米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 固定構造物 -> 株式会社ジャパンアイディアホ−ム

発明の名称 木造建築物の軸組通しパネル
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平6−81410
公開日 平成6年(1994)3月22日
出願番号 特願平4−260803
出願日 平成4年(1992)9月2日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】山上 正晴
発明者 石橋 正臣
要約 目的
木造建築物に於いて、規格化して種々のプランに共通して対応できるよう、通し柱を壁体に組み込んでパネル化する。

構成
両端の通し柱1aを横架材3で連結するとともに、両通し柱1aに外板6と内板7とを取付けて一体の軸組通しパネルP1とし、パネルP1間に形成される開口部には、開口部パネルを配置することにより、種々のプランに対応する。
特許請求の範囲
【請求項1】 両端の通し柱を横架材で連結するとともに、両通し柱に外板と内板とを取付けてなる木造建築物の軸組通しパネル。
【請求項2】 通し柱には、梁連結用の仕口と、添梁を通し柱に締結するためのボルト孔とが設けられている請求項1の木造建築物の軸組通しパネル。
【請求項3】 パネル内に形成される空間には、断熱材が充填されており、断熱材と内板との間に敷き込んだ防湿シ−トの四辺を外部に取り出すとともに、外部に取り出した防水シ−トの上辺は折り曲げられて外板の全面を覆っている請求項1の木造建築物の軸組通しパネル。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、木造建築物の建方に先立って、予め工場等で通し柱、横架材、間柱、内外板を一体に形成して規格化した軸組通しパネルに関する。
【0002】
【従来の技術】柱、横架材等を有する木造建築物を建築する在来工法では、建方以前に行う木工事は、そのほとんどが主要構造材の加工だけであった。
【0003】なかには間柱、断熱材、下地外板等を一体とした壁パネル、根太、断熱材、床下地板を一体として床パネル、垂木、断熱材、屋根下地板を一体とした屋根パネルなど、単体として工場製作したパネルを建方の時に組み込んで行く工法が一部にとられている。
【0004】普通在来工法で住宅等を計画する場合、決定した平面プランによって、通し柱、管柱の位置、及び構架材の位置、寸法等を決定しているが、通常通し柱は建物の出隅、入隅、及び主要な横架材の交叉部分に設け、通し柱相互を横架材で連結し、さらに横架材間に管柱を設けている。
【0005】横架材のうちで一番大きい断面を必要とする梁は、中間の通し柱又は管柱に支えられた横架材に架けられ、取付材に設けられる仕口は、断面の大きさ、取付位置によって変えている。
【0006】このような状況では、材の共通化は困難であり、壁体を単体としてパネル化することは可能であるが、種々の平面プランに共通して対応できる軸組自体を組み込んだパネルの設定は不可能であった。
【0007】又在来工法では、建方によって取付けが終わるのは主要な軸組材のみであって、上棟以降大工の作業が終了するまでに多くの工程が残されており、これにともなう材料の搬入、残材の整理搬出、廃棄物の搬出処分等、直接工事の進捗に関係のない作業が多分に要求される。そのために作業延べ人数の縮小、工期の短縮、経費の節減等を図りにくい欠点があった。
【0008】壁体をパネル化した工法に於いても、その取付けは建方に追従して、柱、横架材の取付けが終わった後の作業となり、内外板の釘打ちなど現場作業が要求される。
【0009】
【発明が解決しようとする課題】この発明の課題は、各種平面プランに共通して対応できるよう、かつ建前に先立って製作できるよう、通し柱を壁体に組み込んで規格化してパネルとすることにある。
【0010】
【課題を解決するための手段】この発明の軸組通しパネルは、両端の通し柱を横架材で連結するとともに、両通し柱に外板と内板とを取付けたことに特長がある。
【0011】
【実施例】図1ないし図3は直列型の中間軸組通しパネルP1を示す。1aは中間軸組通しパネルP1の両端に位置する通し柱で、上端部及び中央部に仕口2が設けられている。3は横架材であり、上端部及び中央部で両端の通し柱1aをそれぞれ連結している。4は両通し柱1aの最下端に取付けられた下枠、5は両通し柱1aの中間に割付け固定された間柱で、これら両通し柱1a、横架材3、下枠4、間柱5で軸組を形成する。6は外板、7は内板であって前記軸組のほぼ全面を覆い、例えば下地ボ−ドなどが用いられおり、後述の防湿手段を取りつけたのち、下地となる材すべてに連続した釘打ちを行って留付けられている。
【0012】図4は建物の出隅に建てる出隅軸組通しパネルP2を示す。1bは隅通し柱で、その両端直角方向に通し柱1aが位置させられる。8aは縦枠で、内板7の受け桟となるものである。その外は中間軸組通しパネルP1と同様の構成である。
【0013】両軸組通しパネルP1、P2に設ける仕口2について説明すると、仕口2は、図5で詳細に示すように、通し柱1aに両側から取り付く横架材3の直上に、傾き大入れ短ぼそ差し仕口に形成されている。9は上下2本のボルト孔である。
【0014】そして通し柱1aに設けた仕口2に取付けられる梁について説明すると、図6は梁のうちの基本となる合わせ梁10aを示す。11は梁主材で、その先端は傾き大入れに加工され、両側に木の添梁12aをボルト締めされて一体化されている。13は上下2個のボルト孔であって、前記ボルト孔9と同軸となる位置に設けられている。なお大きいスパンに対応するためには、図7に示す梁取材11に鉄骨の添梁12bを用いた、合わせ梁10bを使用する。図8は、単梁10cに傾き大入れ短ぼそ差しを施した例を示す。
【0015】通し柱1aへの取付けは、合わせ梁10a、10bの場合は梁主材11を、通し柱1aの仕口2に収め、通し柱1aのボルト孔9と、添梁12a又は12bのボルト孔13とに図外ボルトを通してボルト締めする。単梁10Cの場合はそのまま通し柱1aの仕口2に収め、図外羽子板ボルト又は単梁10c上部に内蔵させた図外引きつけボルトで通し柱1aに締結して取付ける。
【0016】次に開口部パネルP3について、図9ないし図11により説明する。この開口部パネルP3は、両中間軸組通しパネルP1の間、中間軸組通しパネルP1と出隅軸組通しパネルP2との間に形成される、開口部分に図11のように取付けられるものである。
【0017】4は下枠、14は上枠で、それぞれ両端の縦枠8bに取付けられる。15は上下枠14、4の間に形成される中間開口部であって、それぞれ両端を縦枠8bに取付けられた、上下の開口部枠16により区画される。間柱5は、上枠14と上の開口部枠16とに、又下枠4と下の開口部枠16とに、それぞれ均等に割付けられる。図11に於いて、17は中間開口部15に取付けられるサッシ枠、18はサッシ枠17に付随した造作材の額縁、又19は受け桟である。
【0018】外板6は、両縦枠8b、上下枠14、4で形成される長方形よりも少し大きく形成され、後述の防湿手段を取付けたのち中間軸組通しパネルP1、出隅用軸組通しパネルP2と同様、釘打ちで固定される。
【0019】最後に図12及び図13により、防湿手段について説明する。先ず中間軸組通しパネルP1の場合には、通し柱1a、横架材3、外板6、内板7で形成される壁体の空間内に設けられる。20は継ぎ目のない連続した合成樹脂シ−ト、防水紙などの防湿シ−ト、21はグラスウ−ルなどの断熱材である。断熱材20を包み込んだ防湿シ−ト20は、前記壁体内に敷きこまれ、左右の端部は通し柱1aと外板6との間を通って外側へ折り曲げらているる。又防湿シ−ト20の下部は下枠4、外板6、土台22の間を通って外部に取り出される。上部は横架材3と外板6との間を通って外部に取り出されて折り曲げられ、外板6のほぼ全面を覆って取付けられている。
【0020】前述のように防水手段の取付けは、外板を取付ける前に行われる。なお外板6のほぼ全面を覆う防湿シ−ト20は、図示しない外壁材を取付けるまでの外板6を防水するものである。
【0021】図示しないが開口部パネルP3の防湿手段も、間柱5、縦枠8b、上枠14、開口部枠16で形成される壁体内の空間、両間柱5、縦枠8b、開口部枠16で形成される壁体内の空間等に、中間軸組通しパネルP1の場合と同様に取付けられる。
【0022】
【作用】平面プランに於いて、中間軸組通しパネルP1、出隅用軸組通しパネルP2を縦長の形状に収められるよう、通し柱1a、1a又は1a、1bの位置を、例えば約1m、及び約2mの間隔に設定して、建物の外周及び内部の構造上重要な間仕切に配置し、前記パネルP1間、P1とP2間に形成される開口部には開口部パネルP3を配置することにより、種々の平面プランに対応できる。
【0023】又通し柱1aには、仕口2とボルト孔9が設けられているため、スパンが標準より異なったときに対応できる。
【0024】
【発明の効果】中間及び出隅用軸組通しパネルはともに同種類の使用枚数が多いので、工場等で規格化して予め製作が可能であり、従って工期の短縮に効果がある。
【0025】現場建方に於いて、クレ−ンの1回の吊り込みで、中間軸組通しパネルでは2本の、又出隅用軸組通しパネルでは3本の通し柱が運ばれ、しかも土台から軒桁下端までの構造体が、壁体の断熱、防湿処理、及び内外下地板まで完成した状態で建てこまれるので、建方終了時点での工事進捗歩合が高い。従って建前以降の現場工事量が少なくてすみ、在来工法の難点であった作業延人数の縮小、工期の短縮、経費の節減を図れる。
【0026】外壁面及び内部の主要な間仕切には、最大でほぼ2mの間隔で通し柱が建てられ、2階梁、小屋梁も同じ位置に架けられるので、耐力壁、横架部材ともに全平面に対して釣合いのよい配置となり、必然的に安定した構造の建物が得られる利点も兼ね備える。
【0027】外部に面する壁体内に設けた断熱材により断熱効果が得られるとともに、防湿シ−トにより、壁体内に発生した結露水の室内への浸透を防ぎ、水分及び湿気は防湿シ−トを伝わって徐々に壁対外へ排出される。同時に室内に発生した結露水等による湿気の壁体内への浸入を防止できる。
【0028】上横架部材と外板の間より外部に引き出し、さらに下へ折り曲げて外板の全面を覆って取付けた一連の防水シ−トによって、建築工事中に於ける雨水、湿気等の壁体内への浸透を防止できる。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013