米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 計算機;電気通信 -> 株式会社日立製作所

発明の名称 ファクシミリ装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平6−6581
公開日 平成6年(1994)1月14日
出願番号 特願平4−163075
出願日 平成4年(1992)6月22日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】富田 和子
発明者 徳岡 貞彦
要約 目的
定形フォーマットの画データを送信せずに送信時間を短縮し、かつ受信側のファクシミリ装置において、受信原稿を見やすくする。

構成
ファクシミリ装置に、1種類以上の定形フォーマットの画データと、各定形フォーマットに対応する識別子とを記憶させておく。そして、定形フォーマットを使用した原稿を送信する旨を示す定形フォーマット送信指示と、記憶されている識別子のうちから、使用する定形フォーマットに対応する識別子とが外部から入力されると、原稿から読み取られた画データと共に、入力された識別子を、相手側のファクシミリ装置に送信し、また、相手側のファクシミリ装置から送信されてきれた識別子に対応する定形フォーマットの画データと、相手側のファクシミリ装置から送信されてきた画データとを合成して出力するようにしている。
特許請求の範囲
【請求項1】原稿から画データを読み取って送信し、受信した画データを記録用紙に出力するファクシミリ装置において、1種類以上の定形フォーマットの画データと、各定形フォーマットに対応する識別子とを記憶している記憶手段と、定形フォーマットを使用した原稿を送信する旨を示す定形フォーマット送信指示と、上記記憶手段に記憶されている識別子のうちから、使用する定形フォーマットに対応する識別子の入力とを受付ける第1の受付手段と、上記第1の受付手段により定形フォーマット送信指示が受付けられた場合に、原稿から読み取られた画データと共に、上記第1の受付手段により受付けられた識別子を、相手側のファクシミリ装置に送信する送信機能を有する送信手段と、相手側のファクシミリ装置から送信されてきれた識別子に対応する定形フォーマットの画データを上記記憶手段から読み出して、読み出された定形フォーマットの画データと、相手側のファクシミリ装置から送信されてきた画データとを合成して出力する出力機能を有する出力手段とを備えたことを特徴とするファクシミリ装置。
【請求項2】請求項1記載のファクシミリ装置において、上記送信手段は、相手側のファクシミリ装置が上記出力機能を有していないならば、原稿から読み取られた画データのみを、相手側のファクシミリ装置に送信することを特徴とするファクシミリ装置。
【請求項3】請求項1記載のファクシミリ装置において、上記送信手段は、相手側のファクシミリ装置が上記出力機能を有していないならば、上記第1の受付手段により受付けられた識別子に対応する定形フォーマットの画データを上記記憶手段から読み出して、読み出された定形フォーマットの画データと、原稿から読み取られた画データとを合成して、相手側のファクシミリ装置に送信することを特徴とするファクシミリ装置。
【請求項4】請求項1,2または3記載のファクシミリ装置において、定形フォーマットの画データおよび識別子を上記記憶手段に記憶させる旨を示す登録指示と、上記記憶手段に記憶させる識別子の入力とを受付ける第2の受付手段と、上記第2の受付手段により登録指示が受付けられた場合に、定形フォーマットが記載された原稿から読み取られた定形フォーマットの画データと、上記第2の受付手段により受付けられた識別子とを対応させて、上記記憶手段に記憶させる第1の登録手段とを備えたことを特徴とするファクシミリ装置。
【請求項5】請求項4記載のファクシミリ装置において、他の機器との間でデータをやり取りするインタフェース手段と、上記第2の受付手段により登録指示が受付けられた場合に、上記インタフェース手段により他の機器から入力された定形フォーマットの画データと、上記第2の受付手段により受付けられた識別子とを対応させて、上記記憶手段に記憶させる第2の登録手段とを備えたことを特徴とするファクシミリ装置。
【請求項6】読み取りが不可能な色で定形フォーマットが記載された用紙に、読み取りが可能な色で可変部が書き込まれた原稿を、一方のファクシミリ装置からもう一方のファクシミリ装置に送信する場合のファクシミリ装置間の通信方法において、送信側のファクシミリ装置および受信側のファクシミリ装置は、1種類以上の定形フォーマットの画データと、各定形フォーマットに対応する識別子とを記憶しており、送信側のファクシミリ装置は、定形フォーマットを使用した原稿を送信する旨を示す定形フォーマット送信指示と、上記記憶手段に記憶されている識別子のうちから、上記原稿に記載されている定形フォーマットに対応する識別子とが外部から入力されると、上記原稿から読み取った可変部の画データと共に、入力された識別子を、受信側のファクシミリ装置に送信し、受信側のファクシミリ装置は、送信側のファクシミリ装置から送信されてきれた識別子に対応する定形フォーマットの画データを上記記憶手段から読み出して、読み出された定形フォーマットの画データと、送信側のファクシミリ装置から送信されてきた可変部の画データとを合成して出力する出力することを特徴とするファクシミリ装置間の通信方法。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、定形フォーマットを使用した原稿を送受信するファクシミリ装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、ファクシミリ装置で、定形フォーマットを使用した原稿を大量に送信する場合に、ユーザは、青色等の読み取りが不可能な色(以下、ドロップアウトカラーと称す。)で枠やケイ線等の定形フォーマットを記載した用紙に、文字や数字等の可変部を書き込んだものを、原稿として送信することにより、定形フォーマットの画データを送信せずに、可変部の画データのみを送信して、送信時間を短くするような工夫をしている。そのため、受信側のファクシミリ装置では、可変部のみが記録用紙に出力されることとなる。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】従来技術では、上述したように、定形フォーマットの画データを送信せずに、可変部の画データのみを送信することにより、送信時間を短くすることができるが、受信側のファクシミリ装置においては、可変部のみが記録用紙に出力され、定形フォーマットが記録用紙に出力されないので、書面としては見にくいものとなる。
【0004】そこで、受信側のファクシミリ装置において、定形フォーマットを記載した用紙を記録用紙として使用することにより、受信原稿を見やすくすることが考えられる。
【0005】しかし、記録用紙を格納するカセット数には限りがあり、使用する定形フォーマットが数種類に及ぶ場合や、定形フォーマットを使用しない一般原稿を混在して受信する場合には、対応しきれない。
【0006】本発明の目的は、定形フォーマットの画データを送信しなくても、受信原稿を見やすくすることを可能とするファクシミリ装置を提供することにある。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するために、本発明は、原稿から画データを読み取って送信し、受信した画データを記録用紙に出力するファクシミリ装置において、1種類以上の定形フォーマットの画データと、各定形フォーマットに対応する識別子とを記憶している記憶手段と、定形フォーマットを使用した原稿を送信する旨を示す定形フォーマット送信指示と、上記記憶手段に記憶されている識別子のうちから、使用する定形フォーマットに対応する識別子の入力とを受付ける第1の受付手段と、上記第1の受付手段により定形フォーマット送信指示が受付けられた場合に、原稿から読み取られた画データと共に、上記第1の受付手段により受付けられた識別子を、相手側のファクシミリ装置に送信する送信機能を有する送信手段と、相手側のファクシミリ装置から送信されてきれた識別子に対応する定形フォーマットの画データを上記記憶手段から読み出して、読み出された定形フォーマットの画データと、相手側のファクシミリ装置から送信されてきた画データとを合成して出力する出力機能を有する出力手段とを備えるようにしている。
【0008】なお、本発明のファクシミリ装置間で原稿を送受信する場合ばかりであるとは限らないので、上記送信手段は、相手側のファクシミリ装置が上記出力機能を有していないならば、原稿から読み取られた画データのみを、相手側のファクシミリ装置に送信するようにしたり、また、上記第1の受付手段により受付けられた識別子に対応する定形フォーマットの画データを上記記憶手段から読み出して、読み出された定形フォーマットの画データと、原稿から読み取られた画データとを合成して、相手側のファクシミリ装置に送信したりするようにすることができる。
【0009】また、定形フォーマットの画データおよび識別子を上記記憶手段に記憶させる旨を示す登録指示と、上記記憶手段に記憶させる識別子の入力とを受付ける第2の受付手段と、上記第2の受付手段により登録指示が受付けられた場合に、定形フォーマットが記載された原稿から読み取られた定形フォーマットの画データと、上記第2の受付手段により受付けられた識別子とを対応させて、上記記憶手段に記憶させる第1の登録手段とを備えるよるようにすることができる。さらに、他の機器との間でデータをやり取りするインタフェース手段と、上記第2の受付手段により登録指示が受付けられた場合に、上記インタフェース手段により他の機器から入力された定形フォーマットの画データと、上記第2の受付手段により受付けられた識別子とを対応させて、上記記憶手段に記憶させる第2の登録手段とを備えるようにすることもできる。
【0010】
【作用】例えば、ユーザは、まず、定形フォーマットを使用した原稿を送信したい場合に、ドロップアウトカラーで定形フォーマットを記載した用紙に、文字や数字等の可変部を書き込んだ原稿を用意し、定形フォーマット送信指示と、使用する定形フォーマットに対応する識別子とを入力する。
【0011】送信側のファクシミリ装置においては、上記第1の受付手段により、定形フォーマット送信指示が受付けられると、上記送信機能は、原稿から読み取られた可変部の画データと共に、上記第1の受付手段により受付けられた識別子を、相手側のファクシミリ装置に送信する。
【0012】受信側のファクシミリ装置においては、送信側のファクシミリ装置から送信されてきれた識別子に対応する定形フォーマットの画データを上記記憶手段から読み出して、読み出された定形フォーマットの画データと、送信側のファクシミリ装置から送信されてきた可変部の画データとを合成して出力する。
【0013】これにより、受信側のファクシミリ装置においては、定形フォーマットおよび可変部の両方が出力されることとなる。
【0014】従って、定形フォーマットの画データを送信しないので、送信時間を短くすることができると共に、受信側のファクシミリ装置において、定形フォーマットおよび可変部の両方が出力されるので、受信原稿を見やすくすることができる。
【0015】
【実施例】以下、本発明の一実施例について図面を参照して説明する。
【0016】図1は本発明の一実施例のファクシミリ装置の構成図である。
【0017】図中、1はCDDセンサ等を有する読み取り部、2はサーマルヘッドやレーザプリンタ等の記録部、3は画像処理部、4は制御部、5は記憶部、6は操作キーや表示パネル等を有する操作部、7は変復調部、8は網制御部である。
【0018】図1において、読み取り部1は、送信原稿から画データを読み取り、画像処理部3は、読み取られた画データを符号化して、記憶部5に記憶する。その後、変復調部7は、記憶部5に記憶された画データを変調し、網制御部8は、変調された画データを相手側のファクシミリ装置に送信する。これらの動作は、操作部6から入力された指示に従って、制御部4が制御することにより行われる。
【0019】また、網制御部8は、相手側のファクシミリ装置から送信されてきた画データを受信し、変復調部7は、受信された画データを復調して、記憶部5に記憶する。その後、画像処理部3は、記憶部5に記憶された画データを復号化し、記録部2は、復号化された画データを記録用紙に出力する。これらの動作は、制御部4が制御することにより行われる。
【0020】本実施例は、定形フォーマットを使用した原稿を送信する場合に、定形フォーマットの画データを送信せず、可変部の画データを送信することにより、送信時間を短くするようにしても、受信原稿が、定形フォーマットおよび可変部の両方を記載した見やすい書面となるようにするものである。
【0021】そこで、本実施例においては、送信側のファクシミリ装置および受信側のファクシミリ装置に、1種類以上の定形フォーマットの画データと、各定形フォーマットに対応するID番号とを、予め記憶部5に記憶させておき、送信側のファクシミリ装置は、使用する定形フォーマットに対応するID番号を、可変部の画データと共に送信するようにし、受信側のファクシミリ装置は、受信したID番号に対応する定形フォーマットの画データと受信した可変部の画データとを合成して記録用紙に出力するようにしている。
【0022】以下、本実施例の動作について説明する。
【0023】まず、定形フォーマットの画データおよびID番号を記憶部5に記憶させる際の動作について説明する。
【0024】ユーザは、まず、定形フォーマットを記載した用紙を読み取り部1にセットし、操作部6から、定形フォーマットの画データおよびID番号を記憶部5に記憶させる旨を示す登録指示と、記憶部5に記憶させるID番号とを入力する。
【0025】ファクシミリ装置においては、制御部4は、読み取り部1により、セットされた用紙から定形フォーマットの画データを読み取り、画像処理部3により、読み取られた画データを符号化し、符号化された画データと入力されたID番号とを対にして、記憶部5に記憶する。
【0026】また、他の機器との間でデータをやり取りするインタフェース(I/F)部を備えるようにし、他の機器に記憶されている定形フォーマットの画データを、I/F部を介して入力することにより、記憶部5に記憶するようにしてもよい。
【0027】また、ID番号については、マークカードにより入力するようにしたり、定形フォーマットを記載した用紙の所定位置にID番号を記載して、これを読み取らせることにより入力するようにしたりすることもできる。
【0028】次に、定形フォーマットを使用した原稿を送受信する際の動作について説明する。
【0029】図2は送信側のファクシミリ装置の動作フローチャート、図3は受信側のファクシミリ装置の動作フローチャートである。
【0030】図2に示すように、ユーザは、まず、ドロップアウトカラーで定形フォーマットを記載した用紙に、文字や数字等の可変部を書き込んだものを、送信原稿として読み取り部1にセットする。そして、操作部6から、定形フォーマットを使用した原稿を送信する旨を示す定形フォーマット送信指示、使用する定形フォーマットに対応するID番号を入力し(ステップ201)、送信先のファクシミリ装置の番号を入力する(ステップ202)。
【0031】送信側のファクシミリ装置においては、制御部4は、網制御部8を介して、送信先のファクシミリ装置に発信し(ステップ203)、送信先のファクシミリ装置との間で呼シーケンスの前手順を開始する(ステップ204)。そして、この前手順において、送信先のファクシミリ装置が本実施例に準じたファクシミリ装置であるか否かを判定し(ステップ205)、そうである場合には、定形フォーマット送信指示が入力されているので、網制御部8を介して、送信先のファクシミリ装置に定形フォーマット送信指示を送信する(ステップ206)。その後、入力されたID番号を、変復調部7および網制御部8を介して、送信先のファクシミリ装置に送信し(ステップ207)、また、読み取り部1により送信原稿から読み取られた可変部の画データを、画像処理部3,記憶部5,変復調部7および網制御部8を介して、送信先のファクシミリ装置に送信する(ステップ208)。
【0032】具体的には、図4に示すように、通常の呼シーケンスの前手順において、送信先のファクシミリ装置から送信されてくるNSF(非標準機能)信号に、送信先のファクシミリ装置が本実施例に準じていれば、その旨を示す値が設定されているので、NSF信号に設定されている値を判定することにより、ステップ205の処理を行う。また、ステップ206の処理は、送信先のファクシミリ装置に送信するNSS(非標準機能設定)信号に、定形フォーマット送信指示を示す値を設定することにより行う。
【0033】なお、ID番号は、実際には、可変部の画データの先頭につけて送信されることとなる。
【0034】また、送信先のファクシミリ装置が本実施例に準じていない場合は、ID番号を送信せずに、可変部の画データのみを送信する。
【0035】また、定形フォーマット送信指示が入力されていない場合は、通常通りの送信動作を行う。
【0036】一方、図3に示すように、受信側のファクシミリ装置においては、送信側のファクシミリ装置から発信されて、網制御部8を介して、送信側のファクシミリ装置との間で呼シーケンスの前手順が開始されると、制御部4は、定形フォーマット送信指示が送信されてきたか否かを判定し(ステップ301)、そうである場合は、引き続いて、網制御部8および変復調部7を介して、ID番号および可変部の画データを受信し、記憶部5に記憶する(ステップ302)。そして、記憶部5に記憶されている1種類以上の定形フォーマットの画データのうちから、ID番号に対応する定形フォーマットの画データを特定する(ステップ303)。その後、画像処理部3により、特定された定形フォーマットの画データと、受信されて記憶部5に記憶されている可変部の画データとを合成し(ステップ304)、記録部2により、記録用紙に出力する。
【0037】具体的には、ステップ301の処理は、送信側のファクシミリ装置から送信されてくるNSS信号に設定されている値が、定形フォーマット送信指示を示す値であるか否かを判定することにより行う。
【0038】なお、定形フォーマット送信指示が送信されてきていない場合は、通常通りの受信動作を行う。
【0039】図5は定形フォーマットを使用した原稿の例を示す図である。
【0040】図5(a)は、送信側のファクシミリ装置における送信原稿、すなわち、ドロップアウトカラーで定形フォーマットを記載した用紙に可変部を書き込んだ原稿を示しており、図5(b)は、図5(a)に示す送信原稿のうち、送信側のファクシミリ装置の読み取り部1により画データとして読み取られる部分、すなわち、可変部を示しており、図5(c)は、受信側のファクシミリ装置における受信原稿、すなわち、受信側のファクシミリ装置の記録部2の出力結果を示している。
【0041】上述したように、本実施例によれば、送信側のファクシミリ装置および受信側のファクシミリ装置の記憶部5に、1種類以上の定形フォーマットの画データおよびID番号を予め記憶させておき、定形フォーマットを使用した原稿を送信する際に、送信側のファクシミリ装置は、使用する定形フォーマットに対応するID番号および可変部の画データを送信し、受信側のファクシミリ装置は、受信したID番号に対応する定形フォーマットの画データと受信した可変部のデータとを合成して記録用紙に出力するので、送信時間を短くすることができると共に、受信原稿を見やすくすることができる。
【0042】なお、本実施例においては、送信側のファクシミリ装置の記憶部5および受信側のファクシミリ装置の記憶部5には、それぞれ、同一の定形フォーマットに対して、同一のID番号が記憶されていることが前提となっている。本実施例においては、ユーザが、送信側のファクシミリ装置の記憶部5および受信側のファクシミリ装置の記憶部5のそれぞれに、定形フォーマットの画データおよびID番号を記憶させるようにしているので、ユーザのミスにより、両者の記憶内容が一致しない場合が生じる危険性がある。
【0043】そこで、一方のファクシミリ装置の記憶部5に記憶された内容をもう一方のファクシミリ装置に送信して記憶させるようにすることができ、このようにすると、送信側のファクシミリ装置および受信側のファクシミリ装置において、両者の記憶内容が一致しない場合が生じる危険性がなくなる。また、記憶部5の記憶内容の一部または全部を固定的にしてもよい。
【0044】また、本実施例においては、送信側のファクシミリ装置は、受信側のファクシミリ装置が本実施例に準じていない場合に、単に、可変部の画データのみを送信しているが、受信原稿の見やすさを重視するならば、自身の記憶部5に記憶されている定形フォーマットの画データと可変部の画データとを、画像処理部3により合成してから、送信するようにしてもよい。
【0045】
【発明の効果】以上説明したしたように、本発明によれば、送信側のファクシミリ装置および受信側のファクシミリ装置に、1種類以上の定形フォーマットの画データおよび識別子を予め記憶させておき、定形フォーマットを使用した原稿を送信する際に、送信側のファクシミリ装置は、使用する定形フォーマットに対応する識別子および可変部の画データを送信し、受信側のファクシミリ装置は、受信した識別子に対応する定形フォーマットの画データと受信した可変部のデータとを合成して記録用紙に出力するので、送信時間を短くすることができると共に、受信原稿を見やすくすることができるという効果がある。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013