米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 コンバインの脱穀装置
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平6−38619
公開日 平成6年(1994)2月15日
出願番号 特願平4−196722
出願日 平成4年(1992)7月23日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 谷本 利勝
要約 目的
機体を大型化させることなく、脱穀処理性能の向上によりコンバインの多条化や高速化に対応できる脱穀装置を提供する。

構成
扱胴4の穀稈移送方向下手側の搬送穀稈の穂先側箇所に、扱室3での未処理物を再処理する第1処理胴20を、扱胴4と穀稈移送方向に沿ってラップする状態で、かつ、扱胴4軸芯と平行な軸芯周りで回転駆動する状態で配備し、扱胴4の穀稈移送方向下手側で、かつ、前記第1処理胴20よりも穀稈搬送方向下手側箇所に、扱胴軸芯とほぼ直交する横軸芯周りで回転する第2処理胴21を配備し、前記第1処理胴20の穀稈搬送下手側終端部に処理物を前記第2処理胴21のほぼ全長に亘り分散させる状態で放出供給する掻出し部材25を設けてある。
特許請求の範囲
【請求項1】 扱胴(4)の穀稈移送方向下手側の搬送穀稈の穂先側箇所に、扱室(3)での未処理物を再処理する第1処理胴(20)を、扱胴(4)と穀稈移送方向に沿ってラップする状態で、かつ、扱胴(4)軸芯と平行な軸芯周りで回転駆動する状態で配備し、扱胴(4)の穀稈移送方向下手側で、かつ、前記第1処理胴(20)よりも穀稈搬送方向下手側箇所に、扱胴軸芯とほぼ直交する横軸芯周りで回転する第2処理胴(21)を配備し、前記第1処理胴(20)の穀稈搬送下手側終端部に処理物を前記第2処理胴(21)のほぼ全長に亘り分散させる状態で放出供給する掻出し部材(25)を設けてあるコンバインの脱穀装置。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、コンバインの脱穀装置に関する。
【0002】
【従来の技術】コンバインの脱穀装置において、従来では、実開昭52−95867号公報に示されるように、扱室の搬送穀稈穂先側外方に、扱室での未処理物を終端側の連通口から搬入して処理胴により再処理するための処理室を上方側が壁により仕切られた空間で形成し、処理胴の下方側に沿って張設した受網から処理物を漏下させるとともに、穀稈移送方向上手側の下方側開口を介して未処理物を落下させて扱室から漏下した処理物と同様に下方の選別部で選別するよう構成したものがあった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】コンバインにおける刈取収穫作業の能力を高めるためには、刈取穀稈の扱き処理が行われる扱室で発生したワラ屑や扱室内での未処理物を効率よく抜き出して処理して、塵埃と穀粒との分離性能を高める必要があるが、上記従来構造は、この点に着目して、扱室内の穀稈搬送方向終端側において受網を漏下しなかったワラ屑や未処理物を再処理するための処理室を扱室の横側に並設して、扱室内での処理性能を高めるようにしたものである。ところが、上記従来構造においては、単一の処理胴により再処理する構成であるから、扱室から搬入される未処理物の量が処理室の処理量を越えた状態が続くと、処理室内で多量の未処理物が発生してオーバーフローして処理性能が低下してしまうこととなる。そこで、コンバインにおける刈取条数の多条化や機体走行速度の高速化に伴い処理量を高めるためには処理室の容量、即ち、処理胴径を大型化させる必要があり、機体が大型化する弊害が生じる。しかも、上記したように処理量が増大に伴って処理室での未処理物の量が増加し、下方の選別部における処理物の分布が処理室側に偏り、選別部における選別処理性能が低下し、穀粒損失が大になるおそれがある。本発明は、合理的構造改良によって、上記したような不都合を生じることなく、脱穀処理性能を高めることが可能なコンバインの脱穀装置を提供することを目的としている。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の特徴構成は、扱胴の穀稈移送方向下手側の搬送穀稈の穂先側箇所に、扱室での未処理物を再処理する第1処理胴を、扱胴と穀稈移送方向に沿ってラップする状態で、かつ、扱胴軸芯と平行な軸芯周りで回転駆動する状態で配備し、扱胴の穀稈移送方向下手側で、かつ、前記第1処理胴よりも穀稈搬送方向下手側箇所に、扱胴軸芯とほぼ直交する横軸芯周りで回転する第2処理胴を配備し、前記第1処理胴の穀稈搬送下手側終端部に処理物を前記第2処理胴のほぼ全長に亘り分散させる状態で放出供給する掻出し部材を設けてある点にある。
【0005】
【作用】扱室内において発生して扱室の受網を漏下せず穀稈移送方向下手側まで持ち回りながら移送されて来たワラ屑や未処理物が、扱胴と穀稈移送方向に沿ってラップする状態で扱胴の穀稈移送方向下手側の搬送穀稈の穂先側箇所に配設された第1処理胴により再処理される。更に、この第1処理胴により処理されない未処理物は、扱胴の穀稈移送方向下手側で、かつ、前記第1処理胴よりも穀稈搬送方向下手側箇所に配設した第2処理胴により処理されるが、第1処理胴から第2処理胴に対する受け渡しは、第1処理胴の終端部に設けた掻出し部材により第2処理胴のほぼ全長に亘って分散放出する構成であるから、未処理物の量が多くなった場合でも幅方向の処理物分布が均一化され、未処理物中への穀粒の混入の割合が低くなるとともに、第2処理胴での処理効率が向上する。このように、2個の処理胴によって再処理経路を形成するので、各処理胴を小型化させても充分な再処理機能を持たせることができ、しかも、扱室の穀稈移送方向下手側の空きスペースに合理的に配置することで、脱穀装置全体を必要以上に大型化させる必要がない。
【0006】
【発明の効果】従って、扱室での未処理物に対する再処理構造を合理的に改良することで、扱室において発生したワラ屑や未処理物の抜け出しが円滑に行えるとともに、機体の大型化を招くことなく再処理脱粒性能や穀粒選別性能等の脱穀処理機能の向上を図ることができ、コンバインの多数条化や機体走行速度の高速化に対応することが可能な脱穀装置を提供できるに到った。
【0007】
【実施例】以下、実施例を図面に基いて説明する。図2にコンバインの脱穀装置を示している。この脱穀装置は、機体前部の刈取前処理部〔図示せず〕により刈取られ搬送されてきた刈取穀稈を、フィードチェーン1と挟持レール2によりその株元を挟持して搬送しながら、その穂先側を扱室3内に前後軸芯X1周りで駆動回転される扱胴4とその外周部下方側に沿って円弧状に張設した受網5との共働により扱き処理して穀粒を脱粒させ、受網5を漏下した処理物を下方側の選別部6により穀粒とその他の塵埃に選別し、穀粒は穀粒タンクTに貯溜し、細かな塵埃と扱き処理後の排ワラを外方に排出させるよう構成してある。前記扱胴4は下扱き型に構成され、搬送穀稈の株元側から穂先側に向けて受網5との間で扱き処理するよう構成してあり、受網5を介して漏下した処理物を下方の選別部6で処理する。選別部6は、扱胴4による初期の処理により漏下した処理物を揺動移送しながら比重差選別しながら穀粒と軽いワラ屑等に層分けするグレンパン7、このグレンパン7から移送される処理物並びに扱き処理経路下手側から漏下する処理物を受止め、穀粒を漏下させるとともに、ワラ屑を後方に移送させるチャフシーブ8、チャフシーブ8から送られるワラ屑を移送させて機体外方に排出するストローラック9等が揺動運動する揺動枠10に取付けられた揺動選別装置11を備えるとともに、チャフシーブ8から漏下する細かなワラ屑等を後方上方側に吹き飛ばす唐箕12、落下する穀粒を受止め横方向に搬送し穀粒タンクTに搬出する一番物回収スクリュー13及び枝付き籾等の二番物を回収して横一側に搬送して処理経路中に還元させるための二番物回収スクリュー14等を備えて構成してある。そして、脱穀装置の後部端には、唐箕12により吹き飛ばされた細かなワラ屑等の塵埃を吸引して機外に排出する横断流ファン15を配備してある。フィードチェーン1により挟持搬送され、扱き処理が終了した排ワラは、フィードチェーン1の終端側に連なって配設される排ワラ搬送チェーン16により機体後方側に挟持搬送するよう構成してある。穀粒タンクTのV字形底部には、図4、図5に示すように、タンク内に貯溜された穀粒を機体外方に搬出させるための横送りスクリュー17を配設してあり、この横送りスクリュー17の上方側に沿って貯溜穀粒の重量がスクリュー17に直接かかるのを防止する逆V字形の支持板18をスクリュー軸芯X2と平行な軸芯X3周りで自由回動自在に左右側壁19に枢支する状態で配備してある。そして、扱胴4の穀稈移送方向下手側の搬送穀稈の穂先側箇所に、扱室3での未処理物を再処理する第1処理胴20を、扱胴4と穀稈移送方向に沿ってラップする状態で、かつ、扱胴軸芯X1と平行な軸芯X4周りで回転駆動する状態で配備し、扱胴4の穀稈移送方向下手側で、かつ、前記第1処理胴20よりも穀稈搬送方向下手側箇所に、扱胴軸芯X1とほぼ直交する横軸芯X5周りで回転する第2処理胴21を配備してある。詳述すると、図1、図3に示すように、各処理胴20,21の外周面には多数の処理歯20a,21aを形成して高速回転することで未処理物にほぐし作用を与えて穀粒を分離させる脱粒処理機能を有する。扱室3の穀稈搬送方向下手側の穂先側から扱室3内において受網5を漏下しなかった未処理物を第1処理胴20に送り出す搬出口22を形成するとともに、第1処理胴20の処理歯20aと受網23により未処理物を処理しながらその外周面に形成した螺旋羽根24により機体後方側に移送して行く。そして、第1処理胴20の穀稈搬送下手側終端部に処理物を前記第2処理胴21のほぼ全長に亘り分散させる状態で放出供給する複数の掻出し羽根25〔掻出し部材の一例〕を設けてある。この掻出し羽根25は回転方向に対して後退角を有する斜め状態に形成され、回転駆動に伴って斜め後方に向けて未処理物を分散放出して、第2処理胴21のほぼ全長に亘る領域に拡散させる状態で第2処理胴21に受け渡すよう構成してある。扱室3から第1処理胴20に未処理物を搬出する搬出口22は、扱室3の終端側壁部26よりも手前側に形成され、搬出口22の移送方向下手側端縁と終端側壁部26との間においては、仕切り壁27より第1処理胴室と遮断され、この領域では未処理物が少ない状態で扱胴4により穀稈に対する扱き処理が行われ、穀稈内に刺さり込む穀粒の脱粒機能を発揮できるよう構成してある。尚、第1処理胴20の駆動軸28と第2処理胴21の駆動軸29とは、ベベルギア機構30を介して直交する状態で連動連結するよう構成してある。
【0008】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を容易にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013