米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 炊飯器
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−39455
公開日 平成7年(1995)2月10日
出願番号 特願平5−190005
出願日 平成5年(1993)7月30日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 谷口 誠一 / 荒井 俊夫 / 櫻井 俊郎 / 佐藤 慎一 / 宮野 まさ代 / 新山 融 / 山本 美和 / 新山 浩次 / 河野 一典
要約 目的
炊飯器内で保温中のご飯の温度を所定時間内に所定温度だけ高めて炊きたての食味を有するご飯に仕上げることの出来る炊飯器を提供する。

構成
米と水を内鍋1に適正量セットし、炊飯の指令を行うと、炊飯制御手段4は加熱手段2を用いて温度検知手段3からの温度情報を得ながら設定れさた炊飯パターンに従い炊飯動作を実行する。炊飯が終了すると自動的に保温制御手段5は加熱手段2を用いて保温検知手段3からの温度情報を得ながらが設定された保温パターンに従い保温動作を実施する。ここで、再加熱の指令を行うと、再加熱制御手段6は加熱手段2を用いて温度検知手段3からの温度情報を得ながら設定された再加熱パターンに従い再加熱動作を実行する。
特許請求の範囲
【請求項1】米等を収容する内鍋と、前記内鍋を加熱する加熱手段と、前記内鍋の温度を検知する温度検知手段と、前記加熱手段を用いて設定された炊飯パターンに従い炊飯動作を実行する炊飯制御手段と、前記加熱手段を用いて設定された保温パターンに従い保温動作を実行する保温制御手段と、前記加熱手段を用いて設定された再加熱パターンに従い再加熱動作を実行する再加熱制御手段とを有し、前記再加熱制御手段は設定時間が経過すると再加熱動作を終了させ自動的に保温動作に移行するようにすると共に、前記設定時間内に前記温度検知手段により検知された温度がご飯の炊きたて温度に近い第一の設定温度に到達するとその時点で再加熱動作を終了させ保温動作に移行するようにした炊飯器。
【請求項2】米等を収容する内鍋と、前記内鍋を加熱する加熱手段と、前記内鍋の温度を検知する温度検知手段と、前記加熱手段を用いて設定された炊飯パターンに従い炊飯動作を実行する炊飯制御手段と、前記加熱手段を用いて設定された保温パターンに従い保温動作を実行する保温制御手段と、前記加熱手段を用いて設定された再加熱パターンに従い再加熱動作を実行する再加熱制御手段とを有し、前記再加熱制御手段は設定時間が経過すると再加熱動作を終了させ自動的に保温動作に移行するようにすると共に、前記設定時間内に、前記温度検知手段により検知された温度がご飯の炊きたて温度に近い第一の設定温度を超過している間、再加熱動作を休止し、保温動作を行う様にした炊飯器。
【請求項3】再加熱動作開始から設定時間内は保温表示素子を点滅させ、前記設定時間が経過すると前記保温表示素子を点滅から点灯に変え、報知手段により再加熱終了を報知する請求項1または2記載の炊飯器。
【請求項4】保温動作中であって、温度検知手段により検知された温度がご飯の保温温度より高い第二の設定温度未満で、かつ保温温度より低い第三の設定温度以上であるときにのみ再加熱動作を受け付け、前記温度検知手段により検知された温度が前記第二の設定温度以上または前記第三の設定温度未満の場合は報知手段により受け付けないことを報知する請求項1または2記載の炊飯器。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、一般家庭で使用される炊飯器に関するものである。
【0002】
【従来の技術】近年はマイクロコンピュータ(以降マイコンと呼ぶ)で制御された炊飯器が市場の主流となってきており、初めチョロチョロ中パッパ等、昔からいわれている理想的な炊飯が出来るように制御されている。また、炊飯が終了すると自動的に保温動作に移行するようになっている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、保温中のご飯の温度はJISによって約70℃程度に定められているため、保温中のご飯は炊きたてのご飯に比べると食味が良くないという問題点を有していた。
【0004】本発明は上記従来の問題点を解決するもので、簡易な構成で保温中のご飯をよりおいしく仕上げる炊飯器を提供することを目的とするものである。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために本発明は、米等を収容する内鍋と、前記内鍋を加熱する加熱手段と、前記内鍋の温度を検知する温度検知手段と、前記加熱手段を用いて設定された炊飯パターンに従い炊飯動作を実行する炊飯制御手段と、前記加熱手段を用いて設定された保温パターンに従い保温動作を実行する保温制御手段と、前記加熱手段を用いて設定された再加熱パターンに従い再加熱動作を実行する再加熱制御手段とを炊飯器に備え、前記再加熱制御手段は設定時間が経過すると再加熱動作を終了させ自動的に保温動作に移行するようにすると共に、前記設定時間内に前記温度検知手段により検知された温度がご飯の炊きたて温度に近い第一の設定温度に到達するとその時点で再加熱動作を終了させ保温動作に移行するようにしたものである。
【0006】また、本発明は前記設定時間内に前記温度検知手段により検知された温度がご飯の炊きたて温度に近い第一の設定温度を超過している間、再加熱動作を休止し、保温動作を行う様にしたものである。
【0007】
【作用】上記構成により、加熱手段を用いて設定された再加熱パターンに従い再加熱動作を実行する再加熱制御手段により再加熱動作を行うため設定時間後には炊きたてに近いあつあつのご飯が仕上がり、保温中のご飯もおいしくいただくことができる。
【0008】
【実施例】
(実施例1)以下、本発明の第1の実施例について、図1〜図5を参照しながら説明する。
【0009】図1において、1は米等を収容する内鍋、2は前記内鍋1を加熱する加熱手段、3は前記内鍋1の温度を検知する温度検知手段、4は前記加熱手段2を用いて設定された炊飯パターンに従い炊飯動作を実行する炊飯制御手段、5は前記加熱手段2を用いて設定された保温パターンに従い保温動作を実行する保温制御手段、6は前記加熱手段2を用いて設定された再加熱パターンに従い再加熱動作を実行する再加熱制御手段である。
【0010】次に、この構成における作用について説明する。米と水を内鍋1に適正量セットし、炊飯の指令を行うと、炊飯制御手段4は加熱手段2を用いて温度検知手段3からの温度情報を得ながら設定された炊飯パターンに従い炊飯動作を実行する。炊飯が終了すると自動的に保温制御手段5は加熱手段2を用いて温度検知手段3からの温度情報を得ながらが設定された保温パターンに従い保温動作を実行する。ここで、再加熱の指令を行うと、再加熱制御手段6は加熱手段2を用いて温度検知手段3からの温度情報を得ながら設定された再加熱パターンに従い再加熱動作を実行することにより、保温中のご飯を設定時間後には炊きたてに近いあつあつのご飯に仕上げることができる訳である。
【0011】ここで再加熱動作について図2を用いて更に詳細に説明する。図2(a)は温度検知手段による内鍋の温度が設定時間内に第一の設定温度に到達しない場合で、この時は設定時間の終了と共に再加熱動作を終了し、保温動作に移行する。図2(b)は温度検知手段による内鍋の温度が設定時間内に第一の設定温度に到達する場合で、この時は第一の設定温度に達すると同時に再加熱動作を終了し、保温動作に移行する。この設定時間は使用者の期待値から約5分以内に設定するのが望ましく、この間にご飯が炊きたてに近い温度になると共にご飯の過乾燥や焦げのない食味のよいご飯に仕上がるように第一の設定温度及び再加熱パターンを設計するのが望ましい。
【0012】本実施例においては、図3に示すように、炊飯動作から保温動作に移行すると炊飯表示素子は点灯状態から消灯状態に切り替わり、保温表示素子は消灯状態から点灯状態に切り替わる。ここで保温中に再加熱の指示を行うと、予め設定した設定時間内は保温表示素子は点滅状態となり、この表示により使用者は現在再加熱動作中であることを知ることができる。そして設定時間が終了すると保温表示素子は点滅状態から点灯状態に切り替わり、ブザー等の報知手段により再加熱の終了を使用者に知らせることができるものである。尚、この時のブザー報知方法は食べ頃であることを使用者に認知してもらうために炊飯終了報知と同じ報知方法にしておくことが望ましい。
【0013】図4は炊飯動作終了から保温動作中の温度検知手段による内鍋の検知温度と再加熱動作の受け付け領域との相関を示したものである。すなわち、炊飯終了直後の(a)〜(b)の領域は内鍋の検知温度が第二の設定温度より高いため再加熱動作を受け付けない。(b)〜(c)の領域は内鍋の検知温度が第二の設定温度より低く第三の設定温度より高いため再加熱動作を受け付ける。(c)〜(d)の領域は内鍋の検知温度が第二の設定温度より低く第三の設定温度より高いが保温取消指示により保温動作を停止しているので再加熱動作は受け付けない。(d)〜(e)の領域は保温動作中であり内鍋の検知温度が第二の設定温度より低く第三の設定温度より高いため再加熱動作を受け付ける。(e)〜(f)の領域は保温取消指示により保温動作を停止しているので再加熱動作は受け付けない。(f)〜(g)の領域は保温動作中であるが内鍋の検知温度が第三の設定温度より低いため再加熱動作を受け付けない。(g)以降の領域は保温動作中であり内鍋の検知温度が第二の設定温度より低く第三の設定温度より高いため再加熱動作を受け付ける。また再加熱を受け付けない領域において使用者が再加熱指示をキー操作により与えたときはブザー等の報知手段により報知することで、炊飯器が正常に作動していることを確認でき、再加熱しなくても充分温かいご飯の状態(内鍋の検知温度が第二の設定温度より高い状態)であるか、再加熱するにはご飯が冷えすぎていて時間がかかる状態(内鍋の検知温度が第三の設定温度より低い状態)であるということを知らせてくれるものである。尚、この時のブザー報知方法は再加熱終了を報知する場合と違って使用者に使用可能範囲外であることを警告する必要から、既存の報知方法と異なる報知方法(例えば、オン・オフ時間や回数を変えた方法)にすることが望ましい。
【0014】図5において、7は炊飯器が各種動作に移行する前の入力待ちの状態である待機モード、8は炊飯キー11の入力により移行し炊飯動作を実行する炊飯モード、9は炊飯モード8の終了と同時に自動的に移行するかまたは待機モード7から取消・保温キー12の入力により移行し保温動作を実行する保温モード、10は再加熱キー13の入力により移行し再加熱動作を実行する再加熱モードである。取消・保温キー12は炊飯モード8、保温モード9及び再加熱モード10にあっては全て取消キーとして作用し、このキーが押されると待機モード7に戻る。また、待機モード7にあっては保温キーとして作用し、このキーが押されると保温モード9に移行する。ここで、再加熱モード10の取消の時に保温モード9に移行しないのは、取消・保温キー12の機能割り付けを単純化すること、及び、再加熱中の強制的取消は待機モード7に戻したいという場合も考えられ、必ずしも保温モード9に戻すことが絶対条件とは限らないためである。従って、再加熱の取消後に保温モード9に戻す場合は再度、取消・保温キー12を押せばよい訳である。
【0015】(実施例2)以下、本発明の第2の実施例について図6を参照しながら説明する。
【0016】本実施例では、第一の設定温度に達すると同時に再加熱動作を休止し、保温動作を行うようにし、温度検知手段による内鍋の温度が第一の設定温度以下になると、再び再加熱動作を再開し、再加熱動作中であれ、保温動作中であれ、設定時間が来れば、再加熱動作を終了するものとした。
【0017】このようにすることにより、設定時間後には炊きたてに近い温度のご飯ができるものとなる。
【0018】
【発明の効果】以上の実施例から明らかなように、本発明は以下の通りの効果を得るものである。
【0019】すなわち、設定時間後には炊きたてに近いあつあつのご飯が仕上がり、保温中のご飯もおいしくいただくことができ、更に、第二の設定温度以上での再加熱使用に対しては機体の異常温度上昇から回避し、第三の設定温度以下での再加熱使用に対しては設定時間内に使用者が期待する温度にならないことを警告することにより、安全でかつ、人に優しい炊飯器を提供できるものであり、その工業的価値は大なるものである。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013