米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 衣類 -> 株式会社アートネイチャー

発明の名称 段階かつら及びその着用方法
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平7−310217
公開日 平成7年(1995)11月28日
出願番号 特願平6−104205
出願日 平成6年(1994)5月18日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】大菅 義之
発明者 松島 正治 / 清水 一利
要約 目的
毛髪の増減状態を自然に変化させるかつら及びその装着方法を実現する。

構成
段階かつら10は、基準部11、中間部12、最終部13の三つの分割部が連結されて形成されている。基準部11と中間部12との連結及び中間部12と最終部13との連結は、例えば縫糸、両面テープ、対の係合部材、対の接合テープなどを用い、連結及び解除が容易であるように連結して構成する。かつらを装着しようとする場合は、最初は基準部11、次に基準部11と中間部12を連結したもの、最後に全分割部を連結したものを適宜の期間を置きながら順次着用する。既に装着している人が自然な頭部に戻ろうとする場合は、最初は全分割部を連結したもの、次に基準部11と中間部12を連結したもの、更に基準部11のみを適宜の期間を置きながら順次着用し最後に着用廃止するようにする。
特許請求の範囲
【請求項1】 連結及び分離が自在に構成され基準部を含む複数の分割部の集合からなることを特徴とする段階かつら。
【請求項2】 前記分割部は基準部が単独で着用可能な形状であり且つ該基準部に他の分割部を順次連結して逐次拡張が可能であり拡張毎に着用可能な形状が形成されることを特徴とする請求項1記載の段階かつら。
【請求項3】 前記分割部は全分割部が集合した状態で着用可能な形状であり且つ全分割部の集合状態の外側の分割部から分割部を順次分離して逐次縮小が可能であり縮小毎に着用可能な形状が保たれることを特徴とする請求項1又は2記載の段階かつら。
【請求項4】 前記基準部以外の分割部は着用可能な形状のかつらに連結可能に構成され連結後の全体形状を着用可能な形状のかつらに形成するかつら片であることを特徴とする請求項1、2又は3記載の段階かつら。
【請求項5】 或る範囲にわたり無毛又は薄毛部分の在る頭部に対し、有毛部分近傍の無毛又は薄毛部分に対応する基準部を含み上記或る範囲の無毛又は薄毛部分に対応する複数の分割部の集合からなる請求項1、2、3又は4記載の段階かつらを用い、最初は該段階かつらの基準部のみを着用し、適宜の期間経過後に、前記段階かつらの基準部の次に連結する分割部を前記基準部に連結して着用し、更なる適宜の期間経過後に、着用中の段階かつらに更に次に連結する分割部を連結して着用するということを繰り返して、上記或る範囲の無毛又は薄毛部分に対応する完全な形となるまで前記段階かつらを逐次拡張して着用することを特徴とするかつら装着方法。
【請求項6】 或る範囲にわたり無毛又は薄毛部分の在る頭部に対し、有毛部分近傍の無毛又は薄毛部分に対応する基準部を含み上記或る範囲の無毛又は薄毛部分に対応する複数の分割部の集合からなる請求項1、2、3又は4記載の段階かつらを用い、最初は該段階かつらの全部を着用し、適宜の期間経過後に、前記段階かつらの最も外側の分割部を分離して残る段階かつらを着用し、更なる適宜の期間経過後に、着用中の段階かつらから更に次なる外側の分割部を分離して残る段階かつらを着用するということを繰り返して前記段階かつらを逐次縮小して着用し、最終には前記基準部の段階かつらの着用を廃止することをことを特徴とするかつら装着方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、毛髪の増減状態を徐々に変化させる段階かつら及びその装着方法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、人の頭部に装着するかつらがある。これらのかつらは、例えば図6(a) に示すように、かつら4の地裏1の周辺にいわゆるマジックテープなどのスナップ型テープ5(オス又はメス)を貼り付ける。そして、例えば同図(b) に示すように、スナップ型テープ6(メス又はオス)とクリップ7とを組み合わせた止め具8を適宜の数だけ用意する。次に、同図(c) に示すように、かつら4を装着する人の毛髪の有る部分と無い部分の境目の自毛(本人の頭部に成育している自然の頭髪)に、上記の止め具8をスナップ型テープ6を上向にしてクリップ7で止める。そして、同図(a) に示したかつら4を、同図(d) に示すように上下を返して地裏1の周辺に取り付けてある一方のスナップ型テープ5を上記の止め具8のスナップ型テープ6にそれぞれ押し当ててかつら4を頭部に装着する。
【0003】また、特には図示しないが、両面テープを用い、この両面テープの一面を地肌に直接貼着し、他面にかつらの裏地を貼着して、かつらを頭部に固定する方法も用いられる。また、かつらの裏地の縁に自毛を結びつけ、この自毛の結び目を外科用の接着剤等を用いて固定する方法もある。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】ところで、かつらを新規に着用する際、今まで頭部の広い範囲にわたって無毛又は薄毛であった人が、一日で全頭部が有毛化してしまったのでは、当人のイージが急変し過ぎて周囲の人が馴染まず、また本人の気分も落ち着かないという問題があった。また、逆にいままでかつらを着用してきた年配の人が、年相応に無毛又は薄毛でもよいと思っても、一日で全頭部が無毛又は薄毛化してしまったのでは、この場合も当人のイージが急変し過ぎて周囲の人が馴染まず本人も落ち着かないという問題があった。そして、従来このような問題を解決するかつらは存在しなかった。
【0005】本発明の課題は、上記従来の実情に鑑み、毛髪の増減状態を徐々に変化させるかつら及びその装着方法を実現することである。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明の段階かつらは基準部を含む複数の分割部の集合により構成される。上記分割部は、例えば請求項2記載のように、基準部が単独で着用可能な形状であり且つ該基準部に他の分割部を順次連結して逐次拡張が可能であり拡張毎に着用可能な形状が形成される。また、例えば請求項3記載のように、全分割部が集合した状態で着用可能な形状であり且つ全分割部の集合状態の外側の分割部から分割部を順次分離して逐次縮小が可能であり縮小毎に着用可能な形状が保たれる。
【0007】上記基準部以外の分割部は、例えば請求項4記載のように、着用可能な形状のかつらに連結可能に構成され連結後の全体形状を着用可能な形状のかつらに形成するかつら片である。
【0008】また、本発明のかつら着用方法は、或る範囲にわたり無毛又は薄毛部分の在る頭部に対し、有毛部分近傍の無毛又は薄毛部分に対応する基準部を含み上記或る範囲の無毛又は薄毛部分に対応する複数の分割部の集合からなる上記の段階かつらを用い、最初は該段階かつらの基準部のみを着用し、適宜の期間経過後に、上記段階かつらの基準部の次に連結する分割部を上記基準部に連結して着用し、更なる適宜の期間経過後に、着用中の段階かつらに更に次に連結する分割部を連結して着用するということを繰り返して、上記或る範囲の無毛又は薄毛部分に対応する完全な形となるまで上記段階かつらを逐次拡張して着用する。また、例えば請求項6記載のように、最初は該段階かつらの全部を着用し、適宜の期間経過後に、上記段階かつらの最も外側の分割部を分離して残る段階かつらを着用し、更なる適宜の期間経過後に、着用中の段階かつらから更に次なる外側の分割部を分離して残る段階かつらを着用するということを繰り返して上記段階かつらを逐次縮小して着用し、最終には上記基準部の段階かつらの着用を廃止する。
【0009】
【作用】上記発明の段階かつらは、分割部を基準部から順次連結することによって、着用するかつらが基準部から目的とする大きさまで順次拡張される。また逆に、分割部を外側から順次分離することによって、着用するかつらが当初着用中の大きさから基準部まで順次縮小される。
【0010】また、上記発明のかつら着用方法は、適宜の期間経過毎に段階かつらの分割部を基準部から順次連結することによって、無毛又は薄毛部分の急激な変化を伴わぬ自然な増毛化を行う。また逆に、適宜の期間経過毎に段階かつらの分割部を外側から順次分離することによって、無毛又は薄毛部分の急激な変化を伴わぬ自然な減毛化を行う。
【0011】
【実施例】以下、本発明の実施例について図面を参照しながら詳述する。図1は、一実施例に係わる段階かつらの下面図(裏面図)である。同図に示す段階かつらは10は、前頭部から頭頂部にかけて広い範囲で無毛又は薄毛状態になった頭部に着用する場合のための段階かつらの例である。同図に示すように、段階かつら10は、三つの分割部11、12、及び13が連結されて形成されている。
【0012】図2は、この段階かつら10を、上記三つの分割部11、12及び13に分解した場合の分割部11の下面図(裏面図)である。図2に示す分割部11は、つむじ(実際には無毛又は薄毛状態のため見えない)を中心とし、最も多くの自毛に周辺部を囲まれている無毛又は薄毛部分に用いる分割部の例である。このように通常は、最も多くの自毛に周辺部を囲まれている無毛又は薄毛部分に用いる分割部を、段階かつら10の基準部(以下、分割初段かつら又は分割一段かつらともいう)とする。
【0013】同図に示す分割部11の構成は、天然の毛髪又は人工毛からなる多数の擬毛14を、楕円形の裏地15に植毛して形成してある。そして、つむじ部分には、シリコン樹脂膜等からなる小片16に擬毛14を植毛したものを上記裏地15を丸く切り欠いた部分に固着して配置してある。また、分割部11の裏地15の周囲には、その周囲を楕円形の長手方向の軸に平行にほぼ二等分して、第1の縁17、及び第2の縁17′が形成されている。
【0014】上記第1の縁17は、この分割部11を頭部に装着したとき自毛に接する部分(有毛部分に囲まれる部分)であり、この第1の縁17部分には擬毛14が植毛されている。すなわち第1の縁17は有毛縁である。
【0015】そして、第2の縁17′は、この分割部11を頭部に装着したとき無毛又は薄毛部分に接する部分であり、この部分には擬毛14は植毛されていない。すなわち無毛又は薄毛縁である。ただし他の部分、つまり第2の縁17′以外の部分の植毛がこの部分を適宜に覆うように植毛の方向を調整してある。図1に示した段階かつら10は、上述した分割部11の植毛されていない第2の縁17′において分割部12と連結している。
【0016】次に、図3は、図1に示す段階かつら10の各分割部の中間に位置する分割部12の下面図(裏面図)である。この分割部12も、多数の擬毛14を分割部11の裏地15と同様の裏地15′に植毛して形成してある。ただし形状は分割部11と異なる。すなわち、裏地15′は、いわば長方形をしており、長手方向の二辺が同方向に大きな円弧状に形成されている。
【0017】これら長手方向の一方の辺には第2の縁18′が形成されている。この第2の縁18′も無毛又は薄毛縁で且つ他部分の植毛で覆われている。そして、長手方向の他方の辺には第3の縁18″が形成されている。この第3の縁18″も無毛又は薄毛縁であるが他部分の植毛で覆われてはいない。残る短い方の二辺には夫々第1の縁18が形成されている。これら第1の縁18は有毛縁である。図1の段階かつら10では、上記の無毛又は薄毛縁であって他部分の植毛で覆われていない形状の第3の縁18″と前述した分割部11の第2の縁17′とが連結されている。
【0018】この分割部11の第2の縁17′と分割部12の第3の縁18″との連結は、例えば糸を用いて手などで縫いつけてもよく、両面テープを用いて接着してもよい。また、例えば輪状部材とフック状部材とからなる対の係合部材を用い互い係止させて連結するようにしてもよく、また、いわゆるマジックテープといわれる接合テープを用いて連結することもできる。いずれの場合も連結及び連結の解除が容易であるような部材を用いて連結することが好ましい。
【0019】図4は、このようにして分割部11と分割部12とが連結されて形成された段階かつら10の二段階目の状態を示す下面図(裏面図)である。以下、この状態の段階かつらを、分割二段かつらという。同図に示す分割二段かつら10′には、図2及び図3に示した構成と同一部分には、図2及び図3の場合と同一の符号を付与して示してある。
【0020】続いて、図5は、図1に示す段階かつら10の各分割部の最も外側に位置する分割部13の下面図(裏面図)である。この分割部13も、多数の擬毛14を上述した分割部11、12の裏地15、15′と同様の裏地15″に植毛して形成してある。ただし、この場合も形状は分割部11、12と異なる。すなわち、裏地15″は、いわば三日月形をしている。三日月の外円部には第1の縁(有毛縁)19が形成されており、三日月の内円部には第3の縁(無毛又は薄毛縁であって且つ他部分の植毛で覆われていない縁)19″が形成されている。図1の段階かつら10では、上記の無毛又は薄毛縁であって他部分の植毛で覆われていない形状の第3の縁19″と前述した分割部12の第2の縁18′とが連結されている。
【0021】この分割部12の第2の縁18′と分割部13の第3の縁19″との連結も、縫糸、両面テープ、対の係合部材、接合テープなど適宜の部材を用いて行うようにする。
【0022】当初に示した図1の段階かつら10は、上述したように、分割部11、分割部12、分割部13と順次連結されて無毛又は薄毛部分全体を覆う1個のかつら(以下、分割終段かつらという)に形成された状態を示したものである。
【0023】尚、上記の実施例では、段階かつらを三つの分割部に分割しているが、分割する数は三つに限ることなく、無毛又は薄毛部分の範囲の広さや周囲の人々に馴染む期間の長さ、或いはかつらを用いる本人の好みなどによって四つ以上の任意の数に設定してよいことは勿論である。
【0024】また、段階かつらの基準部を、つむじ部分に用いる部分、又は最も多くの自毛に周辺部を囲まれている無毛又は薄毛部分に用いる部分としているが、これに限ることなく、最初の増毛が最も自然に感じられる部分に対応する分割部を基準部としてよい。
【0025】また、分割部の裏地15、15′、15″を夫々同様の素材としているが、これに限ることなく、各部の裏地構成を夫々適宜に変更して他の分割部の裏地構成と異なるように構成してもよいことは勿論である。
【0026】次に上記構成の段階かつらを用いたかつら着用方法について説明する。先ず、頭部の広い範囲にわたって無毛又は薄毛である人が新規にかつらを着用しようとする場合のかつら着用法について説明する。
【0027】通常、このような人が一日で頭部が全て有毛化してしまったのでは当人のイージが急変し過ぎて周囲の人が馴染まない。このため本人の気分も落ち着かない。したがって徐々に増毛する必要がある。
【0028】このように、徐々に増毛する場合は、最初に図2に示す分割初段かつら(基準部11)を頭部に装着する。分割初段かつら(基準部11)のみの着用であるから周囲の人には増毛したことが分かっても変化が少なく、従ってそれほど目立たない。また、装着した本人にとっても、鏡を見たときに、以前の自分のイメージと大きく隔たりはないと感じて安心でき、違和感を生じない。
【0029】次に、この着用を或る期間継続する。この着用者の増毛したイメージが周囲に定着したと思われる頃を見計らって、上記分割初段かつら(基準部11)に図3に示す分割部12を連結して、図4に示す分割二段かつら10′の状態に形成し、この分割二段かつら10′を着用する。既に分割初段かつら(基準部11)による増毛後のイメージに慣れ親しんだ周囲の人にとっては、二段目の分割部12の増毛があっても変化が少なくてそれほど目立たないと感じる。本人も同様に、以前の自分のイメージとそれほど大きく変化していないと感じる。
【0030】そして、再びこの着用を或る期間継続する。この場合も、上記二回目の増毛イメージが周囲に定着したと思われる頃を見計らって、上記分割二段かつら10′に図5に示す分割部13を連結して、図1に示す分割終段かつら(段階かつら10)を形成し、この分割終段かつらを着用する。既に分割二段かつら10′による二段階目の増毛イメージに慣れ親しんだ周囲の人にとっては、三段目(この場合は最終段階)の分割部13の増毛があっても変化が少なく、やや広かった無毛又は薄毛部分が直ったと感じる。本人も鏡を見て同様に感じる。
【0031】これにより、無毛又は薄毛部分の急激な変化を伴わぬ自然な増毛化を行うことができる。また上記とは逆に、既にかつらを着用してきた例えば年配の人などが、本来の無毛又は薄毛のほうが、かえって年相応に見えて良いと思っても、一日で全頭部が無毛又は薄毛化してしまったのでは、この場合も当人のイージが急変し過ぎて周囲の人が馴染まない。また本人も勝手が違いすぎて落ち着かない。したがって徐々に減毛する必要がある。
【0032】このように、徐々に減毛する場合は、先ず最初に図1に示す分割終段かつら(段階かつら10)を用意し、これを、それまで着用していた単一構成のかつらの植毛状態にできるだけ似た形状に調整する。そして、この分割終段かつらを着用する。周囲の人々は多少は髪型が変化したかもしれないと認識する。本人も単一かつらと多少は異なるかも知れない着用感を習得する。
【0033】そして、この着用を或る期間継続する。この新たなかつら着用イメージが周囲に定着したと思われる頃を見計らって、上記分割終段かつら(段階かつら10)から、一番外側の分割部13(図5参照)を分離して、図4に示す分割二段かつら10′の状態に形成し、この分割二段かつら10′を着用する。周囲の人々は分割部13の無くなった分の減毛があっても、変化がそれほど大きくはなく、目立たないと感じる。本人も同様に、以前の自分のイメージとそれほど大きく変化していないと感じる。
【0034】次に、再びこの着用を或る期間継続する。そして、上記減毛イメージが周囲に定着したと思われる頃を見計らって、上記分割二段かつら10′から、外側に位置する分割部12(図3参照)を分離して、分割初段かつら(図2の基準部11参照)を形成し、この分割初段かつらを着用する。既に分割二段かつら10′による最初の減毛イメージに馴染んだ周囲の人にとっては、上記分割部12の分離による減毛があっても、この変化をそれほど大きくは感じない。やや無毛又は薄毛部分が広くなったと感じる。本人も鏡を見て同様である。
【0035】そして、この着用を或る期間継続し、この場合も、上記減毛イメージが周囲に定着したと思われる頃を見計らって、分割初段かつら(基準部11)の着用を廃止して自毛のみの頭髪の状態とする。この場合も、周囲の人々も本人も、それほど極端に無毛又は薄毛部分が広がったわけではないと認識する。
【0036】これにより、無毛又は薄毛部分の急激な変化を伴わぬ自然な減毛化を行うことができる。尚、上記実施例において、三つに分割可能な段階かつら10を用いているが、これに限ることなく、分割部が四つ以上の多段階の段階かつらを用いても同様により自然な減毛化を行うことができる。この場合も、適宜と思われる着用経過期間毎に、基準部である分割初段かつら(基準部)、分割二段かつら、分割三段かつら、・・・、分割終段かつら(段階かつら)と順次連結する分割部を増やして増毛状態を完成させる。或いは、この逆に、分割終段かつら(段階かつら)、・・・、分割三段かつら、分割二段かつら、分割初段かつら(基準部)、かつら無し、と順次分割部を減らして減毛状態を完成させるとよい。
【0037】
【発明の効果】以上詳細に説明したように、本発明によれば、一個のかつらを予め連結・分離が自在な複数の分割部の集合対として形成するので、広い範囲にわたって無毛又は薄毛部分の在る頭部にかつらを装着しようとする場合でも適宜の期間を置いて徐々に増毛でき、したがって、一個のかつらを用いて無毛又は薄毛部分の急激な変化を伴わぬ自然な増毛化を行うことができる。また、同様に、広い範囲にわたって無毛又は薄毛部分の在る頭部にかつらを既に装着している人が自然な頭部に戻ろうとする場合でも適宜の期間を置いて徐々に減毛でき、したがって、一個のかつらを用いて無毛又は薄毛部分の急激な変化を伴わぬ自然な減毛化を行うことができる。また、このように一個のかつらを用いて複数形状のかつらの状態を形成できるので、着用者にとって、手数がかからず便利である。また、そればかりでなく、経済的である。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013