米国特許情報 | 欧州特許情報 | 国際公開(PCT)情報 | Google の米国特許検索
 
     特許分類
A 農業
B 衣類
C 家具
D 医学
E スポ−ツ;娯楽
F 加工処理操作
G 机上付属具
H 装飾
I 車両
J 包装;運搬
L 化学;冶金
M 繊維;紙;印刷
N 固定構造物
O 機械工学
P 武器
Q 照明
R 測定; 光学
S 写真;映画
T 計算機;電気通信
U 核技術
V 電気素子
W 発電
X 楽器;音響


  ホーム -> 農業 -> 株式会社クボタ

発明の名称 茎稈結束機
発行国 日本国特許庁(JP)
公報種別 公開特許公報(A)
公開番号 特開平6−14638
公開日 平成6年(1994)1月25日
出願番号 特願平4−173590
出願日 平成4年(1992)7月1日
代理人 【弁理士】
【氏名又は名称】北村 修
発明者 有本 敬
要約 目的
ニードルの紐供給作動時に、結束空間に集束された茎稈のニードルによる結節部への引き込みの阻止の確実性を高めながらも、パッカーと阻止部材との間に茎稈がロック状態で挟み込まれることを回避できるようにする。

構成
結束空間Sの結節ビル9等が位置する側に、ニードル7の通過移動用の紐案内孔18を備える紐案内板17を設けるとともに、紐案内孔18より茎稈がニードル7と共に連れ込まれることを阻止する阻止部材19A,19Bを、結束空間Sに紐案内孔18の両脇で対に突設し、結束作動時にニードル7の移動軌跡より結束空間S側に後続する茎稈が供給されることを規制する規制部材24を、ニードル7の紐供給作動に連動して規制姿勢に切り換え、かつニードル7の紐供給非作動時に規制姿勢が解除されるよう、ニードル7に連係して構成してある。
特許請求の範囲
【請求項1】 結束空間(S)の一側に結節ビル(9)及び結節紐ホルダー(10)を配設し、前記結束空間(S)の他側に茎稈掻き込み用のパッカー(6)及び結束紐供給用のニードル(7)を配設するとともに、前記結束空間(S)の前記結節ビル(9)及び結節紐ホルダー(10)が位置する側に、前記ニードル(7)の通過移動用の紐案内孔(18)を備える紐案内板(17)を設け、かつ、前記紐案内孔(18)より茎稈が前記ニードル(7)と共に連れ込まれることを阻止する阻止部材(19A),(19B)を、前記結束空間(S)に前記紐案内孔(18)の両脇で対に突設した茎稈結束装置であって、結束作動時に前記ニードル(7)の移動軌跡より前記結束空間側に後続する茎稈が供給されることを規制する規制部材(24)を、前記ニードル(7)の紐供給作動に連動して規制姿勢に切り換え、かつ前記ニードル(7)の紐供給非作動時に前記規制姿勢が解除されるよう、前記ニードル(7)に連係して構成してある茎稈結束機。
発明の詳細な説明
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、コンバイン等に用いられる茎稈結束機に関し、詳しくは、結束空間の一側に結節ビル及び結節紐ホルダーを配設し、前記結束空間の他側に茎稈掻き込み用のパッカー及び結束紐供給用のニードルを配設するとともに、前記結束空間の前記結節ビル及び結節紐ホルダーが位置する側に、前記ニードルの通過移動用の紐案内孔を備える紐案内板を設け、かつ、前記紐案内孔より茎稈が前記ニードルと共に連れ込まれることを阻止する阻止部材を、前記結束空間に前記紐案内孔の両脇で対に突設した茎稈結束機に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、この種の茎稈結束機としては、結束作動時に、パッカーを結束空間寄りに位置させて集束された茎稈を保持した状態で、ニードルが結節部に紐供給作動するために紐案内孔を通過するときに、茎稈の一部が結節部がわに引き込まれないように、パッカーが側面視で阻止部材と一部重複するようにして、その重複部分により茎稈を挾持する構造が知られている。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来では、結束作動する際パッカーが結束空間寄りに位置するように移動するときに、阻止部材との側面視での重複部分により茎稈を挾持することになるが、茎稈量が多い場合、その茎稈の挾持量も多くなり、そのため、パッカーと阻止部材とに強く茎稈が挟み込まれてロック状態となる虞れがあって、パッカーや阻止部材等が破損するという不具合があった。そこで、そのロック状態にならないようにするために、パッカーと阻止部材の側面視での重複面積を小さくするよう、パッカーの前後幅を小さなものにすることも考えられるが、この場合、茎稈の移動方向での結束空間の上手がわでパッカー背面部に近接した箇所に、パッカーで結束空間がわに寄せきれなかった排ワラが存在することになり、その排ワラがニードルによって結節部がわに引き込まれる虞れが高いという欠点があって、結束不良が生じ易いものである。本発明は、上記実情に鑑みてなされたものであって、ニードルの紐供給作動時に、結束空間に集束された茎稈のニードルによる結節部への引き込みの阻止の確実性を高めながらも、パッカーと阻止部材との間に茎稈がロック状態で挟み込まれることを回避できる茎稈結束機の紐案内板構造の提供を目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】本発明にかかる茎稈結束機は、上記目的を達成するために、冒記構造のものにおいて、結束作動時に前記ニードルの移動軌跡より前記結束空間側に後続する茎稈が供給されることを規制する規制部材を、前記ニードルの紐供給作動に連動して規制姿勢に切り換え、かつ前記ニードルの紐供給非作動時に前記規制姿勢が解除されるよう、前記ニードルに連係して構成してあることを特徴構成とする。かかる特徴構成による作用・効果は次の通りである。
【0005】
【作用】即ち、規制部材は、結束空間側に後続する茎稈が供給されないように規制するとともに、その規制作動は、ニードルの紐供給作動に連動してなされ、かつ、ニードルが紐供給を行っていない待機状態では規制部材は規制作動が解除されるようにしているから、規制作動している状態では、ニードルの紐供給作動で前記後続の茎稈が結節部がわに引き込まれることの回避がなされるとともに、特に、パッカーの前後幅を小にしても、ニードルによる茎稈の結節部がわへの引き込みを回避できる。そして、このようにパッカーの前後幅を小にすることで、パッカーの阻止部材との結束時における茎稈挾持において、その挾持茎稈量を小にできるので、茎稈を強く挾持してパッカーが阻止部材に対してロックされることも解消できる。
【0006】
【発明の効果】従って、結束作動時にニードルの通過箇所に茎稈がパッカー等で挾持されずに存在することもないので、ニードルと共に茎稈が結節部へ引き込まれるという不具合は解消されるとともに、パッカーと阻止部材とがロックされることも回避可能となって、茎稈の結節部への引き込み等による結束不良等の発生を抑制できるに至った。
【0007】
【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。図1及び図2に、コンバイン後部に搭載した茎稈結束機の一例としての排ワラ結束装置1を示している。この排ワラ結束装置1は、脱穀装置2で脱穀処理された後排ワラ搬送チェーン3で挾持搬送された排ワラを集束する結束空間Sを、上方に配設した紐供給部4と下方に配設した結節部5との間に設けて構成している。
【0008】紐供給部4は、図1及び図2に示すように、排ワラ掻き込み用のパッカー6、結束紐供給用のニードル7、排ワラ集束圧感知用の感知ドア8等を備えて構成しているとともに、結節部5は、結節ビル9、結節紐ホルダ10、放出アーム11等を備えて構成している。これら紐供給部4及び結節部5は、結束装置1よりも脱穀装置2がわに位置する排ワラ細断装置12や脱穀ケース等に連結された一対の連結フレーム14A,14Bの一方と他方とに振り分けて取り付けている。そして、紐供給部4と結節部5とは、チェーン伝動機構15で駆動タイミングが結束作動時に同期するよう連動連結され、脱穀装置2がわより駆動力を得ている。
【0009】そして、図1乃至図3に示すように、結節部5における結束空間Sに臨む箇所には、結節部5の結節ビル9、結節紐ホルダ10、放出アーム11等を支持する支持フレーム16に取り付けて紐案内板17を配設している。この紐案内板17は、ニードル7が結節部5へ紐供給移行できるように上下に貫通する紐案内孔18を形成して備えている。そして、左右一対の阻止部材としてのリブ19A,19Bを、紐案内板17における紐案内孔18の左右内縁部に沿うよう結束空間Sがわに突設している。
【0010】紐案内板17の支持フレーム16への取付構造について簡単に説明する。図4に示すように、紐案内板17は、その前端部を、支持フレーム16に対して横向き軸芯P周りで上下揺動可能に枢支するとともに、その後端部を支持フレーム16に対して載置できるようにしている。そして、支持フレーム16の後端部には、側面視で上下2箇所に前方に切り欠いた凹部20A,20Bを形成しているとともに、上がわの凹部20Aに係入し得るアーム部材21を前記紐案内板17の後端部に横向き軸芯Q周りで揺動可能に枢支しており、係入されたアーム部材21が凹部20Aから抜け出さないようロックするためのカンヌキ部材22を、支持フレーム16の後端部に凹部20A,20Bを貫く状態で穿設した上下貫通孔に上下摺動自在に嵌入している。このカンヌキ部材22は、凹部20Bに配設したスプリング23で上向きに弾性付勢されている。これにより、このカンヌキ部材22をスプリング23に抗して下方に引くと、凹部20Aが開放状態になって、アーム部材21の凹部20Aに対する出し入れが可能となるとともに、アーム部材21を凹部20Aに係入した状態でカンヌキ部材22を自由状態にするとスプリング23により上方移動してカンヌキ部材22は凹部20Aを閉止してアーム部材21を位置保持し、その結果、紐案内板17の上方への持ち上がりを規制したロック状態となる。
【0011】図1及び図3に示すように、前記パッカー6は、その前後幅を比較的小さく構成したものである。そして、前記リブ19A,19Bの前方上方箇所における紐供給部4には、横軸芯R周りで揺動可能に支持した細長板部材から成る左右一対の規制部材24を配設している。この規制部材24は、スプリング25でその遊端部が紐供給部4寄りに位置して排ワラ通路を開放する姿勢となるよう弾性付勢しているとともに、規制部材24を、ニードル7の駆動軸と連動する軸26に設けたカム部材27の接当押圧でカム駆動するように構成している。そして、そのカム駆動されるタイミングは、パッカー6が結束空間Sがわ寄りに位置して結束空間S内に排ワラを集束させた姿勢に切り換わってから、ニードル7が紐供給作動を開始するときに、パッカー6の背面部がわのニードル移動軌跡に沿ってその移動軌跡箇所にある排ワラが前記ニードル移動軌跡から前方に離れるように、規制部材24を揺動させるようにしている。さらに、ニードル7が結節部5がわに紐供給し再び紐供給部4がわに戻ってくるまでの間は、規制部材24が前記のようにニードル移動軌跡から前方に離れた姿勢で保持されるようにカム駆動している。ニードル7が紐供給部4がわに戻って待機姿勢になると、規制部材24は、スプリング25で待機姿勢に戻される。
【0012】従って、上記構成により、ニードル7の紐案内孔16の通過時には、結束空間Sがわに寄せたパッカー6の背面部における排ワラが、規制部材24によってそのニードル移動軌跡から前方に排除されることとなって、ニードル7が排ワラを結節部4がわに引き込むことが回避される。
【0013】尚、特許請求の範囲の項に図面との対照を便利にするために符号を記すが、該記入により本発明は添付図面の構成に限定されるものではない。




 

 


     NEWS
会社検索順位 特許の出願数の順位が発表

URL変更
平成6年
平成7年
平成8年
平成9年
平成10年
平成11年
平成12年
平成13年


 
   お問い合わせ info@patentjp.com patentjp.com   Copyright 2007-2013