米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 家具 -> 松下電器産業株式会社

発明の名称 浴室ユニット
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−8401
公開日 平成7年(1995)1月13日
出願番号 特願平5−156785
出願日 平成5年(1993)6月28日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小鍜治 明 (外2名)
発明者 野木 久義 / 永海 一夫 / 綱嶋 正樹
要約 目的
本発明は浴室ユニットに関するもので浴室ユニットの床パンを架台に強固に固定することを目的とする。

構成
床パン1の浴槽載置穴部2の壁立付け面3近傍の裏面に一連となった下方への凸部9を形成し、一方架台10には上端に一連となった上方への凹部11を形成し前記凸部と前記凹部に嵌合させて、ねじ等で固定する構成としているので床パン1と架台10は強固に固定できる。
特許請求の範囲
【請求項1】浴槽と、前記浴槽を落し込み載置する穴部と洗い場および壁面などを取付ける壁立付け面を有する床パンと、前記床パンを支持する架台とを備え、前記床パンの前記穴部の壁立付け面近傍の裏面に一連となった凸部を形成し、他方前記架台には一連となった凹部を形成し、前記凸部と凹部を嵌合させてねじなどで固定する構成とした浴室ユニット。
【請求項2】前記架台の凹部のどちらか一方の端部を折曲し、前記折曲部を前記床パンの凸部の端部に接触させる構成とした請求項1記載の浴室ユニット。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は浴室ユニットに関し、特に床パンに関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の浴槽落し込み式浴室ユニットでは図3に示すように床パン1は、浴槽載置穴部2の浴室壁を取付ける壁立付け面3近傍の裏面に円筒状の凸部4を下方に突出させ、前記円筒上の凸部4より大きい内径の円筒状の支柱を有する架台6の前記支柱5に前記凸部4を挿入させる構成となっていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】このような従来の構成の床パンでは、架台の円筒状の支柱に床パン裏面の円筒状凸部が挿入されているだけであるため、架台の支柱が不安定で傾く事があった。
【0004】本発明は上記課題を解決するもので、床パンの浴槽載置部近傍に架台を強固に固定し支持する床パンを提供することを目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】本発明の床パンは上記目的を達成するために、第1の手段は、床パンの浴槽載置穴部壁立付け面近傍の裏面に一連となった下方への凸部を形成し、上端に一連となった上方への凹部を有する架台の前記凹部を前記床パンの凸部に嵌合させて、ねじ等で固定する構成とする。
【0006】さらに第2の手段は、前記架台の凹部のどちらか一方の端部を折曲し、前記折曲部を前記床パンの凸部の端部に接触させる構成とする。
【0007】
【作用】本発明は上記した第1の手段により、架台を床パンの裏面に強固に、そして容易に垂直に固定する事ができる。
【0008】また第2の手段により、床パンの凸部に対し、架台の壁立付け面に沿った方向の位置が容易に決定され、施工性が向上する。
【0009】
【実施例】以下、本発明の浴室ユニットの一実施例について図1および図2で説明する。床パン1には浴槽7を落し込み載置するための穴部2と洗い場8が設けられ、前記浴槽載置穴部2の浴室壁を取付ける壁立付け面3の近傍の裏面に一連となった下方への凸部9を形成し、一方架台10には上端に一連となった上方への凹部11を形成し、前記凸部9を前記凹部11に嵌合させ、ねじ12にて固定されている。
【0010】また、図2においては前記架台10の凹部11のどちらか一方の端部に折曲部13を形成し、前記折曲部13が前記床パンの凸部9の端部に接触して架台凹部11が床パン凹部9に嵌合固定される。
【0011】上記の説明では浴槽を落し込み載置する穴部と洗い場と一体となった床パンで説明してきたが、浴槽を落し込み載置する穴部を有する部分と洗い場部分を分割したものであっても施工時には一体化されるので、上記と同様に構成し同じ効果が得られる。
【0012】
【発明の効果】以上の実施例から明らかなように本発明によれば、床パンの浴槽載置穴部の壁立付け面近傍の裏面に一連となった下方への凸部を設け、前記凸部に上端に凹部を有する架台の前記凹部を嵌合させ、ねじで固定しているので、架台は傾く事なく、強固に安定した状態で床パンに取付ける事ができる。
【0013】また前記架台の凹部のどちらか一方に折曲部を設け、前記折曲部を前記床パン裏面の凸部の端部に接触させて取付ける構成となっているので、床パンの凸部に対し、容易に架台の凹部の位置決めができる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013