米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 コンバインの伝動構造
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平6−30639
公開日 平成6年(1994)2月8日
出願番号 特願平4−186462
出願日 平成4年(1992)7月14日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 瀬川 卓二
要約 目的
簡単な伝動構造の改良により、機体走行速度に変化にかかわらず常に円滑な穀稈搬送を行えるコンバインの伝動構造を提供する。

構成
刈取装置により刈取られた刈取穀稈をオーガにより刈幅方向に沿って寄せ集めた後、フィードコンベア10によって後方の脱穀装置に向けて掻き上げ搬送するよう構成し、機体走行用変速装置HSTの変速後の動力が前進方向でのみ回転が伝わる一方向回転クラッチ16を介して前記フィードコンベア10の駆動軸14に動力を供給するとともに、エンジンEからの動力が伝えられ所定回転数で回転する定速回転軸24と前記駆動軸14とを一方向回転クラッチ25を介して連動連係してある。
特許請求の範囲
【請求項1】 刈取装置(7)により刈取られた刈取穀稈をオーガ(9)により刈幅方向に沿って寄せ集めた後、フィードコンベア(10)によって後方の脱穀装置(3)に向けて掻き上げ搬送するよう構成してあるコンバインの伝動構造であって、機体走行用変速装置(HST)の変速後の動力が前進方向でのみ回転が伝わる一方向回転クラッチ(16)を介して前記フィードコンベア(10)の駆動軸(14)に動力を供給するとともに、エンジン(E)からの動力が伝えられ所定回転数で回転する定速回転軸(24)と前記駆動軸(14)とを一方向回転クラッチ(25)を介して連動連係してあるコンバインの伝動構造。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、刈取装置により刈取られた刈取穀稈をオーガにより刈幅方向に沿って寄せ集めた後、フィードコンベアによって後方の脱穀装置に向けて掻き上げ搬送するよう構成してあるコンバインの伝動構造に関する。
【0002】
【従来の技術】上記コンバインの伝動構造において、従来では、前記フィードコンベアは一定速度で回転駆動する構造となっており、その駆動速度は穀稈処理量が高流量の場合に合わせて高速度に設定されていた。又、このフィードコンベアは前後の輪体に亘って左右一対の無端チェーンを巻回し、夫々のチェーンに亘り一定ピッチで掻上げ部材を架設連結する構造となっており、しかも、搬送始端側の輪体は穀稈の掻き込みを円滑に行い、チェーン巻回部内側への入り込みを阻止するために大径の筒状に形成されていた〔例えば、本出願人による実願平3−53412号参照〕。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】ところが、上記従来構造によるときは、穀稈量の如何にかかわらず常に一定高速度でフィードコンベアが駆動される構造であるから、機体走行速度が大で処理穀稈量が多い場合には良好な掻き上げ搬送が行える利点があるけれども、例えば走行速度が遅く穀稈量が少ない場合には、無端チェーンの高速回転に伴って大径筒状の輪体が振動して大きな駆動騒音を発生することがあり、作業環境を悪化させる弊害があった。本発明は上記不具合点を解消することを目的としている。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明の特徴構成は、冒頭に記載したコンバインの伝動構造において、機体走行用変速装置の変速後の動力が前進方向でのみ回転が伝わる一方向回転クラッチを介して前記フィードコンベアの駆動軸に動力を供給するとともに、エンジンからの動力が伝えられ所定回転数で回転する定速回転軸と前記駆動軸とを一方向回転クラッチを介して連動連係してある点にある。
【0005】
【作用】機体走行速度が所定値以上の高速走行状態では、フィードコンベアは、走行速度に同期した速度で効率よく穀稈搬送を行える。そして、所定値以下の低速走行の場合には、フィードコンベアが一方向回転クラッチを介して定速回転軸から動力が供給され、走行速度が更に低速となっても常に穀稈搬送に支障の無い一定の低速度で駆動されることになる。
【0006】
【発明の効果】従って、刈取穀稈の処理量が機体走行速度にほぼ比例する点に着目して比較的高速で走行する場合には、それに追従してフィードコンベアが同期速度で掻き上げ搬送するから穀稈の詰まり等の生じない円滑な搬送が行える。又、低速走行の際には、穀稈滞留の生じ難い所定の低速度でフィードコンベアを駆動するので、穀稈搬送能率の低下を招くことなく、駆動回転速度を必要最少限に抑えて振動の発生を未然に防止することができるものとなった。尚、上記したような効果と同様な効果を奏するものとして、フィードコンベアに対する伝動系にアクチュエータにより変速自在な無段変速装置を介装するとともに、機体走行速度を検出するセンサを設け、このセンサの検出値に基づいて前記アクチュエータを自動制御する構成が考えられるが、このように構成すると、構造が複雑になる欠点があるが、本発明では伝動構造の簡単な改良により低コストで対応できる利点がある。
【0007】
【実施例】以下、実施例を図面に基いて説明する。図4に全稈投入型コンバインを示している。このコンバインはクローラ走行装置1を備えた機体フレーム2上に前後方向の軸芯周りで回転する扱胴を備える脱穀装置3を搭載するとともに、機体前部に刈取前処理装置4を油圧シリンダ5により横軸芯X1周りで駆動昇降自在に連結して構成してある。刈取前処理装置4は、回転しながら植立穀稈の穂先側を後方側に掻き込み案内する掻込みリール6、機体走行に伴って植立穀稈の根元部を切断する刈取装置7、刈取穀稈を後方に載置搬送するベルトコンベア8、刈取穀稈を刈幅方向中央側に寄せ集めるオーガ9、中央に集められた穀稈の全量を脱穀装置3に向けて掻き上げ搬送する幅狭のフィードコンベア10等を備えて構成してある。前記掻込みリール6は支持枠11に対して横軸芯X2周りで上下揺動自在に枢支された支持アーム12の先端側に支持され、油圧シリンダ13により駆動上下動自在に設けてある。又、前記フィードコンベア10は左右一対の無端回動チェーン10aに一定ピッチで掻上げ部材10bを架設連結して構成するとともに、搬送始端側の輪体10cは大径の筒状に構成してある。次に伝動構造について説明する。刈取前処理装置4に対しては、走行機体側のエンジンEからの動力が昇降揺動軸芯X1に配備される入力軸14を介して供給され、刈取前処理装置4は機体走行速度が所定速度以上の高速であるときは、機体走行速度と同期した速度で駆動され、それよりも低速で機体走行するときは、所定の一定速度で駆動されるよう伝動系を構成してある。詳述すると、図1、及び図3に示すように、エンジンEの動力が静油圧式無段変速装置HST〔機体走行用変速装置の一例〕を介してクローラ走行装置1に供給されるよう走行伝動系を構成するとともに、前記変速装置HSTの変速後の出力軸15から機体が前進走行する場合のみ動力が伝わる一方向回転クラッチ16及び伝動ベルト17を介して昇降揺動軸芯X1に配備される入力軸14に動力伝達するよう構成してある。この入力軸14はフィードコンベア10の駆動軸に兼用構成され、フィードコンベア10を前進側の変速出力により機体走行速度と同期した速度で駆動するとともに、前記入力軸14から伝動ベルト18を介してフィードコンベア10の搬送始端側に配備した車速同期軸19に変速後の動力が伝えられ、この車速同期軸19から夫々、オーガ9、刈取装置7、ベルトコンベア8から成る刈取部20に供給され、更に、伝動ベルト21及び伝動チェーン22を介して掻込みリール6に供給されるよう伝動系を構成してある。従って、フィードコンベア10、刈取部20及び掻込みリール6、即ち、刈取前処理装置4の全体が車速に同期した速度で駆動される。一方、前記車速同期軸19の上方側近傍には、エンジンEの動力が入力軸14に遊転外嵌したプーリ23を介して伝えられる定速回転軸24を設け、この定速回転軸24と車速同期軸19とを一方向回転クラッチ25を介して連動連係してある。そして、前記定速回転軸24の回転速度は機体が刈取作業を支障無く行える最低速度に近い値に設定してある。このように構成しておくと、機体が高速で作業走行するときは、図2に示すように、刈取前処理装置4全体がほぼ車速に比例した速度で駆動され、所定速度V1よりも機体走行速度が遅くなると、前記定速回転軸24の回転速度が車速同期軸19の速度よりも速くなり、車速がこの状態よりも遅い場合には一方向回転クラッチ25の作用により刈取前処理装置4は定速回転軸24により一定速度で駆動されることになる。
【0008】上記したように刈取前処理装置4全体が車速に比例して同期駆動されるものに代えて、オーガ9を前記定速回転軸24から増速して動力を供給して高速の一定速度で駆動するように構成してもよい。
【0009】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を容易にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013