシ11が障害となって吸込口14へと吸い込まれず、また回転ブラシ6が回転している時は回転ブラシ11が巻きこみ、回転ブラシ11のブレード13や床ノズル本体15を損傷するという欠点を有していた。
【0006】本発明は上記従来の問題点を解決するものであり、大きなごみを吸う時、または吸い込み室内に大きなゴミが入った時、ゴミを吸い込む障害とならないよう回転ブラシを移動する電気掃除機を提供することを目的としている。
【0007】
【課題を解決するための手段】この目的を達成するために本発明の電気掃除機は、以下のような構成としたものである。
【0008】第1の手段として、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記回転ブラシを移動させるためのスイッチと、前記スイッチにより前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する構成としている。
【0009】第2の手段として、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記床ノズルに設けた振動を検知する振動検知手段と、前記振動検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する構成としている。
【0010】第3の手段として、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段と、前記回転ブラシを回転駆動する電動機を有する床ノズルと、前記電動機の電流を検知する電流検知手段と、前記電流検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する構成としている。
【0011】第4の手段として、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段と前記吸い込み室内に設けた物体を検知する物体検知手段を有する床ノズルと、前記物体検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する構成としている。
【0012】第5の手段として、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記回転ブラシを移動させるためのスイッチと、前記スイッチにより前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する構成としている。
【0013】第6の手段として、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記床ノズルに設けた振動を検知する振動検知手段と、前記振動検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する構成としている。
【0014】第7の手段として、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段と、前記回転ブラシを回転駆動する電動機を有する床ノズルと、前記電動機の電流を検知する電流検知手段と、前記電流検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する構成としている。
【0015】第8の手段として、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段と前記吸い込み室内に設けた物体を検知する物体検知手段を有する床ノズルと、前記物体検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を有する構成としている。
【0016】
【作用】上記のように構成された本発明は、以下のように作用する。
【0017】第1の手段において、手元操作部を操作するとその信号を受けた制御手段は移動手段に手元操作部からの回転ブラシを前方に移動させるよう出力し、移動手段が回転ブラシを吸い込み室内の前部へ移動させることによって床ノズルの吸込口前方の空間が広くなり、大きなゴミを吸い込むことができる。
【0018】第2の手段では、制御手段は振動検知手段の出力を入力しており、回転ブラシの回転時に吸い込み室内に大きなゴミが入り、回転ブラシがゴミを巻き込み床ノズルの振動が通常より大きくなると、制御手段は回転ブラシが障害になっていると判定して移動手段に回転ブラシを前方に移動させるよう出力し、移動手段が回転ブラシを吸い込み室内の前部へ移動させることによって床ノズルの吸込口前方の空間が広くなり、大きなゴミを床ノズルの吸込口に吸い込むことができる。
【0019】第3の手段では、制御手段は電流検知手段の出力を入力しており、回転ブラシの回転時に吸い込み室内に大きなゴミが入り、回転ブラシがゴミを巻き込み回転ブラシを駆動する電動機の電流に乱れが生じると、制御手段は回転ブラシが障害になっていると判定して移動手段に回転ブラシを前方に移動させるよう出力し、移動手段が回転ブラシを吸い込み室内の前部へ移動させることによって床ノズルの吸込口前方の空間が広くなり、大きなゴミを床ノズルの吸込口に吸い込むことができる。
【0020】第4の手段では、吸い込み室内に設置された物体検知手段は吸い込み室内の大きなゴミの有無を監視しており、物体検知手段の出力を入力とする制御手段は物体検知手段が大きなゴミを検知すると、回転ブラシが障害とならないよう移動手段に回転ブラシを前方に移動させるよう出力し、移動手段が回転ブラシを吸い込み室内の前部へ移動させることによって床ノズルの吸込口前方の空間が広くなり、大きなゴミを床ノズルの吸込口に吸い込むことができる。
【0021】第5の手段では、手元操作部を操作するとその信号を受けた制御手段は移動手段に回転ブラシを吸い込み室内の上部に移動させるよう出力し、移動手段が回転ブラシを吸い込み室内の上部へ移動させることによって吸い込み室内の床面直上の空間が広くなり障害がなくなるので、大きなゴミを吸い込むことができる。
【0022】第6の手段では、制御手段は振動検知手段の出力を入力しており、回転ブラシの回転時に吸い込み室内に大きなゴミが入り、回転ブラシがゴミを巻き込み床ノズルの振動が通常より大きくなると、制御手段は回転ブラシが障害になっていると判定して移動手段に回転ブラシを吸い込み室内の上部に移動させるよう出力し、移動手段が回転ブラシを吸い込み室内の上部へ移動させることによって吸い込み室内の床面直上の空間が広くなり障害がなくなるので、大きなゴミを床ノズルの吸込口に吸い込むことができる。
【0023】第7の手段では、制御手段は電流検知手段の出力を入力しており、回転ブラシの回転時に吸い込み室内に大きなゴミが入り、回転ブラシがゴミを巻き込み回転ブラシを駆動する電動機の電流に乱れが生じると、制御手段は回転ブラシが障害になっていると判定して移動手段に回転ブラシを吸い込み室内の上部に移動させるよう出力し、移動手段が回転ブラシを吸い込み室内の上部へ移動させることによって吸い込み室内の床面直上の空間が広くなり障害がなくなるので、大きなゴミを床ノズルの吸込口に吸い込むことができる。
【0024】第8の手段では、吸い込み室内に設置された物体検知手段は吸い込み室内の大きなゴミの有無を監視しており、物体検知手段の出力を入力とする制御手段は物体検知手段が大きなゴミを検知すると、回転ブラシが障害とならないよう移動手段に回転ブラシを吸い込み室内の上部に移動させるよう出力し、移動手段が回転ブラシを吸い込み室内の上部へ移動させることによって吸い込み室内の床面直上の空間が広くなり障害がなくなるので、大きなゴミを床ノズルの吸込口に吸い込むことができる。
【0025】
【実施例】以下、その実施例を添付図面を参照して説明する。尚、従来と同一部分については同一符号を付し、説明を省略する。
【0026】図1は本発明の第1の実施例における電気掃除機の床ノズルの平面図であり、図2はその側面図であり、図3はその正面図であり、図4はその動作のブロック図である。図において、41は手元操作部のスイッチであり、42はスイッチ41の出力により回転ブラシ11の移動を制御する制御手段であり、43は制御手段42よりの出力を入力して回転ブラシ11を移動させる移動手段である。21はモータであり、22はモータ21の回転軸であるシャフトであり、23はシャフト22に設けられてシャフト22と共に回転する歯車状のプーリーであり、24は歯車形状の第1のギアであり、25は床ノズル本体15に固定された第1のギア24の回転軸であり、26は回転ブラシ11の回転軸12に設けた第2のギアであり、27は内側が歯形状のベルトであり、これらで移動手段43を構成している。28は回転ブラシ11の上下の動きを制限するための制限手段であり、回転軸12の回転動作の支障にならないようにして回転軸12に設けてある。
【0027】以上のように構成された電気掃除機について説明する。手元操作部に設けたスイッチ41により回転ブラシ11を上方へ移動するよう操作すると、制御手段42がその信号を入力して移動手段43のモータ21を回転ブラシ11を前方へ移動するような方向へ回転動作させる。プーリー23と第1のギア24と第2のギア26の歯形はベルト27の歯形と噛み合っており、モータ21のシャフト22と共にプーリー23が回転すると、プーリー23と第1のギア24にかけられているベルト27がシャフト22と回転軸25を2つの軸として動作し、ベルト27は図2中の矢印aで示す方向に動き、第2のギア26はベルト27を転がるように前方へと動き出し、共に回転ブラシ11も前方へと移動する。制御手段42がある一定期間だけモータ21を動作させることにより、位置で回転ブラシ11を固定しておくことができる。回転ブラシ11を通常の位置に戻すには同様にスイッチ41で操作してモータ21を逆転すれば良い。
【0028】以上のように本実施例では、手元操作部に設けたスイッチ41と、スイッチ41からの信号により回転ブラシ11の移動を制御する制御手段42と、回転軸22にプーリー23を有するモータ21と、回転軸25を有する第1のギア24と、回転ブラシ11の回転軸12上に設けた第2のギア26とベルト27から構成される移動手段43を設けることにより、大きなゴミを吸い込もうとするとき、手元操作部のスイッチ操作にて回転ブラシ11を吸い込み室10内の前部へ移動させることによって床ノズル4の吸込口前方の空間が広くなり、大きなゴミを吸い込むことができる。
【0029】以下本発明の第2の実施例について図面を参照しながら説明する。図5は本発明の第2の実施例における電気掃除機の動作のブロック図である。図5において51は振動検知手段であり、図4の構成と異なるのは手元操作部のスイッチ41を床ノズル4に設けた振動検知手段51と置き換えた点である。以上のように構成された電気掃除機について図1、図2、図3、図5を用いて説明する。尚、第1の実施例と同一の部分については説明を省略する。回転ブラシ11が通常の位置にて回転動作しており、吸い込み室10内に大きなゴミが入ってくると、大きなゴミは吸い込まれず回転ブラシ11に巻き込まれてしまう。このとき、床ノズル本体15の振動は大きくなる。床ノズル4に設けた振動検知手段51は床ノズル4の振動を信号として制御手段42に常に出力しており、制御手段42は入力される振動の信号が通常動作のレベルである時は回転ブラシ11を通常の位置に起き、ある大きさ以上になると吸い込み室10内に大きなゴミが入ってきて吸い込めないでいると判定して移動手段43のモータ21に信号を出力し、回転ブラシ11を前方へ移動させる。吸い込み室内の大きなゴミが除去されて床ノズル4の振動が通常に戻ると制御手段42の入力する信号もある大きさ以下となると、移動手段43のモータ21に出力し、回転ブラシ11を通常の位置へ移動させる。
【0030】以上のように本実施例によれば、床ノズル4に設けた振動を検知する振動検知手段51と、振動検知手段51からの信号により吸い込み室10内の大きなゴミの有無を判定して回転ブラシ11の移動を制御する制御手段42と、回転軸22にプーリー23を有するモータ21と、回転軸25を有する第1のギア24と、回転ブラシ11の回転軸12上に設けた第2のギア26とベルト27から構成される移動手段43を設けることにより、回転ブラシ使用時に、大きなゴミが吸い込み室10内に入ってきたとき、回転ブラシ11を吸い込み室10内の前部へ移動させることによって床ノズル4の吸込口の前方の空間が広くなり、自動的に大きなゴミを除去することができる。
【0031】以下本発明の第3の実施例について図面を参照しながら説明する。図6は本発明の第3の実施例における電気掃除機の動作のブロック図である。図6において61は電動機6の電流検知手段であり、図4の構成と異なるのは手元操作部のスイッチ41を電流検知手段61と置き換え電動機6の電流値を電流検知手段61の入力とした点である。
【0032】以上のように構成された電気掃除機について図1、図2、図3、図6、図7、図8、図12を用いて説明する。尚、第1の実施例と同一の部分については説明を省略する。電流検知手段61は電動機6に流れる電流値を入力として電流値の信号を出力している。
【0033】制御手段42は電流検知手段61からの信号を入力して、時間t1-t2間の信号値の差、t2-t3間の信号値の差とゆうように微小時間での信号値の大きさを比較して、ある一定周期(例えばt1-t3間)毎に電流の乱れを判定している。
【0034】回転ブラシ11が床面との接触により負荷を受けると電動機6の制御手段42の入力は図7に示すようになり、t1-t2間の信号値の差はあるがt2-t3間の信号値の差はないので電流に乱れはないと判定して、回転ブラシ11を通常の位置にしておく。回転ブラシ11が通常の位置にて回転動作しており、吸い込み室10内に大きなゴミが入ってくると、大きなゴミは吸い込まれず回転ブラシ11に巻き込まれてしまう。このとき、回転ブラシ11は断続的に負荷を受け、ベルト8を通して電動機6にも機械的な負荷がかかり、電動機6に流れる電流に乱れが生じる。電流に乱れが生じると図8に示すようになり、t1-t2間の信号値にも差があり、t2-t3間の信号値にも差が生ずるので電流に乱が生じていると判定して、回転ブラシ11を一定時間の間前方へ移動しておくように移動手段43のモータ21に出力する。
【0035】以上のように本実施例によれば、回転ブラシ11を回転駆動する電動機6の電流値を入力して電流の信号値を出力する電流検知手段61と、電流検知手段61からの信号により吸い込み室10内の大きなゴミの有無を判定して回転ブラシ11の移動を制御する制御手段42と、回転軸22にプーリー23を有するモータ21と、回転軸25を有する第1のギア24と、回転ブラシ11の回転軸12上に設けた第2のギア26とベルト27から構成される移動手段43を設けることにより、回転ブラシ使用時に、大きなゴミが吸い込み室内に入ってきたとき、回転ブラシ11を吸い込み室10内の前部へ移動させることによって床ノズル4の吸込口の前方の空間が広くなり、自動的に大きなゴミを除去することができる。
【0036】以下本発明の第4の実施例について図面を参照しながら説明する。図9は本発明の第4の実施例における電気掃除機の動作のブロック図であり、図10は床ノズルの概略構成図である。図9において91は物体検知手段である。92は発光素子であり、93は受光素子であり、94は発光素子92と受光素子93の電源であり、95は抵抗であり、これらで物体検知手段91を構成している。図4の構成と異なるのは手元操作部のスイッチ41を床ノズル4の吸い込み室10内に設けた物体検知手段91と置き換えた点である。図10において92は発光素子であり、93は受光素子である。
【0037】以上のように構成された電気掃除機について図1、図2、図3、図9、図10を用いて説明する。尚、第1の実施例と同一の部分については説明を省略する。発光素子92と受光素子93は吸い込み室10内の後方の両側面に互いに対向して設置されており、受光素子93は微小な塵埃には反応せずある大きさ以上のものに対して反応するように感度調整されている。発光素子92は常に発光しており、吸込室10内に大きなゴミがないときは、受光素子93は常に受光しており、図9中Aに示す点の電圧は零であり、制御手段42にはAに示す点の電圧を入力しており、一定時間以上Aに示す点の電圧が零である状態が続くと吸い込み室10内に大きなゴミがないことを判定して回転ブラシ11を通常の位置に置くように移動手段43のモータ21に信号を出力する。今、吸い込み室10に大きなゴミがあり、発光素子92より受光素子93の受け取る光を遮断すると、Aに示す点の電圧は電源94と同電圧となりこの状態が一定時間以上続くと制御手段42は吸い込み室10内に大きなゴミがあると判定し、回転ブラシ11を前方へ移動するように移動手段43に出力し、回転ブラシ11を前方へ移動させる。
【0038】以上のように本実施例によれば、吸い込み室内に設けた発光素子92と受光素子93を有する物体検知手段91と、物体検知手段91からの信号により吸い込み室内の大きなゴミの有無を判定して回転ブラシ11の移動を制御する制御手段42と、回転軸22にプーリー23を有するモータ21と、回転軸25を有する第1のギア24と、回転ブラシ11の回転軸上に設けた第2のギア26とベルト27から構成される移動手段43を設けることにより、回転ブラシ11の使用にかかわらず、大きなゴミが吸い込み室内に入ってきたとき、より確実に大きなゴミを検知して、回転ブラシ11を吸い込み室内の前部へ移動させることによって床ノズルの吸込口の前方の空間が広くなり、自動的に大きなゴミを除去することができる。
【0039】以下本発明の第5の実施例について図面を参照しながら説明する。図11は本発明の第5の実施例における電気掃除機の床ノズルの平面図であり、図12はその側面図であり、図13はその正面図であり、図4はその動作のブロック図である。図において、41は手元操作部のスイッチであり、42はスイッチ41の出力により回転ブラシ11の移動を制御する制御手段であり、43は制御手段42よりの出力を入力して回転ブラシ11を移動させる移動手段である。111はモータであり、112はモータ111の回転軸であるシャフトであり、113はシャフト112に設けてシャフト112と共に回転する歯車状のプーリーであり、114は歯車形状の第1のギアであり、115は床ノズル本体15に固定された第1のギア114の回転軸であり、116はプーリー113の回転動力を第1のギア114に伝達するための内側が歯形状の第1のベルトであり、117は歯車形状の第2のギアであり、118は床ノズル本体15に固定された第2のギア117の回転軸であり、119は回転ブラシ11の回転軸12に設けた第3のギアであり、120は内側が歯形状の第2のベルトであり、これらで移動手段43を構成している。121は回転ブラシ11の前後の動きを制限する制限手段である。
【0040】以上のように構成された電気掃除機について説明する。手元操作部に設けたスイッチ41により回転ブラシ11を上方へ移動するよう操作すると、制御手段42がその信号を入力して移動手段43のモータ111を回転ブラシ11を上方へ移動するような方向へ回転動作させる。プーリー113と第1のギア114の歯形状は第1のベルト116の歯形状と噛み合っており、モータ111のシャフト112と共にプーリー113が回転すると、プーリー113と第1のギア114にかけられている第1のベルト116がシャフト112と回転軸115を2つの軸として図12中の矢印aで示す方向に動き、第1のギア114も回転する。第1のギア114と第2のギア117と第3のギア119の歯形状は第2のベルト120の歯形状と噛み合っており、第1のギア114が回転すると、第1のギア114と第2のギア117にかけられている第2のベルト120が第1のギア114の回転軸115と第2のギア117の回転軸118を2つの軸として図12中の矢印bで示す方向に動き、第3のギア119は第2のベルト120を転がるように上方へと動き出し、共に回転ブラシ11も上方へと移動する。制御手段42がある一定期間だけモータ21を動作させることによりある位置で回転ブラシ11を固定しておくことができる。回転ブラシ11を通常の位置に戻すには同様にスイッチ41で操作してモータを逆転すれば良い。
【0041】以上のように本実施例では、手元操作部に設けたスイッチ41と、スイッチ41からの信号により回転ブラシ11の移動を制御する制御手段42と、回転軸22にプーリー23を有するモータ111と、回転軸115を有する第1のギア114と、第2のギア117と、回転ブラシ11の回転軸上に設けた第3のギア119と、第1のベルト116と第2のベルト120から構成される移動手段43を設けることにより、大きなゴミを吸い込もうとするとき、手元操作部のスイッチ操作にて回転ブラシ11を吸い込み室内の上部へ移動させることによって床ノズルの吸込口前方の空間及び床面直上の空間が広くなり、障害がなくなるので、大きなゴミを吸い込むことができる。
【0042】以下本発明の第6の実施例について図面を参照しながら説明する。図11は本発明の第6の実施例における電気掃除機の床ノズルの平面図であり、図12はその側面図であり、図13はその正面図であり、図5はその動作のブロック図である。図5において51は振動検知手段であり、図4の構成と異なるのは手元操作部のスイッチ41を床ノズル4に設けた振動検知手段51と置き換えた点で移動手段の構成が第2の実施例と異なるだけであるので説明を省略する。
【0043】以上のように本実施例では、床ノズル4に設けた振動を検知する振動検知手段51と、振動検知手段51からの信号により吸い込み室内の大きなゴミの有無を判定して回転ブラシ11の移動を制御する制御手段42と、回転軸22にプーリー23を有するモータ111と、回転軸115を有する第1のギア114と、第2のギア117と、回転ブラシ11の回転軸上に設けた第3のギア119と、第1のベルト116と第2のベルト120から構成される移動手段43を設けることにより、大きなゴミを吸い込もうとするとき、手元操作部のスイッチ操作にて回転ブラシ11を吸い込み室内の上部へ移動させることによって床ノズルの吸込口前方の空間及び床面直上の空間が広くなり、障害がなくなるので、自動的に大きなゴミを吸い込むことができる。
【0044】以下本発明の第7の実施例について図面を参照しながら説明する。図11は本発明の第7の実施例における電気掃除機の床ノズルの平面図であり、図12はその側面図であり、図13はその正面図であり、図6はその動作のブロック図である。図6において61は電流検知手段であり、図5の構成と異なるのは手元操作部のスイッチ41を電流検知手段61と置き換え電動機6の電流値を電流検知手段の入力とした点で移動手段の構成が第3の実施例と異なるだけであるので説明を省略する。
【0045】以上のように本実施例によれば、回転ブラシ11を回転駆動する電動機6の電流値を入力して電流の信号値を出力する電流検知手段61と、電流検知手段61からの信号により吸い込み室内の大きなゴミの有無を判定して回転ブラシ11の移動を制御する制御手段42と、回転軸22にプーリー23を有するモータ111と、回転軸115を有する第1のギア114と、第2のギア117と、回転ブラシ11の回転軸上に設けた第3のギア119と、第1のベルト116と第2のベルト120から構成される移動手段43を設けることにより、大きなゴミを吸い込もうとするとき、手元操作部のスイッチ操作にて回転ブラシ11を吸い込み室内の上部へ移動させることによって床ノズルの吸込口前方の空間及び床面直上の空間が広くなり、障害がなくなるので、自動的に大きなゴミを吸い込むことができる。
【0046】以下本発明の第8の実施例について図面を参照しながら説明する。図11は本発明の第8の実施例における電気掃除機の床ノズルの平面図であり、図12はその側面図であり、図13はその正面図であり、図9はその動作のブロック図である。図9において91は物体検知手段である。92は発光素子であり、93は受光素子であり、94は発光素子92と受光素子93の電源であり、95は抵抗であり、これらで物体検知手段91を構成している。図4の構成と異なるのは手元操作部のスイッチ41を床ノズル4の吸い込み室10内に設けた物体検知手段91と置き換えた点で移動手段の構成が第4の実施例と異なるだけであるので説明を省略する。
【0047】以上のように本実施例によれば、吸い込み室内に設けた発光素子92と受光素子93を有する物体検知手段91と、物体検知手段91からの信号により吸い込み室内の大きなゴミの有無を判定して回転ブラシ11の移動を制御する制御手段42と、回転軸22にプーリー23を有するモータ111と、回転軸115を有する第1のギア114と、第2のギア117と、回転ブラシ11の回転軸上に設けた第3のギア119と、第1のベルト116と第2のベルト120から構成される移動手段43を設けることにより、大きなゴミを吸い込もうとするとき、手元操作部のスイッチ操作にて回転ブラシ11を吸い込み室内の上部へ移動させることによって床ノズルの吸込口前方の空間及び床面直上の空間が広くなり、障害がなくなるので、自動的に大きなゴミを吸い込むことができる。
【0048】
【発明の効果】以上のように構成された本発明によれば、以下のような効果を奏する。
【0049】第1の手段によれば、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記回転ブラシを移動させるためのスイッチと、前記スイッチにより前記移動手段の動作を制御する制御手段を設けることにより、大きなゴミを吸い込もうとするとき、手元操作部のスイッチ操作にて吸込口前方の空間を広くして障害をなくし、大きなゴミを吸い込むことができる優れた電気掃除機を実現できるものである。
【0050】第2の手段によれば、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記床ノズルに設けた振動を検知する振動検知手段と、前記振動検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を設けることにより、回転ブラシ使用時に、大きなゴミが吸い込み室内に入ってきたとき、床ノズルの吸込口の前方の空間を広くして障害をなくし、自動的に大きなゴミを除去することができる優れた電気掃除機を実現できるものである。
【0051】第3の手段によれば、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段と、前記回転ブラシを回転駆動する電動機を有する床ノズルと、前記電動機の電流を検知する電流検知手段と、前記電流検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を設けることにより、回転ブラシ使用時に、大きなゴミが吸い込み室内に入ってきたとき、床ノズルの吸込口の前方の空間を広くして障害をなくし、自動的に大きなゴミを除去することができる優れた電気掃除機を実現できるものである。
【0052】第4の手段によれば、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた前後に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段と前記吸い込み室内に設けた物体を検知する物体検知手段を有する床ノズルと、前記物体検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を設けることにより、回転ブラシ使用に関わらず、大きなゴミが吸い込み室内に入ってきたとき、より確実に大きなゴミを検知して、床ノズルの吸込口の前方の空間を広くして障害をなくし、自動的に大きなゴミを除去することができる優れた電気掃除機を実現できるものである。
【0053】第5の手段によれば、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記回転ブラシを移動させるためのスイッチと、前記スイッチにより前記移動手段の動作を制御する制御手段を設けることにより、大きなゴミを吸い込もうとするとき、手元操作部のスイッチ操作にて吸込口前方の空間及び床面直上の空間を広くして障害をなくし、より確実に大きなゴミを吸い込むことができる優れた電気掃除機を実現できるものである。
【0054】第6の手段によれば、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段を有する床ノズルと、前記床ノズルに設けた振動を検知する振動検知手段と、前記振動検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を設けることにより、回転ブラシ使用時に、大きなゴミが吸い込み室内に入ってきたとき、床ノズルの吸込口の前方の空間及び床面直上の空間を広くして障害をなくし、自動的により確実に大きなゴミを除去することができる優れた電気掃除機を実現できるものである。
【0055】第7の手段によれば、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段と、前記回転ブラシを回転駆動する電動機を有する床ノズルと、前記電動機の電流を検知する電流検知手段と、前記電流検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を設けることにより、回転ブラシ使用時に、大きなゴミが吸い込み室内に入ってきたとき、床ノズルの吸込口の前方の空間及び床面直上の空間を広くして障害をなくし、自動的により確実に大きなゴミを除去することができる優れた電気掃除機を実現できるものである。
【0056】第8の手段によれば、塵埃を吸引する吸い込み室内に設けた上下に移動自在な回転ブラシと前記回転ブラシを移動させる移動手段と前記吸い込み室内に設けた物体を検知する物体検知手段を有する床ノズルと、前記物体検知手段の出力により前記移動手段の動作を制御する制御手段を設けることにより、回転ブラシ使用に関わらず、大きなゴミが吸い込み室内に入ってきたとき、より確実に大きなゴミを検知して、床ノズルの吸込口の前方の空間及び床面直上の空間を広くして障害をなくし、自動的により確実に大きなゴミを除去することができる優れた電気掃除機を実現できるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013