米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 浴室ユニット
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−16169
公開日 平成7年(1995)1月20日
出願番号 特願平5−162146
出願日 平成5年(1993)6月30日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 野上 政彦 / 永海 一夫 / 綱嶋 正樹
要約 目的
本発明は浴室ユニットに関するもので洗い場カウンターと壁パネルとの隙間に入った水をスムーズに排出することを目的とする。

構成
浴室の洗い場の水栓5取付部に送水する配管接続部を収納する張出部6を浴室内方に張り出して形成し、張出部6の上部に洗い場カウンター2を載せた浴室ユニットの張出部6上面の両端部10のみ水平となし、中間部11は浴室内方へ下り勾配の通水部14を設けた構成としているので洗い場カウンターの下部に入った水が溜まることなく排出される。
特許請求の範囲
【請求項1】浴槽と、前記浴槽に隣接して設けた洗い場と、前記洗い場に装着された水栓取付部と前記水栓取付部に接続する配管接続部と、浴室を形成する壁パネルと、前記壁パネル面から浴室側内方に張り出して形成し前記配管接続部を収納する張出部と、前記張出部の上面に載置する洗い場カウンターとを備え、前記張出部の上面は両端部を水平にするとともに中間部は浴室側内方に向っでて下り勾配をもつ通水部を形成した浴室ユニット。
【請求項2】前記洗い場カウンターの前面は洗い場張出部の前面より浴室内側に張り出させる構成とした請求項1記載の浴室ユニット。
【請求項3】前記洗い場カウンターと前記壁パネルとの接合隙間の一部に指が入る大きさの凹部あるいは切欠部を形成した請求項1記載の浴室ユニット。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は浴室ユニットに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の配管接続部は、特公平2−932号公報に記載のように、周壁の一部に外方に張り出した膨出部を設けたものや、図6のように洗い場の水栓取付部に内方に張り出した配管接続部を設けたものがある。図7では浴槽1の上縁部と同じ高さに形成した洗い場カウンター2を有し、洗い場3に垂直に洗い場エプロン4を設け、洗い場エプロン4の一部に洗い場水栓5を取付けている。洗い場水栓5の後部の張出部6の内部に配管接続部すなわち、給湯接続管、給水接続管などがそれぞれ内蔵されている。張出部6の上部は全面的に水平となっており、洗い場カウンター2が載置されている。なお、浴槽1および洗い場3の周囲は壁パネル7がそれぞれ垂設されており、壁パネル7の上部には天井8が覆設されて、浴室ユニットを形成している。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】このような従来の浴室ユニットでは配管接続部を収納する張出部6の上面が全面的に水平であったため、洗い場カウンター2と壁パネルとの隙間9から入ったシャワーの湯が排水されにくく、溜った水が腐敗して異臭を放ったり、カビ等の原因となって、浴室内がジメジメして、不潔になりやすかった。また洗い場カウンター2と壁パネル7との隙間9が小さく、指が入らないため、洗い場カウンター2を取りはずして掃除するのに、専用の工具を必要とし、逆に隙間9をシリコーン樹脂等でシールした場合は、シール面が汚れたり、カビが目立ったりする問題があった。
【0004】本発明は上記課題を解決するもので、清潔な浴室ユニットを提供することを目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために、本発明は、張出部の上面を全面的に水平にせず、両端部のみ水平となし、中間部に浴室内方へ下り勾配をつけた通水部を形成している。
【0006】また、洗い場カウンターの前面を張出部前面より、浴室内方へ張り出させて、洗い場カウンター前面をオーバーハングする構成としている。
【0007】さらに洗い場カウンターと壁パネルとの間の隙間部に指が入る凹部を設けている。
【0008】
【作用】本発明は上記した構成により、洗い場カウンターと壁パネルの隙間に入った水や、洗い場カウンターにおちた水はスムーズに洗い場に排水できるとともに、洗い場カウンターを容易に取りはずして掃除することができる。
【0009】
【実施例】以下本発明の一実施例について図1から図6を参照しながら説明する。
【0010】なお従来例と同じ部品は同一番号を付与し詳細な説明は省略する。図1は浴槽1および洗い場3、洗い場カウンター2および張出部6の床まわり部分の組立図である。図2は洗い場2および張出部6のみの構成を示しており、洗い場カウンター2を取りはずしたところである。図3は張出部6のみ取り出した図面で、洗い場カウンター2を取りはずしたものである。
【0011】張出部6は、洗い場3の一部を浴室側内方へ張り出させて、内部は給湯接続管12および給水接続管13を内蔵しており、それぞれの接続管は洗い場水栓5に接続している。張出部6の上面は両端部10のみ水平となし、中間部11は浴室側内方へ下り勾配をもつ通水部14を形成している。図4は図3の中心部A−A´の断面図を示しており、張出部6の上面の中間部11が、図の左側(浴室側内方)へ下り勾配をなす通水部14を形成している。更に図4において、洗い場カウンター2は張出部6の前面より浴室側内方へ突出しており、通水間隙15を形成している。
【0012】通水間隙15は、張出部6の両端部10以外の中間部11に形成している。図5は洗い場3の上面図で、張出部6の一部に、指の入る大きさの凹部16を設けた実施例を示しており、凹部16の位置は張出部6の中間部11に設けても、両端部10のコーナー部分に設けてもよく、要はデザイン的に余り目立たない位置が好ましい。
【0013】なお、前記凹部の代りに切欠部を設けても同じである。
【0014】
【発明の効果】以上の説明から明らかなように本発明は洗い場カウンターと壁パネルとの隙間に入ったシャワーなどの湯は、張出部上面の中間部の下り勾配を持つ通水部から、通水間隙を通って、洗い場に排出され、洗い場カウンターの下面に溜ることがないので、不快な臭いを発生させることもなく、カビの発生も抑えられるので、衛生的な浴室を実現することが出来る。
【0015】また洗い場カウンターの先端部に通水間隙を設けることにより浸水した水がスムーズに排水できる。
【0016】また洗い場カウンターと壁パネルとの隙間の一部に指の入る凹部あるいは切欠部があるので、洗い場カウンターを取りはずして、張出部上面を掃除する際に、手で簡単に取りはずせて、大変便利である。
【0017】これらの張出部と洗い場カウンターの構成により浴室ユニットでシャワーを使用した場合に、飛散した湯が洗い場カウンターの下に溜ることなく、スムーズに排水されるので、衛生的で快適な浴室を長期間維持できる効果を有している。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013