米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社日立製作所

発明の名称 ネットワークシステムの自動停止方式
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平6−12358
公開日 平成6年(1994)1月21日
出願番号 特願平4−167277
出願日 平成4年(1992)6月25日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】小川 勝男
発明者 高橋 俊実
要約 目的
センサを用いたクライアントの自動停止を実現することで、クライアントの寿命を延ばすことと、電力の節約を実現することを目的とする。

構成
クライアント1は、センサ2が検出した結果に基づき、制御装置3が通信装置4を使ってメモリ5の内容をサーバ7に送信した後、電源切断回路6を使用して自らを停止させる。サーバ7は、クライアント1から受け取った情報を通信装置8を利用して外部記憶装置10に保存する。クライアント1を再起動する時は、制御装置9がクライアント1に対して保存してある情報を送信し、メモリ5に展開することで前回の情報を再現する。
特許請求の範囲
【請求項1】ケーブル又は無線を使用し、定められたプロトコルによりサービスを行なうサーバとサービスを受けるクライアントで構成されるネットワークシステムにおいて、クライアント側に使用者の要求に対応するセンサを設け、センサが働いた時に自動的にクライアントの停止を行なう処理と、クライアントの停止処理中にクライアント側の再起動に必要な情報をサーバに退避する処理を組み合わせて、クライアントの自動停止と再起動時に自動停止前の状態を回復することを可能とすることを特徴とするネットワークシステムの自動停止方式。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は互いにデータの交換を行なう計算機システム又は通信制御システムにおける停止処理の自動化に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来の装置においては、停止処理を行なう際に、必ず使用者が介在する操作が発生していた。
【0003】引用文献における公知技術においては、サービスの停止は必ず使用者が要求するものであり、ワークステーションが使用していたメモリ、プロセス、ファイル等の資源は使用者の確認を得ながらクローズ処理を行ない、資源の整合性を保ちながら停止処理を行なうことが必要とされていた。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】上記従来技術は、使用者が介在しない停止処理を行なうことが出来ず、センサを用いた自動停止処理を行なうことが出来ないという課題が有った。
【0005】本発明の目的は、サーバ側にクライアント側の情報を退避することで、停止処理の際に使用者の介在を無くし、クライアントの自動停止を実現することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記目的は、センサ、タイマ等により、クライアントに停止指示が出た場合、クライアントの内部メモリに保持されている各種情報がネットワークを経由してサーバに送られ、サーバの内部メモリ又は外部記憶装置に保存されることにより、クライアントは自らの資源を全てクローズして停止処理を行なうことにより達成できる。
【0007】再度クライアントが起動された場合には、クライアントはサーバに対して、直前に停止された時の情報が保存されているかどうかの確認を行ない、保存されている場合には、サーバよりネットワークを経由してその情報をクライアントの内部メモリに展開し、前回停止された時の状態を再構築することが出来る。
【0008】
【作用】本発明によれば、センサ、タイマ等は、その目的に対応する事由によりクライアントに停止処理を行ない、停止指示を受けたクライアントは、自らの内部メモリの内容の中から、次回起動時に必要なものを抽出し、予め定められたプロトコルに従ってサーバにその内容を送信する働きをし、その情報を受け取ったサーバは、その内部メモリ又は外部記憶装置にその情報を記録する働きをする。
【0009】クライアントが再度起動された時には、クライアントはサーバに対して予め定められたプロトコルに従って自らの前回停止時の情報が記録されているかどうかの問合せを送信し、それを受けたサーバは、問合せを行なったクライアントの停止情報が記録されているがどうか、内部メモリ又は外部記憶装置の検索を行ない、記録されていた場合には予め定められたプロトコルに従ってクライアントにその情報を送信し、記録されていない場合にはその旨をクライアントに連絡する働きをし、それを受けたクライアントは、サーバより送信された情報に従って、その内容を自らの内部メモリに展開し、前回停止時の状態を再現する働きをする。
【0010】これにより、クライアントの自動停止処理が実現できるので、上記従来技術の課題を解決できる。
【0011】
【実施例】以下に本発明による実施例につき、図1を参照しながら説明する。
【0012】図1に示すように、クライアント1には、センサ2、制御装置3、通信装置4、メモリ5、電源切断回路6が設けられている。サーバ7には、通信装置8、制御装置9、外部記憶装置10が設けられている。センサ2は、一定の条件(指定時間内に使用者が何もしない場合、部屋が暗くなる等)を満たした場合に制御装置3に対してクライアントの停止指示を行なう。制御装置3は、通信装置4を介してメモリ5の内容を通信装置8に送信する。メモリ5の内容を送信終了し、通信装置8から正常受信の連絡を通信装置4を経由して受け取った制御装置3は、電源切断回路6を使用してクライアントの電源切断を行なう。制御装置9は、通信装置8が通信装置4から正常に受信したデータ(メモリ5の内容)をクライアントの識別番号とともに外部記憶装置10に書き込む。クライアントの電源を入れ、再起動する場合には、制御装置3は通信装置4を使用して通信装置8に前回停止時に情報が保存されているか問合せを行なう。制御装置9は、通信装置8から問合せ情報を受け取った後、外部記憶装置10をクライアントの識別番号によって検索し、要求の有ったクライアント1の情報(メモリ5の内容)が有った場合には通信装置8を使用して通信装置4にその情報を送信する。クライアント1の情報が外部記憶装置になかった場合には、制御装置9は通信装置8を使用して通信装置4に何も無いことを連絡する。制御装置3は、通信装置4から通信装置8が送った情報を受け取り、前回停止情報が有った場合は、その内容をメモリ5に展開し、クライアント1を再起動する。前回停止情報が無かった場合には、メモリを初期化し、クライアント1を再起動する。
【0013】
【発明の効果】本発明によれば、以上説明したように、再起動後に情報を失わないことを保証しながらクライアントの自動停止を行なうことが出来、電力の節約が図れると同時に、クライアントの寿命を延ばす効果がある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013